2011年08月01日

感動脳こそ、未来市場を切り拓くパワー! 感動価値製品サービス、並びに脳力開発、関連ビジネス成功戦略調査、完成 !

株式会社AQU先端テクノロジー総研   http://www.aqu.com/  

 

未来市場を切り拓く!

感動価値製品サービス、並びに脳力開発、関連ビジネス成功戦略

http://www.aqu.com/kandou-busi……s-success/

http://www.aqu.com/aqu-news/2011-8-1.pdf ニュースリリース

http://www.aqu.com/kandou-busi……mple-1.pdf 内容サンプル

http://www.aqu.com/ AQU メインページ

 

感動脳こそ、未来市場を切り拓くパワー!

『感動価値製品サービス、並びに脳力開発、関連ビジネス成功戦略』、完成 !

 

『感動価値製品サービス、並びに脳力開発、関連ビジネス成功戦略調査』調査報告 

書、完成。先端ビジネスリサーチのAQU先端テクノロジー総研(AQUARIUS最先端研究 

所)(千葉市中央区、代表、子安克昌)は、このたび、『未来市場を切り拓く! 感動 

価値製品サービス、並びに脳力開発、関連ビジネス成功戦略』(調査報告書)を発刊した。

 

同調査報告書は、情報通信技術(ICT)の未来を展望して、脳や生命システムから 

学ぶテクノロジーの最前線をとらえるとともに、無限の可能性を秘める脳関連ビジネ 

スを多面的に調査した。主な内容としては、脳・生命システムに学ぶ情報通信技術 

(ICT)の未来、脳科学と感動ビジネス、脳力開発とビジネス成功戦略などであ 

る。なお当レポートでは、最先端研究、ビジネスの動向のほか、全体のバランスを考 

え、従来の調査に加えて、脳力開発のソフト面すなわち、最先端 ! 脳力開発トレーニ 

ング法、最先端発想法等についても言及している。総じて、ビジネスの全体像をとら 

えることができた、と同社ではみている。

 

ところで、同社では、感動脳こそ未来を切り拓くパワーになる、と考えている。たと 

えば、東日本大震災や原発事故のニュースに慣れてしまった最近において、サッカー 

W杯ドイツ大会、なでしこジャパン世界一の奇跡的ともいえる快挙は、日本人の心に 

勇気と力を与えてくれた。また、昨年、小惑星探査機『はやぶさ』が、地球から約3億 

キロ離れた小惑星『イトカワ』より無事帰還した世界的快挙は、今なお感動的記憶と 

して心に残っている。さまざまなニュースの中には、比較的暗い話題が多いようにも 

思われるが、感動を与えてくれる話題は決して少なくはない。感動こそ、未来を切り 

拓くパワーになるに違いない、として今後の関連ビジネスに期待している。

 

 

———————————————————————-

 【レポート概要】  

———————————————————————-

 

■調査レポートタイトル

 

■2011年8月発刊

■価格

  □ 報告書製本版 + CD(PDF電子データ)   ¥50,000.-(本体)  

\2,500.-(消費税)

  □ 報告書製本版 のみ                 ¥30,000.-(本体)  

\1,500.-(消費税)

  □ CD(PDF電子データ) のみ            ¥40,000.-(本体)  

\2,000.-(消費税)

 

■ レポート体裁  プリント製本A4版 、PDF ファイル 116頁

■ ISBN 978-4-904660-19-5

 

はじめに

 

コンピュータ、情報通信などの最先端の研究開発の現場では、従来の高性能化、知能 

化等を目指した研究開発のあり方から、環境との共生や生命化といった新しい流れが 

起きている。

 

とくに、生命、生物に学ぶといった考え方が研究開発にとっても大切であり、と同時 

に従来の専門領域から、周辺領域との融合へと進んでいる。そのため、生物学、化 

学、ライフサイエンス、ナノテクノロジーなどの技術を取り入れつつ、またQoL 

(Quality of Life)、ユーザビリティ(使いやすさ)、サービス科学なども研究しつ 

つ、総合的に研究される傾向にある。

 

弊社では、長年、ICT(Information and Communication Technology)関連の調査研 

究に従事してきたが、今後は生命、生物に学ぶ研究開発が華開き、脳科学をはじめ、 

脳や心のメカニズムを重視する傾向が、ますます高まるものと考えている。

 

そのような中で、感動脳こそ未来を創造するパワーになる、と考える。

 

たとえば、東日本大震災や原発事故のニュースに慣れてしまった最近において、サッ 

カーW杯ドイツ大会、なでしこジャパン世界一の奇跡的ともいえる快挙は、日本人の 

心に勇気と力を与えてくれた。また、昨年、小惑星探査機『はやぶさ』が、地球から 

約3億キロ離れた小惑星『イトカワ』より無事帰還した世界的快挙は、今なお感動的記 

憶として心に残っている。さまざまなニュースの中には、比較的暗い話題が多いよう 

にも思われるが、感動を与えてくれる話題も決して少なくはない。感動こそ、未来を 

切り拓くパワーになるに違いない。

 

当調査報告書は、情報通信技術(ICT)の未来を展望して、脳や生命システムから 

学ぶテクノロジーの最前線をとらえ、そして無限の可能性を秘める脳関連ビジネスを 

多面的に調査したものである。

 

主な内容としては、脳・生命システムに学ぶ情報通信技術(ICT)の未来、脳科学 

と感動ビジネス、脳力開発とビジネス成功戦略などである。なお当レポートでは、最 

先端研究、ビジネスの動向のほか、全体のバランスを考え、従来の調査に加えて、脳 

力開発のソフト面すなわち、最先端 ! 脳力開発トレーニング法、最先端発想法等につ 

いても言及している。総じて、ビジネスの全体像をとらえることができたと自負して 

いる。

 

当調査が皆様のビジネス開発、研究開発、製品サービス開発に少しでも寄与できまし 

たら幸いである。

                                 

AQU先端テクノロジー総研

 

 

 

※お問い合わせ連絡先

******************************************************************

株式会社AQU先端テクノロジー総研

http://www.aqu.com/  

〒260-0027千葉市中央区新田町36-15  

千葉テックビル6F  FLPC

TEL 043-204-1258        

FAX 043-204-1316

子安、那須

info@aqu.com

******************************************************************