まるごと広報代行サービス PRナビ > リリース > 人材・採用 > ライフネスとNTTアイティ 人材派遣事業者向けサービス『在宅型派遣テレワークキット』を共同で開発 育児・介護対応、主婦層の活用、OB・OG再就職、ひとり親支援、障がい者雇用の促進などテレワークによる新たな派遣市場で雇用創出、初年度100名の在宅型派遣利用を目標
2012年05月18日

ライフネスとNTTアイティ 人材派遣事業者向けサービス『在宅型派遣テレワークキット』を共同で開発 育児・介護対応、主婦層の活用、OB・OG再就職、ひとり親支援、障がい者雇用の促進などテレワークによる新たな派遣市場で雇用創出、初年度100名の在宅型派遣利用を目標

株式会社ライフネス   http://www.lifeness.co.jp/

テレワーク(在宅勤務)導入コンサルティング事業、システム販売、テレワークを活用したコールセンター、BPO事業などテレワークに特化したサービスを提供する株式会社ライフネス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:城戸康行 以下 ライフネス)と情報通信分野におけるマルチメディア関連機器、応用システムの開発・販売を行っているNTTアイティ株式会社 (本社:横浜市中区、代表取締役社長:岡田和比古 以下 NTTアイティ)は、人材派遣のテレワーク化を想定した在宅型派遣クラウドシステム及び、テレワークを前提に派遣法(※1)を考慮した派遣前適正チェックシートを活用したテレワーク運用支援を一纏めにした新サービス「在宅派遣テレワークキット」を共同で開発し、2012年5月21日(月)より販売を開始いたします。

【背景と目的】
急激な少子高齢化及び就労人口減少に直面し、ワークライフバランスへの取り組みが重要課題の一つとなっている中で、育児・介護対応、リテンション(優秀な人材の確保)、また東日本大震災の影響を受けBCP対策、環境負荷軽減などテレワークの効果に対する注目度は増しております。その一方で、「労務管理」、「人事評価」、「コミュニケーション」、「情報セキュリティ」などの管理運用面の課題を指摘する声も出てきています。
政府もi-Japan戦略2015の中で、「2015年までに、少子高齢化のセーフティーネット等に資する在宅型テレワーカーを倍増し、700万人とする」と具体的な目標値を掲げております。2011年の在宅型テレワーク人口は約490万人であり、前年比約170万人増である(国土交通省「平成23年度テレワーク人口実態調査」)。またテレワーク実施企業は東日本大震災前は13.8%であったが、震災後の2011年6月時点では20.1%(+6.3%)と増加しております(NTTデータ経営研究所「東日本大震災と柔軟なワークスタイルに関する調査」)。
また改正派遣法が2012年3月28日に可決され、雇用期間が30日以内の短期派遣を原則禁止するなど人材派遣を取り巻く環境も変わろうとしております。その様な状況で在宅型派遣を導入することにより、優秀な人材の確保、会社OBやOGによる経験者(ベテラン)の活用、子育てなどで長時間勤務はできないが短時間勤務で力を発揮する主婦層の活用、また紹介予定派遣を利用することで通勤困難な障がい者雇用促進に繋がり、多様な人材層の就業機会が拡大致します。更に育児や介護従事者が週に2日間は通勤し、残りの3日間は在宅で就業するなど柔軟な勤務形態が可能となり、フレキシブルなシフト調整による経営効率化にも期待できます。在宅型派遣を展開することで、求職者、既派遣社員、派遣先企業、派遣元企業それぞれにメリットがございます。
そこでテレワーク普及に専門特化したライフネスと、クラウドサービス「スマートテレワーク」による社外や在宅での社内IT業務実施を推進してきたNTTアイティは、在宅型派遣事業による雇用創出拡大を目的に、リモートアクセスにより派遣先企業内のPC/サーバを在宅で就業する派遣社員が情報漏えいなど防ぎ安心安全な操作を可能にし、派遣先企業の指揮命令者と業務指示などコミュニケーションを遠隔で行えるWEB会議システムを派遣社員1名からでも手軽に導入できるようカスタマイズ、更にコンプライアンス遵守の為の派遣前適正チェックシート及びテレワークに関するコンサルティングをセットにし、在宅型派遣事業を実施できるテレワーク運用支援の新サービスを共同で開発することとなりました。

【「在宅型派遣テレワークキット」の概要】
① テレワークシステム
リモートアクセス「マジックコネクト(※2)」を利用することで、派遣先企業内のPC/サーバにリモートデスクトップ接続を行います。在宅の派遣社員は派遣先企業内の指定PC使用業務のすべてを実施することができますが、ファイルを転送できないため、情報ファイルが社外に流出することはありません。在宅の派遣社員が作業中のファイルは、派遣先企業内からいつでも閲覧することができ、進捗状況、生産性の把握が可能です。
② コミュニケーションシステム
WEB会議「ミーティングプラザ(※3)」を利用することで、派遣先企業内から指揮命令者が遠隔で業務指示が行え、打ち合わせが在宅の派遣社員と可能になります。また、常時接続で利用することでモニタリングや勤務状況確認もスムーズに行えます。
③ 派遣前適正チェックシート/テレワークコンサルティング
在宅就業を前提に派遣法遵守する為の、派遣前適正チェックシートで各就業条件や派遣先企業・派遣元企業が講ずべき措置に関する事項を事前に確認でき、適正な在宅型派遣事業が行えるようになっております。また在宅に適した業務の切り出しや、遠隔でのコミュニケーションの取り方などアドバイスが受けられる。

