2012年06月05日

カイト(株)、成果報酬型コンテンツ配信プラットフォーム『appC』SDKを2.0にバージョンアップ。

カイト株式会社   http://www.cayto.jp/
スマートフォン向けアプリ検索索サービス「giveApp」ならびに、成果報酬型コンテンツネットワーク『appC』を運営するカイト株式会社(以下カイト)は、『appC』SDK導入のメディアアプリ開発者向けSDKを2.0にバージョンアップしました。
 
『appC』とは、Androidアプリ向けインストール成果報酬型コンテンツネットワークサービスです。
 
『appC』SDKを導入しているメディアアプリを経由して、出稿主のアプリをインストール誘導する事で課金が発生するCPIサービスであり、メディアアプリ開発者のマネタイズをサポートし、出稿主には費用対効果の高いマーケティングを提供致します。
 
今回の『appC』SDK2.0では、メディアアプリ開発者やスマホユーザーが懸念念しているプライバシー・セキュリティ面に配慮した仕様を組み込んでおり、スマホユーザーにとっても受け入れやすく、またメディアアプリ開発者にとってもインストール誘導の成果が出やすい『appC』SDKとなっております。
 
【appCシンプル型SDK】  【appCタワー型SDK】 【SDK展開後画面】
 
【『appC』SDK2.0におけるプライバシー・セキュリティ対応について】
成果測定のための端末固有ID(グローバルID)を廃止
これまでの『appC』SDKでは端末毎にコンテンツの成果を測定するため、端末固有ID(IMEI)をメディアアプリより取得しておりました。『appC』はサービス開始時からこの端末固有IDが持つプライバシー・セキュリティーリスクに配慮し、十分な暗号化と匿名化を実現して参りましたが、SDKのリバースエンジニアリングによる暗号化(ハッシュ化)ロジックの看破に対する防御力はなく、利用ユーザーの元の端末固有IDの特定は困難であっても、不可能ではありませんでした。
 
他社のアドネットワークサービスでも端末固有IDに依る端末特定は、今後少なくなっていくことと思われますが、先駆けて『appC』では成果測定に端末固有IDに依らないサービス独自のappCIDを生成するように仕様変更しました。このappCIDは再生成・破棄と送信停止が可能となっており、スマホユーザーには、より安心してアプリをご利用頂けることと思います。
 
この仕様変更更により、”端末のステータスとIDの読み取り(READ_̲PHONE_̲STATE)”のパーミッションが不必要になり、より多くのメディアアプリ開発者に『appC』を導入頂き、スマホユーザーにもそのメディアアプリが受け入れられ、出稿主アプリのインストールが今まで以上に促進されることを願っております。
 
【『appC』への広告出稿をご検討の企業様向け】
『appC』への広告出稿は100ダウンロード保証、¥30,000-から可能です。100インストール以上は上限無しで、1インストールあたり300円となります。他社のアドネットワークにはない特徴として、出稿主側でのSDKの設置などの煩わしい作業は一切必要ございません。最短で申込み当日から配信が可能となります。
また現在出稿条件としては、Google社提供のGooglePlay上でリリースされている無料料のAndroidアプリのみに限定されます。
*WEBよりお申し込みの方: https://app-c.net/#!sponsor
*お電話でお申し込みの方:03-5475-3385(営業担当まで)
 
【会社概要】
会社名 カイト株式会社(英文表記:caytoinc.)
資本金 9,000千円
設立 2008年4月1日
所在地 〒108-0072
東京都港区白金6-21-4#406
TEL03 5475 3385 FAX 03 5475 3386
事業内容 iPhone,Android向けアプリポータル「giveApp(ギブアップ)」の運営
成果報酬型コンテンツネットワーク『appC(アプシー)』の運営
 
【当リリース掲載・取材に関するお問い合わせ】
担当:糸賀(いとが)
TEL:03-5475-3385
Mail:contacts@cayto.jp