2012年10月11日

iPhone・iPad電子書籍アプリ「一緒に食事をするだけでその人がわかる」をリリース ●驚愕の事実!食事中の話し方・行動・しぐさに様々なサインが隠されていた!

株式会社オープンアップス   http://openapps.co.jp/
iPhone・iPad電子書籍アプリ「一緒に食事をするだけでその人がわかる」→こんな人たち(自分も)の行動心理とは!? ●一人で飲み屋に来る女性は実は「強い女」 ●大勢で飲みたい人と、少人数でゆっくり飲みたい人の違いは? ●仕事中のランチ選びでわかる、人生における優先順位
 
iPhone・iPad 電子書籍「一緒に食事をするだけでその人がわかる」
 
 
親しき仲にも礼儀あり。長い付き合いだと思って油断してませんか、食事の仕方?
 
★その「食べ癖」がイヤがられる
★食事の「しぐさ」で見抜かれる
★食事デートで性格を読む
★食事をしながら人は何を考えるか?
★場をシラケさせる食事中の行動
 
iPhone・iPad電子書籍アプリ100作品以上の配信と累計100万DL超えの優良電子書籍アプリを配信中!
制作会社:オープンアップス電子書籍一覧ページはこちら!
 
株式会社オープンアップス(東京都渋谷区)はベストセラー作家、渋谷昌三氏の人気書籍「一緒に食事をするだけでその人がわかる」のiPhone,iPad向け電子書籍アプリをApp Storeで配信を開始しました。
リリースキャンペーンにつき85円 94%オフ 書籍定価840円
 
iPhone・iPad電子書籍アプリ「一緒に食事をするだけでその人がわかる」
 
●行動心理学者、渋谷昌三氏が解く食事でわかるその人の本性とは!?
 
「人とのつきあいで欠かせない食事の場であなたはこんなふうに思われていた!?」具体的な食事場面とわかりやすい解説が人気のこの本!他人のことはもとより、自分自身が食事の際にとっている行動が人からどう思われているのか?これ一冊で会食が楽しくなり、また一緒に食事をしたいと思われる人になる!!
 
 
――――――――――――――――――――――
食事中の「しぐさ」と「話し方」で9割わかる!
――――――――――――――――――――――
 
親しき仲にも礼儀あり。長い付き合いだと思って油断してませんか?食事の仕方?
 
★その「食べ癖」がイヤがられる
★食事の「しぐさ」で見抜かれる
★食事デートで性格を読む
★食事をしながら人は何を考えるか?
★場をシラケさせる食事中の行動
 
 
~食事中の話し方・行動・しぐさに様々なサインが隠されていた!~
 
●食事中の「ここだけの話」は、聞かないほうがいい
 
●お酒に酔っての失言には、その人のホンネが表れる
 
●一人で飲み屋に来る女性は実は「強い女」
 
●「どうせ口説けない」のに、なぜ女性のいる店に通ってしまうのか
 
●大勢で飲みたい人と、少人数でゆっくり飲みたい人の違いは?
 
●「安くて大盛り」を好む人は、おおらかな人に引かれる
 
●仕事中のランチ選びでわかる、人生における優先順位
 
●「行列のできる店」に並んでも食べたい派?並ばない派?
 
 
 
~■目次■~
 
 
第1章 ◎その「食べ癖」がイヤがられる
 
1.料理がなかなか決まらない人とは、「楽しい食事」ができない
 
2.「本場イタリアのパスタは…」は、権威に弱い人のセリフ
 
3.大きな声で他の店を「ほめる」人は、モテない証し
 
4.中華を食べながら「寿司の話」をするのは不満の表明
 
5.通ぶった話し好きは、自己顕示欲の表れ
 
6.網一面に肉を並べてしまうから、おせっかいで無神経な人と見抜かれる
 
7.口うるさい鍋奉行は、職場ではリーダーになれない
 
 
8.焼き魚に手際よくレモンを搾る人は、「気が利く」ようで無神経
 
9.「オレは客だ」と偉ぶるのは、コンプレックスの裏返し
 
10.「大トロ、イクラ、ウニばかり」では、貧相な女に見られる
 
11.料理が冷めるのに、話し続ける人の「つまらない」理由
 
12.馴染みの店に連れて行きたがるのは、ジコチューのありがた迷惑な人
 
13.皿をきちんと並べ直す女は、その「こだわり」が仇となる
 
14.ブログのために、料理を前にして長々と写真を撮る本末転倒人間
 
 
第2章 ◎食事の「しぐさ」で見抜かれる
 
1.嫌いなものを露骨によけるのは、気遣いのない女
 
2.相手のフトコロを考えない「便乗女」と遠慮しすぎの「気遣い女」は、もう誘われない
 
3.「他の客が頼んだ料理」を見渡す、女性の現実主義に学ぶ
 
4.「自分だけお代わり」は、マイペース女の気遣い?
 
5.背後の気配を感じない女性は、鈍感力が強すぎる?
 
6.多量に振りかけるタバスコ女は、日々の刺激を求めている
 
7.中華の円卓「グルグル回し」は、我慢できない女の返し技
 
 
8.「超うまい」の口癖女は、「私たちいつも一緒」の甘えん坊?
 
9.ワリカンにしないと気が済まない頑張りすぎ女
 
10.「声が小さい」のは、心にやましさをもっているから
 
11.男にくっつきすぎる女は、同性に警戒される
 
12.しきりに髪を触る女性に対する、男性の反応は?
 
13.食事中の「敬語ばかり」は、相手を遠ざける隠し味
 
14.「昔の話」「同じ話」に夢中になる人は、気力が弱ってきている
 
 
第3章 ◎食事デートで性格を読む
 
1.「とりあえずビール」と注文してしまう人の心理とは?
 
