まるごと広報代行サービス PRナビ > リリース > IT・通信・ソフトウェア > メラノックス社のFDR 56Gb/s InfiniBandとの組み合わせで、Windows Server 2012 Hyper-Vによる仮想化環境で記録的なパフォーマンスを達成 メラノックス社のRDMAベースのインターコネクト、Supermicro社のサーバ、OCZ社のTalos-2R SSDおよびLSI社のMegaRAID SAS 9285ストレージコントローラの組み合わせによって、Windows Server 2012のパフォーマンスが10倍向上
2012年06月16日

メラノックス社のFDR 56Gb/s InfiniBandとの組み合わせで、Windows Server 2012 Hyper-Vによる仮想化環境で記録的なパフォーマンスを達成 メラノックス社のRDMAベースのインターコネクト、Supermicro社のサーバ、OCZ社のTalos-2R SSDおよびLSI社のMegaRAID SAS 9285ストレージコントローラの組み合わせによって、Windows Server 2012のパフォーマンスが10倍向上

メラノックステクノロジーズジャパン株式会社   www.mellanox.co.jp

データセンターにおけるサーバやストレージシステム向けにエンドトゥエンドの接続ソリューションを提供するトップベンダーであるメラノックステクノロジーズ社(Mellanox® Technologies, Ltd., NASDAQ: MLNX; TASE: MLNX)は、本日、メラノックスのInfiniBand向けRDMAテクノロジーにより、Windows Server 2012 Hyper-Vによる仮想化環境において、リモートファイルシステム、データベースおよび仮想化データセンターのアプリケーションパフォーマンスと効率性の新記録を達成したことを発表しました。ベンチマークテストでは、10.36GB/秒の高スループットとわすか4.6%のCPUオーバーヘッドという極めて優れた結果となっています。このベンチマーク結果では、クラウドサービスプロバイダは顧客から要求されるSLAを満たす高いパフォーマンスが提供可能になるとともに、最高レベルの効率性を実現できることが示されています。
ベンチマークで実証された記録的なパフォーマンスによって、最新の仮想化データセンターにおいて物理サーバあたりの仮想マシン(VM)の数が急激に増加していることが原因で頻繁に発生するパフォーマンスのボトルネックが解消することが可能となります。クラウド環境のリモートファイルサーバおよびデータベース上のデータにアクセスする際、Windows Server® 2012 SMB Directを利用することで、これまで以上の頻度のランダムなI/O要求に対処できるようになります。
マイクロソフト社プロダクトマーケティング担当ディレクターIan Carlson氏は、“Windows Server 2012には、SMB Directをはじめとする優れた革新的新機能が追加されています。マイクロソフトは、Windows Server 2012で動作するメラノックス社のFDR 56Gb/s InfiniBandが素晴らしいベンチマーク結果を達成したことを大変うれしく思っています。また、6月11日からフロリダ州オーランドで開催されるMicrosoft TechEdのマイクロソフトパートナーパビリオンで、メラノックス社が実施する同社製品のデモンストレーションにも大いに期待しています”と語っています。
今回の結果は、Windows Server 2012 RCに実装されている新しいMicrosoft SMB Directプロトコルを使用することで達成されました。ベンチマークテストを実施したシステムは、Supermicro社のサーバとJBOD、OCZ社のTalos-2R SSDおよびLSI Fast Path I/Oアクセラレーションソフトウェア対応のLSI®社のMegaRAID® SAS 9285ストレージコントローラで構成されており、そのすべてがメラノックスのInfiniBandインターコネクトソリューションで接続されています。このシステムソリューションは、Supermicro社からOEM RACモデルSRS-14URKS-0604-01-VI011として提供されます。
LSI社RAIDストレージ部門マーケティング担当副社長Kelly Bryant氏は、“データの消費需要が急激に高まる中、最先端のパフォーマンスと拡張性をもたらす優れたソリューションが求められています。LSIは、メラノックス社と緊密に連携してLSI MegaRAIDコントローラのI/Oアクセラレーションパフォーマンスおよびデータ管理機能のさらなる強化を図ってきました。これらの機能は、ワールドクラスのエンタープライズシステムを構築するうえで重要なカギとなるものです”と語っています。
Supermicro社オペレーション担当副社長Mike Ling氏は、“Supermicro社は、マイクロソフト社ならびにメラノックス社との連携によって、Windows Server 2012向けに最適化された優れたパフォーマンスをもたらすソリューションを提供できることを大変光栄に思っています。今回達成された優れたパフォーマンスは、真のマーケットリーダーによる緊密なコラボレーションによってもたらされたものだといえます”と語っています。
SMB Directでは、メラノックスのRDMAインターコネクトテクノロジーが活用されており、エンタープライズデータセンター向けのアプリケーションにおいて、大幅なパフォーマンスの向上とCPUオーバーヘッドの低減が実現されています。メラノックス社のRDMAベースのテクノロジーは、56Gb/s FDR InfiniBandならびにRoCE(RDMA over Converged Ethernet)を使用した40ギガビットEthernetインターコネクト製品で使用されています。
メラノックステクノロジーズ社市場開発担当副社長ギラッド・シャイナーは、“仮想化は、データセンターの効率を改善するもっとも効果的なテクノロジーであることがすでに実証されています。メラノックスのインターコネクトソリューションは、高度に仮想化されたデータセンターにおいて、ストレージにアクセスする際に発生するI/Oボトルネックを解消するうえで、重要な役割を果たしています。Windows Server 2012 SMB DirectをメラノックスのRDMA対応インターコネクトソリューション上で使用することにより、クラウド向けインフラストラクチャの展開とメンテナンスが簡素化され、高い効率性と優れた費用対効果がもたらされます”と述べています。
メラノックステクノロジーズ社、TechEd USA(2012年6月11日~14日開催)およびTechEd Europe(6月26日~29日開催)出展のご案内
メラノックステクノロジーズ社は、TechEd USAのパートナーパビリオン24番ブース、ならびにTechEd Europeのパートナーパビリオン20番ブースで、Windows Server 2012 SMB Direct、およびメラノックスのエンドトゥエンドのハイパフォーマンスEthernetおよびInfiniBandデータセンターインターコネクト製品群のデモンストレーションを行います。ぜひお立ち寄りください。

