2012年11月09日

現役の離婚カウンセラーが教えます! 高嶋政伸さん離婚裁判から学ぶ 「失敗しない離婚の方法」

株式会社MR   http://www.0120128888.com/
総合探偵社株式会社MR(本社:東京都豊島区 代表取締役:宗万真弓)では、昨今の話題となっている「高嶋政伸さんの離婚裁判」をテーマに、当社所属の離婚カウンセラー(NPO法人日本家族問題相談連盟認定)を対象とした「失敗しない離婚の方法」をアンケート調査いたしました。アンケートの質問は次の通りです。
 
Q1.今回の離婚騒動をプロの目線からどのように思いますか?
Q2.問題を長引かせない離婚解決法はありますか?
Q3.離婚成立後に起こりやすい問題はありますか?またそれを防ぐ方法はありますか?
 
アンケートの結果、今回の離婚騒動については「スピード婚」や相手のこと、「結婚」ということに対して理解が低かった。という見解が一位。メディアでは、どちらか一方の意見を取り上げることが多いようですが、プロの目線では、お互いに問題がある。という意見が多いようです。
 
離婚問題を長引かせないための方法については、離婚理由になる証拠をしっかりと持つ。また感情的にならず、お互いに歩み寄ることが、最終的には一番の近道。という意見が多いなか、婚姻時に誓約書などの書面を、公正証書として作成しておくことも未然に問題を防ぐ方法として、大変有効であり、近年では国内でも一般化しつつあるとのこと。
 
質問1の「結婚に対して理解が低かった」という原因からみると、婚姻時の慎重さは特に重要といえるようです。さらに、離婚したあと起こりやすい問題については、慰謝料や養育費の未払いなどの金銭問題が圧倒的に多数。そうならないためにも、離婚の際にはしっかりと専門家を交えて、公正証書を作成することをお勧めしています。
 
長引かせてしまうと人生の大きな障壁となってしまう離婚裁判。なによりも婚姻時には、特に慎重になること、問題が起きてしまった後は、まずは冷静に、専門家のアドバイスを聞きながら離婚を進めることが、自分の幸せをつかむ近道といえるようです。
 
 
Q1.今回の離婚騒動をプロの目線からどのように思いますか?
スピード婚/結婚への理解度の低かった結果 30%
両者に責任がある/お互いに問題があった  26%
プライドとお金など欲と執着が問題     11%
曖昧な主張や証拠が招いた泥沼化      7%
その他                  26%
 
その他の回答内容
主張のためには証拠が必要。それがないためにドロドロになったのでは。/ 高嶋政伸さんに同情 / 高嶋政伸
さんの見る目がなかった / 強烈な憎しみの内面が見え隠れする / パートナーの横暴に苦しむ一般人も多いの
では など
 
 
Q2.問題を長引かせない離婚解決法はありますか?
離婚理由となる証拠を持つ       32%
感情的にならず、お互いに歩み寄る   28%
結婚時に書面作成し、未然に防ぐ    24%
その他                16%
 
その他の回答内容
妻の性格を考え怒らせないように導くべき / 不用意な言動が自身の首を絞めることになるので、興奮した
り、相手の誘いにのらないようにする / 特に金銭的な面であれば、収支を明らかにされたら良い ごまかし、
嘘をなくすこと など
 
 
Q3.離婚成立後に起こりやすい問題はありますか?またそれを防ぐ方法はありますか?
慰謝料、養育費などの未払い     53%
財産分与              13%
ストーカーや嫌がらせ行為      13%
その他               20%
 
その他の回答内容
相手の所在不明 / 子供との面接権 / 離婚成立後の浮気発覚 など
 
 
離婚成立後の問題を防ぐ方法
・ 公正証書の作成
・ 専門家の介入
・ 離婚時の取り決めをしっかりと遂行すること
 
回答の全文も配信いたします。ご希望の方は下記にご連絡ください。
 
■総合探偵社 株式会社MRについて
探偵(調査員)・カウンセラー総勢90名以上。全国相談室数12ヵ所。関連事業として探
偵学校なども経営する、業界トップクラスの規模・実力を持つ総合探偵社(浮気・不倫・
離婚問題、家出など)です。年間調査実績1,806件。
 
 
■お問い合わせ先
株式会社MR 東京本部
担当 :橋本
所在地 :〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-47-3-1F
電話  :03-5396-2444(代表)