2.相手の「好き嫌い」を知っておくのは最低のマナー
 
3.食事中の「食べられないもの」の話は、早く切り上げる
 
4.プライドの高い人は、自分の「趣味の話」に夢中になる
 
5.仕事の話をしたがる男は、「仕事が生き甲斐」だからか?
 
6.身内の話や過去の話をするのは、「自分のことをもっと知ってほしい」から
 
 
7.食事中に悩みごとを打ち明ける人は、「あなたに頼りたい」から
 
8.居酒屋でのオーダーの仕方で、人との協調性がわかる
 
9.お開きなのに「もう一杯」と粘る人は、寂しがり屋で子供っぽい
 
10.会計の際の「この一言」に、見栄とプライドが見える
 
11.食事デートの「支払い方」で、男のスマートさが見える
 
12.笑顔で「ごちそうさま」が、おごられ上手な女のマナー
 
13.デート後の別れ際の一言で、自分への好感度をチェックする
 
 
第4章 ◎食事をしながら人は何を考えるか?
 
1.ラーメン食べ歩きが趣味の「食マニア」は粘着性気質
 
2.「行列のできる店」に並んでも食べたい派? 並ばない派?
 
3.「本格グルメ」は、自分の欲求に素直な快楽主義者
 
4.毎朝同じメニューの人は、安定をのぞむ保守的な性格
 
5.昼も夜もひとりでコンビニ弁当は、「プチ引きこもり」の人
 
6.仕事中のランチの選び方でわかる、人生における優先順位
 
7.高級レストラン派か庶民派かでわかる、プライドと人への依存度
 
 
8.「安くて大盛り」を好む人は、おおらかな人に引かれる
 
9.「おいしければ高くてもいい」か、「おいしくても安くないと」か
 
10.「料理をつくる」のが好きな人は、芸術家タイプ
 
11.大勢で飲みたい人と、少人数でゆっくり飲みたい人の違いは?
 
12.「どうせ口説けない」のに、なぜ女性のいる店に通ってしまうのか
 
13.「飲み屋の常連と話すのが楽」なのは、仕事ストレスが大きい人
 
14.静かなバーでひとりグラスを傾ける、そんなダンディの心の内は?
 
15.ひとりで飲み屋に来る女性は、「寂しい女」か「強い女」か
 
 
第5章 ◎場をシラケさせる食事中の心理学
 
1.酒に酔っての失言には、その人のホンネが表れる
 
2.食事中の「ここだけの話」は、聞かないほうが得策だ
 
3.「飲まなきや話せない」話に、期待してはならない
 
4.知識を披露するときは、「深入り」してはならない
 
5.料理にいちいち文句をつける人は、それが癖になっている
 
6.「おいしい、うまい」とはしゃぐ人ほど、急に黙り込む心理とは
 
7.酒の席でおしゃべりが止まらない人は、なにか心配ごとを抱えている
 
 
8.食事中の「話がおもしろい」は、ただそれだけで「有能な人」の証し
 
9.食事中のダラダラ話は、おいしい料理をマズクする
 
10.酒の席での「改まった態度」は、一線を画してつきあう意思表示
 
11.シモネタや汚い話は、欲求不満な人の得意技
 
12.「うちのお父さんは…」と、自慢してはならない
 
13.食事しながらあれこれ聞くと、我が子に嫌われる理由
 
14.「飲みニケーション」に誘いながら、じつは説教したいだけの人がいる
 
 
第6章 ◎食事に誘われる人、もう誘われない人
 
1.マンガを読みながら食べる姿は、人を拒否していると思われる
 
2.人の料理を食べたくなるのは、心にゆとりがない人
 
3.むさぼるように食べる人は、野心はあっても出世できない
 
4.ゆっくり食べる人は頑固、早メシの人は人に振り回される
 
5.食べ散らかす人は、他人任せの無責任
 
6.大笑いして「口の中」を見せる人は過保護か、逆に放任で育てられた人
 
 
7.手で囲い込むようにして食べるのは、被害者意識が強い人
 
8.「迷い箸」をする人は、仕事でも迷ってばかりいる
 
9.「寄せ箸」「刺し箸」の人は、人を大切にしない人
 
10.「相手に嫌われたい」と思ったら、「ねぶり箸」をお勧めする
 
11.食事中によく席を立つ人は、ただ忙しがっているだけ
 
12.「もったいない」が口癖の人ほど、料理を残してご満悦
 
13.食べ物を「残す人」より、きれいに「平らげる人」が好かれる
 
 
著者 渋谷 昌三(しぶや しょうぞう)
「なにげない言葉」や「しぐさ」「くせ」などから、その人の深層心理を追求する独自の人間観察学を開拓。現代心理学の研究成果を恋愛やビジネスに応用した著書多数。1946年生まれ。目白大学人間社会学部教授。『人を傷つける「言い方」元気にする「言い方」』『感じのいい人の「自分の見せ方」84の法則』『20代のうちに身につけたい人を動かす仕事力』『なぜか「人に好かれる人」の行動グセ』『笑う力で「人間力」が10倍アップする』『「他人が読める」と面白い』など著書多数。
 
――――――――――――――――――――――
発行所:株式会社新講社
※この電子書籍アプリは「一緒に食事をするだけでその人がわかる」を底本としてアプリ化したものです。
 
開発・制作会社:株式会社オープンアップス
iPhone・iPad100アプリ以上の配信実績と有料総合ランキング1位を獲得した電子書籍アプリを多数配信!!
 
——————————————–
■当プレスに関するお問い合わせ先
——————————————–
会社名  : 株式会社オープンアップス
URL  : http://openapps.co.jp/
所在地  :〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.Sビル S棟3F
TEL  : 03-6681-4435
M A I L  :press@openapps.co.jp