2012年12月17日

公開講座「探究型学習を展開するための思考スキル指導」

八洲学園大学   http://www.yashima.ac.jp/univ/
日本で唯一の「生涯学習学部」を設置している学校法人八洲(やしま)学園 八洲学園大学(神奈川県横浜市西区桜木町7-42、学長:和田 公人、以下、八洲学園大学)は、公開講座「探究型学習を展開するための思考スキル指導」を3月30日(土曜日)に開講いたします。
 
▼公開講座 探究型学習を展開するための思考スキル指導
 
最近では、探究型学習に注目が集まっています。探究型学習は、「課題の設定」「情報の収集」「整理・分析」「まとめ・表現」という問題解決プロセスをたどりながら学習を進めます。「課題の設定」から「まとめ・表現」までの探究活動には、じっくりと考えながら取り組むことが生徒には求められています。指導者側には考えることの指導が必要となりますが、その指導法が明確になっているわけではありません。そのため、生徒たちが探究型学習に臨んでも、学習活動があまり深まらないままで終わってしまう場合も見受けられました。そこで、この講義では問題解決プロセスをたどりながら、探究型学習で必要とされる思考スキルの指導に焦点を当てて紹介します。教科書として『中学生・高校生のための探究学習スキルワーク~6プロセスで学ぶ』を使い、一連の探究活動を学習することで、より実践的な知識を身につけることを目標とします。
 
▼講座概要
□受講形態   :来校・インターネット
□開講日時  :2013年3月30日(土曜日)/13:00-14:30、14:40-16:10
□受講料   :3,500円(税込)
□定員    :20名(申込者多数の場合は増員の可能性有り)
□会場    :八洲学園大学
□お支払方法 :銀行振込または会場支払
        ※詳細はお申込完了後にご案内いたします。
□お申込先  :公開講座ポータルサイトの申込フォームよりお申込ください
        ※その他お問合せはコチラ
         u-yue@yashima.ac.jp/045-317-4401
 
□講師:桑田てるみ
国士舘大学21世紀アジア学部:准教授。学校図書館を専門として研究している。近年では、探究型学習に学校図書館がどのように寄与できるのかについて検討中である。特に探究型学習に求められる思考スキルの指導について、グラフィック・オーガナイザー(思考図:シンキング・ツール)を用いた方法などを紹介している。本講座の教科書以外の著書として、『5ステップで情報整理!問題解決スキルノート』(明治書院)、『鍛えよう!読むチカラ~学校図書館で育てる25の方法』(明治書院)、『思考力の鍛え方~学校図書館とつくる新しい「ことば」の授業』(静岡学術出版)などがある。
 
▼学校法人八洲(やしま)学園 八洲学園大学について
2004年に開学した通信制大学。日本で初めて、インターネットを利用しての学位や国家資格の取得を実現。また、日本で唯一の「生涯学習学部」を設置し、「学びたい人が学べる大学」として社会人の「学び直し」のニーズに応えるべく、図書館司書等の国家資格取得や士業資格取得支援も含めた科目を200科目以上開講し、インターネットで授業を配信しています。なお、2012年4月1日より、和田公人氏が学長に就任。和田学長のブログは以下より閲覧可能です。
 
・twitter
・facebookページ
・八洲学園大学ホームページ
・八洲学園大学学長の続・続・開学日記
 
▼本件に関するお問い合せ先
学校法人八洲学園 八洲学園大学
公開講座担当
TEL:045-317-4401
Email:u-yue@yashima.ac.jp