2011年09月16日

ソーシャルメディアからトレンドワードを発見し、 売れる商品を優先的に表示。直感型検索システム 「アルファスコープ」、EC サイト向けに新機能搭載 ~商機を逃さず売りにつなげる販促ツールとして大幅に進化~

株式会社プラスアルファ・コンサルティング   http://www.pa-consul.co.jp
ソフトウェア開発の株式会社プラスアルファ・コンサルティング(代表取締役:三室 克哉、以下、プラスアルファ)は、同社で開発し大手通販のEC サイトや大手レストラン検索サイト、ショッピングモールサイトなどで採用されている直感型検索システム「アルファスコープ」において、ソーシャルメディアから流行のワードを発見し該当する自社商品を優先的にサイト上で表示できる「トレンドワード機能」や、サイトの直帰率を改善する動的なランディングページを作成する「検索ワード連動機能」などを新たに搭載した「アルファスコープVer2.0」を本日より提供します。
「アルファスコープ」は、EC サイトなどで商品を探す際、商品の“こだわり”や利用者の“気分”を表すキーワードを次から次へとクリックするだけで、利用者が直感的にほしい商品を探すことができる「ワードクラウド」検索が特徴で、採用企業からはこれまでにない「こだわりで探せる検索システム」として評価いただいています。今回のバージョンアップでは、特にEC サイト向けに、これまで以上に効果的に自社の商品をサイト上で露出させることができる各種機能を新たに開発しました。
 
① 今流行の商品を優先的に露出することができる『トレンドワード機能』
Twitter 上から、任意のテーマでリアルタイムに急騰しているワードを抽出し、その中で自社商品と関連の強いワードをサイト上で目立つように表示できるようになりました。これにより、今の流行に合わせて関連する商品を素早く利用者にアピールできるようになり、商機を逃さない販促を可能としました。
 
② サイトの直帰率を低減する動的ランディングページを作成することができる『検索ワード連動機能』
利用者が直前にGoogleやYahooなどの検索ポータルサイトで検索したワードを、アルファスコープの検索ワードとして連動検索させることが可能となりました。これにより、アルファスコープを検索ポータルサイトのランディングページとして利用した場合、ランディングした時点で、自動的に関連する商品をサイト上に表示できるようになり、コンバージョンの改善と直帰率の削減を可能にしました。
その他、企業側で一押しの商品を優先的に露出することができる「コンテンツ優先表示機能」や、「アルファスコープ」経由で商品購入に至った結果を測定することができる「効果測定機能」が追加されました。
「アルファスコープ Ver2.0」は、インターネットを通じてソフトを貸出すSaaS 形式で提供する検索システムで、初期費80 万円、月額15 万円から利用可能でき、低コスト、短期導入を可能としました。各種API 提供によりサイトへの組み込みも可能です。今後、スマートフォンやソーシャルメディアの普及を追い風に、EC サイトのこだわり検索や、企業のサポートサイト、社内のナレッジサイトの情報検索システムとして、今後1年間で30社への導入を目指していきます。
 
【ニュースリリース、製品に関するお問い合わせ先】
株式会社プラスアルファ・コンサルティング 見える化イノベーション推進部 担当:鈴村、松原
TEL:03-5848-7320 E-mail:info@pa-consul.co.jp
 
参考資料
■ 直感型検索エンジン「アルファスコープVer2.0」で新たに搭載された機能
① 今流行の商品を優先的に露出することができる『トレンドワード機能』
Twitter 上から、任意のテーマでリアルタイムに急騰しているワードを抽出し、その中で自社商品と関連の強いワードをサイト上で目立つように表示できるようになりました。これにより、今の流行に合わせて関連する商品を素早く利用者にアピールできるようになり、商機を逃さない販促を可能としました。
 
② サイトの直帰率を低減する動的ランディングページを作成することができる『検索ワード連動機能』
利用者が直前にGoogle やYahoo などの検索ポータルサイトで検索したワードを、アルファスコープの検索ワードとして連動検索させることが可能とな
りました。これにより、アルファスコープを検索ポータルサイトのランディングページとして利用した場合、ランディングした時点で、自動的に関連する商品をサイト上に表示できるようになり、コンバージョンの改善と直帰率の削減を可能にしました。
 
③ 企業側で一押しの商品を優先的に露出することができる『コンテンツ優先表示機能』
ワードクラウド上で表示される単語に対して、企業側で今いち押しの商品を紐づけることが可能となり、商品検索結果にかかわらず、特定の商品を目立つ位置に優先表示できるようになりました。これにより、アルファスコープを販促ツールとしても利用することが可能となりました。
④ 「アルファスコープ」経由で商品購入に至った結果を測定することができる『効果測定機能』
自社のサイトの商品購入ページにタグを組み込むことで、実際にアルファスコープ上で購入に至った結果を測定できるようになりました。
 
■検索脳刺激型検索エンジン「アルファスコープ」について
「アルファスコープ」は、プラスアルファがこれまで培ってきたテキストマイニング技術の中で生まれてきた新しい検索ナビゲーションシステムです。膨大な量のサイト内のコンテンツ情報と過去の検索ログなどから、検索に役立つ言葉を自動抽出し、視覚的な表現で表示、クリックするだけで検索がどんどん走る「ワードクラウド検索」は、「何で検索したらよいかわからない」、「検索でうまく絞り込めない」といったこれまでの検索が抱えていた課題を解決。EC サイトにおける商品検索では、商品の持つこだわりを伝え新たな購買意欲をかきたてる商品ナビゲーションとして活躍し、専門的な情報を提供する情報サイトでは、ユーザが使いやすい検索エンジンとして活躍します。
 
■株式会社プラスアルファ・コンサルティングについて
プラスアルファ・コンサルティング( http://www.pa-consul.co.jp )は、『見える化を基軸としたマーケティングSaaS専門会社』として、2006 年の設立以来、顧客の声のような大切であり、かつ膨大な量のテキスト情報を「見える化」し、気づきを与える力を持つ「テキストマイニング技術」を核とした「見える化ソリューション事業」を行っています。テキストマイニング技術を応用し、様々な情報を「見える化」することで、お客様のビジネスに+α(プラスアルファ)の価値を創造するための、ソフトウェアの開発・販売、コンサルティング、新規事業創出などを行っています。