2012年09月25日

企業の情報セキュリティ対策、8割が「自社で運用」、今後は「社員教育」を強化 ~IT製品情報サイト『キーマンズネット』が実施。IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかる「IT担当者300人に聞きました」コーナーのアンケート結果を発表~

株式会社リクルート   http://www.recruit.co.jp/
株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営する、3,000点以上のIT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』( http://www.keyman.or.jp/ )は、IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかるコーナー「IT担当者300人に聞きました」を公開しています。
 
今回は企業のIT担当者616人を対象に「情報セキュリティ対策状況」についてアンケートを実施しました。
情報セキュリティ対策の“運用体制”や実際に起きた情報セキュリティに関連する“事件・事故”などの質問から、その現状が明らかになりましたので、結果の一部をお知らせします。
 
▼「企業における情報セキュリティ対策状況」記事はこちらから
 
――――――――――――――――――――
■情報セキュリティ対策は8割が自社で運用、うち6割が情シス兼任
――――――――――――――――――――
 
最初に情報セキュリティ対策の運用方針について尋ねた。
 
1位「すべて自社で運用している」51.8%
2位「自社運用するものと外部委託するものを区分し、両者を使い分けている」28.1%
3位「すべて外部委託している」が4.1%
 
「すべて自社で運用している」と「自社運用するものと外部委託するものを区分し、両者を使い分けている」を合わせると79.9%もの人が「自社で情報セキュリティ対策を運用している」と答えていることが分かった。
 
次に「自社で情報セキュリティ対策を運用している」とした企業が、どのような体制で情報セキュリティ対策を運用しているのか尋ねた。
 
1位「情報システム担当者が兼任している」60.0%
2位「専門部署を設置して対応している」19.6%
3位「専門部署は設置していないが、専従の担当者がいる」9.7%
4位「すべて従業員に任せている」5.7%
 
自社で情報セキュリティ対策を運用している企業においては多くの場合、情報システム担当者が兼任しているようだ。
 
▼さらなる分析結果はこちらから
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。
 
――――――――――――――――――――
■今後強化する情報セキュリティ対策、1位は「社員教育の実施」
――――――――――――――――――――
 
現在、企業ではどんな情報セキュリティ対策がなされているか確認すべく、「現在実施している情報セキュリティ対策」を尋ねた。
 
1位「ウイルス対策」97.0%
2位「ファイアウォールの導入」79.9%
3位「メールフィルタリング・迷惑メール対策」66.8%
4位「スパイウェア対策」64.7%
5位「社員教育の実施」53.9%
 
上位の2つ、「ウイルス対策」や「ファイアウォールの導入」は、今や企業の情報セキュリティにおいて当たり前のように実施されている対策ということが改めて分かる結果となった。
 
続いて、今後1年以内に情報セキュリティ対策の強化を予定しているかどうかを尋ねた。
 
「予定している」20.0%
「予定していない」80.0%
 
更に「予定している」と答えた人はどんな情報セキュリティ対策を強化しようとしているのか、「今後強化する予定の情報セキュリティ対策」についても尋ねた。
 
1位「社員教育の実施」29.1%
2位「不正侵入対策(IDS/IPSなどの導入)」21.4%
3位「ウイルス対策」18.8%
 
今後は「社員教育」の強化を予定している企業が最も多いことが分かった。
 
▼さらなる分析結果はこちらから
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。
 
――――――――――――――――――――
■4分の1が情報セキュリティに関する事件・事故発生、1位はウイルス感染
――――――――――――――――――――
 
次に、過去1年間に情報セキュリティに関する事件・事故が発生したかどうかを尋ねてみた。
 
「情報セキュリティに関連する事件・事故は発生していない」76.0%
「情報セキュリティに関連する事件・事故が発生した」24.0%
 
実際どんなことが起こったのか、「情報セキュリティに関連する事件・事故が発生した」とした人を対象に、どのような事件・事故が発生したか尋ねた。
 
1位「クライアントPCのウイルス感染」42.9%
2位「メールの誤送信」38.1%
3位「携帯電話の紛失・盗難」36.1%
4位「モバイルデバイス(ノートPCやスマートフォンなど)の紛失・盗難」33.3%
5位「過失による情報漏洩」29.9%
 
なお、6位は「情報システムへの不正アクセス」で8.2%となっており、5位と6位で21.7ポイントもの開きがあり、1位から5位までがほかの事件・事故と比べて高い確率で発生していることが分かった。
 
▼さらなる分析結果はこちらから
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。
 
<アンケート概要>
○調査期間:2012年6月12日~2012年6月19日
○有効回答数:616
○調査対象:キーマンズネット会員
 
――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、35万人のIT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。
 
<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。
 
2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。
 
3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。
 
4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の“いま”がわかります。
 
5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。
 
6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。
 
キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。
 
 
▼「キーマンズネット」はこちらから
 
▼「IT担当者300人に聞きました」オススメ記事はこちらから
 
▼「メールシステムとセキュリティ対策状況(2012年)」記事はこちらから
 
▼「インターネットVPNの導入状況」記事はこちらから
 
◆ほかにもまだまだあります!「IT担当者300人に聞きました」記事一覧
 
▼「Facebookページ」はこちらから
 
▼リクルートについて
 
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
――――――――――――――――――――