【販売元】
株式会社ライフネス からの販売
【販売価格】
初期費用
10~50万円 (導入規模、導入コンサルティング範囲による)
月額使用料
該当派遣社員における派遣料金(月額)の5%
※ただし派遣料金に関係なく下限:5,000円、上限:20,000円とする
※在宅型派遣社員1名からの利用可能
【販売開始日】
2012年5月21日(月)より販売を開始します。

【今後の展開】
新サービス「在宅型派遣テレワークキット」の販売先として、九州地方の総合人材サービス事業を展開されている株式会社アソウ・ヒューマニーセンター(本社:福岡県福岡市 代表取締役:中島彰彦 以下 アソウ)様は既に決定しており、2012年5月下旬には在宅型派遣事業へ参入されます。
また初年度の販売目標として100名の利用、30社への導入、2015年には1,000名の利用を目指します。

【アソウ様からのエンドースメント】
弊社は株式会社ライフネス様、NTTアイティ株式会社様の新サービス「在宅型派遣テレワークキット」のリリースを歓迎いたします。弊社では在宅型派遣事業への参入にあたりテレワークシステムや運用をどの様に進めるべきか検討を重ねて参りました。比較検討の結果、まずライフネス社のサポートが充実しており、システム面含め一括で導入でき(1)派遣先企業のネットワーク構成変更が不要なこと(2)WEB会議システムにより指揮命令などコミュニケーションが十分図れること(3)導入・運用コストが低く派遣事業に合わせた料金設定であること(4)コンプライアンス、セキュリテポリシーを充足させる内容であったことを評価し、「在宅型派遣テレワークキット」の導入を決めました。
アソウは創業以来、雇用の創造・拡大・移動に取り組み、人材の雇用や採用に関して、数多くの実績とノウハウを有しています。テレワーク派遣という新しい派遣のかたちと、弊社の実績・ノウハウを融合させることで新たな価値の創造と今後の更なる雇用の創造・拡大・移動に努めてまいります。
株式会社アソウ・ヒューマニーセンター
代表取締役 中島彰彦

【テレワークシステム、テレワーク関連サービスサイトのご紹介】
http://www.telework-system.com/
テレワークシステム、テレワーク関連サービスに特化したサイトとしてライフネスが運営しております。
【参考】
(※1)派遣法
「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律」
(※2)マジックコネクト (http://www.magicconnect.net/)
「マジックコネクト(MagicConnect)」は、会社の自席PC、サーバへ社外からアクセスし、テレワークができるクラウドサービスです。会社のPCのデスクトップ画面だけを社外に持ち出して作業するため、情報ファイルの流出がない安全なリモートアクセスが可能です。クラウドサービス提供の他にシステム販売も行っております。
(※3)ミーティングプラザ (http://www.meetingplaza.com/)
「ミーティングプラザ(MeetingPlaza)」は、パソコンとカメラ、マイク、インターネット回線を利用し、最大32拠点から参加可能なWeb会議クラウドサービスです。TV会議専用端末との接続や、HDサイズの高解像度表示、スマートフォンからの参加も可能です。クラウドサービス提供の他にシステム販売も行っております。

<NTTアイティ式会社について> (http://www.ntt-it.co.jp/)
NTTアイティ株式会社は、NTT研究所で研究開発した先端プロダクトをビジネス化する企業で、画像・音声メディア処理、通信、デジタルサイネージ、検索技術などの分野を得意としています。マジックコネクト、ミーティングプラザなどのクラウド通信サービスを展開しており、これらの分野でトップシェアを確保しています。
これらのクラウド通信サービスを組み合わせた「スマートテレワークサービス」をテレワーク分野へ展開しており、社外のPCから社内の自席PCにマジックコネクトで接続した状態で、社外のPCからミーティングプラザのWeb会議に参加します。ユーザは、社内の情報資産を活用しながらWeb会議に参加できるため、意思決定が的確に行え、効率的に会議を進めることが可能となります。

<株式会社ライフネスについて> (http://www.lifeness.co.jp/)
株式会社ライフネスは「福祉・高齢者社会における地域復興を担う 人と人、人と生活、人と社会を結ぶワークライフバランス、コミュニティサービス産業を創る」を企業理念に、テレワーク(在宅勤務)の普及により新たな雇用機会の創出、雇用維持の促進に繋がり、就労人口問題、育児・介護問題、主婦層・高齢者の社会復帰などの問題解決の糸口になると考えております。事業内容はテレワーク導入コンサルティング事業、システム販売、テレワークを活用したコールセンター、BPO事業や就業支援事業を行っております。テレワーク専門特化企業としては国内でも事例少なく、民間企業のみならず自治体などにも積極的にノウハウ、サービス提供を致しております。
東日本大震災に伴い被災地テレワーク就業支援協議会「テレワーク1000プロジェクト」を立ち上げ、国、自治体(石巻市)、ハローワーク、地元企業、全国の民間企業が連携し活動、協議会幹事企業。当初は22社・団体だったプロジェクトメンバーも約9か月で130社を超え、その間に500名近くの被災者の方々に就業機会の提供を行っています。(http://www.telework-1000.jp/

■本サービスに関するお問い合わせ先
□株式会社ライフネス 担当:奥村、木坂
TEL: 03-5304-5051 FAX: 03-5304-5052 Mail: info@lifeness.co.jp

■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
□株式会社ライフネス 広報担当:奥村
TEL: 03-5304-5051 FAX: 03-5304-5052 Mail: info@lifeness.co.jp

※記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。
※「MeetingPlaza®」、「MagicConnect®」及び「スマートテレワーク」は、NTTアイティ株式会社の登録商標です。
※「在宅派遣テレワークキット」は、株式会社ライフネスの商標です。