2012年12月13日

学校図書館活用授業入門 ~情報リテラシーを育てる~(公開講座)

八洲学園大学   http://www.yashima.ac.jp/univ/
日本で唯一の「生涯学習学部」を設置している学校法人八洲(やしま)学園 八洲学園大学(神奈川県横浜市西区桜木町7-42、学長:和田 公人、以下、八洲学園大学)は、公開講座「学校図書館活用授業入門 ~情報リテラシーを育てる~」を3月9日(土曜日)に開講いたします。
 
▼公開講座 学校図書館活用授業入門 ~情報リテラシーを育てる~
 
現在、学校現場では「生きる力」を育てるために、「言語活動の充実」とそれによって「言語力」を高めることが強調されています。どのように教育活動に取り入れていけばよいのか様々な試みが行われています。読書・学校図書館を活用して行われる読書指導・読書活動は子どもの「言語の力」を高める効果を持っており、極めて有効な教育方法となりますが、その意義と効果については十分認知されていません。「言語の力」によってもたらされると考えられている読解力・思考力・判断力は情報リテラシーに他ならず、読書・学校図書館活用で育てられるものです。そこで読書・学校図書館活用に取り組む先進校の事例を取り上げ、そこで行われている教育活動、とりわけ実際の授業を紹介いたします(主として小学校の事例を取り上げる)。また、ワークショップの方法を用い、読書・学校図書館を活用した授業を行うための指導について実際に体験していただきます。
 
▼講座概要
□受講形態   :来校・インターネット
□開講日時  :2013年3月9日(土曜日)/13:00-14:30、14:40-16:10
□受講料   :5,000円(税込)
□定員    :20名(申込者多数の場合は増員の可能性有り)
□会場    :八洲学園大学
□お支払方法 :銀行振込または会場支払
        ※詳細はお申込完了後にご案内いたします。
□お申込先  :公開講座ポータルサイトの申込フォームよりお申込ください
        ※その他お問合せはコチラ
         u-yue@yashima.ac.jp/045-317-4401
 
□講師:鎌田 和宏
帝京大学教育学部初等教育学科准教授。専門は教育方法学、社会科教育、学<校図書館メディアやICTを活用して展開する情報リテラシー教育に関心を持<ち、学校図書館を活用した授業の分析とそれにもとづく授業改善の助言を多く手がけている。東京学芸大学教育学部卒、同大学大学院(教育学研究科)修了、八洲学園大学にて司書教諭資格取得、東京都公立学校教諭、東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、筑波大学附属小学校教諭を経て、帝京大学文学部教育学科講師(2008年~)、同大学教職大学院兼任、2010年より現職。
 
▼学校法人八洲(やしま)学園 八洲学園大学について
2004年に開学した通信制大学。日本で初めて、インターネットを利用しての学位や国家資格の取得を実現。また、日本で唯一の「生涯学習学部」を設置し、「学びたい人が学べる大学」として社会人の「学び直し」のニーズに応えるべく、図書館司書等の国家資格取得や士業資格取得支援も含めた科目を200科目以上開講し、インターネットで授業を配信しています。なお、2012年4月1日より、和田公人氏が学長に就任。和田学長のブログは以下より閲覧可能です。
 
・twitter
・facebookページ
・八洲学園大学ホームページ
・八洲学園大学学長の続・続・開学日記
 
▼本件に関するお問い合せ先
学校法人八洲学園 八洲学園大学
公開講座担当
TEL:045-317-4401
Email:u-yue@yashima.ac.jp