関連情報
• "Windows Server® 2012 SMB Directによるネットワークの高速化: 仮想化およびデータベースにおけるベンチマーク – パフォーマンス、スケーラビリティおよび耐障害性が向上" ソリューションブリーフ(PDF)
• メラノックスFDR InfiniBandソリューション
• メラノックス10ギガビットEthernetソリューション
• メラノックス40ギガビットEthernetソリューション
• メラノックスRDMAベースWindows Server 2012 SMB Directソリューション
• Twitter、Facebookでメラノックスの最新情報をご確認ください。
Super Micro Computer, Inc.についてSupermicro®社(SMCI)は、高い性能と効率をもたらすサーバテクノロジーのリーディングイノベーターで、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)および組み込みシステム向けに、先進のBuilding Block Solutions®を提供しています。Supermicro社は、"We Keep IT Green®"(常にグリーンなITを)」の理念に基づく環境保護にコミットしており、最高レベルのエネルギー効率を実現する環境に配慮したソリューションを提供しています。本文に記載されているターンキーシステムソリューションSRS-14URKS-0604-01-VI011に関する詳細は、SuperMicro社のDerek Tong氏(eメール: DerekT@Supermicro.com )までお問合わせください。

関連情報
• メラノックスConnectX-3 InfiniBandアダプタ
• メラノックスInfiniBandアダプタブローシャ
• Twitter、Facebookでメラノックスの最新情報をご確認ください。
メラノックスについて
メラノックステクノロジーズ社は、サーバやストレージを対象にInfiniBandならびにEthernetのエンドトゥエンド接続ソリューションを提供するリーディングカンパニーです。メラノックス社の製品により、データセンターのパフォーマンスが最適化され、業界をリードするバンド幅、スケーラビリティ、低消費電力、高い対費用効率が可能になるとともに、複数のレガシーネットワークテクノロジーを将来性も考慮されたアーキテクチャに統合することも可能になります。メラノックス社はHPC、一般企業、メガウェアハウスデータセンター、クラウドコンピューティング、Internet、Web 2.0といったさまざまな市場向けに革新的な製品、ソリューションを提供しています。
メラノックステクノロジーズは1999年に創設され、サニーベール(米国カリフォルニア州)、ヨクニアム(イスラエル)に本社を構えます。メラノックステクノロジーズに関する詳しい情報は、www.mellanox.co.jp または www.mellanox.com でご確認ください。

Mellanox, BridgeX, ConnectX, CORE-Direct, InfiniBridge, InfiniHost, InfiniScale, PhyX, SwitchX, Virtual Protocol Interconnect, Voltaireはメラノックステクノロジーズ社の登録商標です。FabricIT, MLNX-OS, Unbreakable-Link, UFM, Unified Fabric Managerはメラノックステクノロジーズ社の商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。