2012年09月18日

【公開講座】フィンランドと言えば「ムーミン」。でも、それだけじゃない「フィンランド文学の魅力」とは。

八洲学園大学   http://www.yashima.ac.jp/univ/
日本で唯一の「生涯学習学部」を設置している学校法人八洲(やしま)学園 八洲学園大学(神奈川県横浜市西区桜木町7-42、学長:和田公人、以下、八洲学園大学)は、公開講座「フィンランド文学の魅力~「カレワラ」から「ムーミン」、そして現代~」を11月23日(金・祝)に開講します。
 
————————————————————————–
▼「フィンランド文学の魅力~「カレワラ」から「ムーミン」、そして現代~」
————————————————————————–
フィンランド文学を訳し始めて十数年が経とうとしています。数々の作品が受け継いできた情報を思うとき、地理的にははるか遠くにありながら存在学的にはなんて近いのだろう、そんな感動を抱いてきました。フィンランドの国民的叙事詩『カレワラ』から「ムーミン」、そして今に至るまで、フィンランド文学が大切に伝え抜いてきたことを、現代の作品を中心にお話しします。
 
この機会に是非ご参加ください。
 
 
▼講座概要━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
□受講形態 :来校のみ
□開講日時 :11月23日(金・祝)13:00-14:30
□受講料 :2,500円(税込)
□会場 :八洲学園大学
□定員 :20名(申込者数多数の場合は増員の可能性有り)
□お支払方法:銀行振込または会場支払
※詳細はお申込完了後にご案内いたします。
□お申込先 :公開講座ポータルサイトの申込フォームよりお申込ください
※その他お問合せはコチラ
u-yue@yashima.ac.jp/045-317-4401
 
 
□講師:末延 弘子━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
東海大学北欧文学科卒業。国立タンペレ大学フィンランド文学修士課程修了。フィンランド文学情報センター(FILI)勤務。フィンランド政府外国人翻訳家賞受賞。フィンランド文学協会、カレヴァラ協会会員。フィンランド語講師。レーナ・クルーン、ノポラ姉妹を始めとしたフィンランド現代文学の訳書多数。主な訳書に、『スフィンクスか、ロボットか』、『偽窓』、『蜜蜂の館』、「ヘイナとトッスの物語」シリーズ、「リストとゆかいなラウハおばさん」シリーズ、『クリスマス物語』、『月までサイクリング』、『ムーミン谷へようこそ!』など。著書に絵本『とりのうた』。
 
 
 
▼学校法人八洲(やしま)学園 八洲学園大学について━━━
2004年に開学した通信制大学。日本で初めて、インターネットを利用しての学位や国家資格の取得を実現。また、日本で唯一の「生涯学習学部」を設置し、「学びたい人が学べる大学」として社会人の「学び直し」のニーズに応えるべく、図書館司書等の国家資格取得や士業資格取得支援も含めた科目を200科目以上開講し、インターネットで授業を配信しています。なお、2012年4月1日より、和田公人氏が学長に就任。和田新学長の動画は以下「facebookページ」より閲覧可能です。
 
・twitter
・facebookページ
・八洲学園大学ホームページ
 
 
——————————
▼本件に関するお問い合せ先
学校法人八洲学園 八洲学園大学
公開講座担当
TEL:045-317-4401
Email:u-yue@yashima.ac.jp