2013年11月13日

東京から世界に向けて発信する、日本初の音楽見本市 第4回「TOKYO BOOT UP!2013」最終章 11月16日【Conference Day】開催プログラム決定

一般社団法人 ミュージック・コープ   http://tokyobootup.jp/tbu/

★基調対談『ソーラーエネルギーでライブをやろう!』
~中津川THE SOLAR BUDOKAN~
ゲスト・佐藤タイジ(ロックスター/THEATRE BROOK)
聞き手・永田純(一般社団法人ミュージック・クリエイターズ・エージェント代表)

★緊急セミナー『JASRAC独禁法違反訴訟の 東京高裁判決が意味するもの』 ゲスト・小倉秀夫(弁護士)他、聞き手・Kaz Watanabe

“日本版SXSW(世界最大の音楽見本市)“をスローガンに、「出会いと創造の場」を提供し、今年で4回目
となる日本初の音楽見本市「TOKYO BOOT UP!2013」(主催:TOKYO BOOT UP!2013実行員会事務局、
所在地:東京都渋谷区渋谷、代表:渡邊ケン)は、会期最終日に開催する【Conference Day】のプログラムを決定しました。
変化の渦の中で、現在のインディーズ・アーティストたちは情報格差の間で揺れています。また、音楽ファンが利便性を追求することに伴い、アーティスト生命が損なわれているという実情、また既存の業界制度がこうした現状に追いついていないという問題が起こっています。
こうした問題を共有し、解決するための課題を見つけることで、「自立」した音楽活動の希望となる1日を目指そうと、“アーティストの「自立」支援”を目的に活動している「TOKYO BOOT UP!」(以下、「TBU!」)は、「TBU!2013」会期最終日の11月16日(土)に【Conference Day】を開催します。

11月8・9・10日と3日間にわたり開催した、「TBU!2013」メインイベント【Music Day】は、3会場回遊型のショーケースライブで、アーティストが音楽ファンや音楽業界関係者へアピールを行う場でした。
【Conference Day】は、多様化する音楽業界の現状を多角的に紹介し、アーティストに「自立」した音楽活動を行うための知力やヒントを情報提供するものです。

「TBU!」事務局の所在するビル8フロアのうち5フロアを貸切り、トークセッション、企業による新しい音楽サービスのプレゼンテーション、カンファレンスからなる全24プログラムで構成、音楽の未来を感知しようとするアーティストや音楽ファン、業界関係者が集結し、「TBU!2013」最終章を締めくくります。
イベント終了後はクロージングパーティも行います。新たな出会いと交流の場として、どうぞご活用ください。

■ TOKYO BOOT UP!2013 概要 ■

∎Conference Day
2013年11月16日(土) 開場:11時 / 開始:12時~19時 (出入り自由・再入場可能)
【会場】ティン・パン・バレー・タウンホール [3F/4F/5F/6F]
(クロージングパーティ 19時~21時 [8F] ※要別途料金)
住所:東京都渋谷区渋谷2-9-13 AiiA ANNEX BLDG
<アクセス>渋谷駅(宮益坂口、東口)徒歩8分 /表参道駅(B1出口)徒歩6分
【前売】一般:3000円/学生1000円 【当日】一般:3500円/学生:1000円(※フライヤー持参)
TOKYO BOOT UP!2013エントリーアーティスト:1000円 ※前売チケットはtixeeにて発売

∎Music Day (総エントリー数339組から選出された78組が、3日間3会場のショーケースライブに出演しました) 2013年11月8・9・10日(金・土・日) 13時半開場、14時開演 / 終演:22:00(初日は18時開場、18時半開演)
1日券(前売3000円/当日3500円、2ドリンク付)/3日間の通し券(前売5500円/当日6000円、3ドリンク付)
※中・高校生は、学生手帳の提示で無料にて入場可能(ドリンク代別) 会場;新宿MARZ / Marble / Motion

■ Conference Day 主なプログラム ■

【 トークセッション 】(一部) ★基調対談『ソーラーエネルギーでライブをやろう!』~中津川THE SOLAR BUDOKAN~
ゲスト・佐藤タイジ(ロックスター/THEATRE BROOK)
聞き手・永田純(一般社団法人ミュージック・クリエイターズ・エージェント代表)
★緊急セミナー『JASRAC独禁法違反訴訟の東京高裁判決が意味するもの』 ゲスト・小倉秀夫(弁護士)他、聞き手・Kaz Watanabe

◆『激論:未来は音楽が連れてくる』 ゲスト・榎本幹朗他

◆『ティーンズたちのロックフェス』 ゲスト・磯尾奈加子(渋谷のライブハウス4箇所で海外アーティストの招聘も含む回遊型ロックフェス”ROCKGOD DUM企画・運営した女高3年生)、田畑なつき(下北ベースメントで「カラバッシュの右側」企画開催した高校生グループのメンバー)/聞き手・アオタ(with me!ボーカル)絵描きと音楽が好きな水戸っコ。大のバンドファンでもあり、地元水戸で音楽イベントの企画もしている。

◆『インディーズ・アーティストの起業と融資について』
ゲスト大野晃(税理士)/聞き手・谷口智也(minimals)

◆『音楽サービスの近未来~ミュージックディスカバリーって何?』 ゲスト・鈴木貴歩(ユニバーサルミュージックデジタル事業開発本部長)、ジェイ・コウガミ(ブロガー)/モデレーター・山口哲一(音楽プロデューサー、コンテンツビジネス・エバンジェリスト。(株)バグコーポレーション代表取締役。『デジタルコンテンツ白書』(経産省監修)編集委員。

◆『あなたの音楽を売る方法 2013〜2014』 ゲスト・野田威一郎(tunecore Japan代表取締役)、八木達郎(KKBOX Japan LLC代表)他 /モデレーター・次廣靖(イースト・エンタテインメント)

◆『「無名だけどメッチャクチャ頑張っている音楽で生計を立ててる男たち」トークバトル』(ILCJ提供) ゲスト・海保けんたろー(Frekul)、すわだいすけ(Sleepyhead Jamie)/聞き手・山下 智(山崎千裕+route14band)

◆『新音楽メディアはなんでもいい 音楽を広げていく為にできること』 ゲスト・スズキエミリ(WEB系編集者)、Ai_Tkgk(フェスティバルライフ) /モデレーター・大野裕之(情報キュレーションアプリのUI/UXデザイナー)

◆パネルディスカッション『グローカル(グローバル+ローカル)』
メジャーで活躍している作家たちが、地元に帰って活動をしていこうとし始めている実態が意味するもの。 ゲスト・島野智(熊本在住音楽プロデューサー/作詞家/作曲家/編曲家)、多胡邦夫(高崎市出身音楽プロデューサー/作曲家/ミュージシャン)/モデレーター・山口哲一(前出参照)

◆『アーティストの”海外進出”に置ける実務と心得』 ~あるアーティストの例から海外進出に置ける必用な実務、マネタイズ方法を探る~ ゲスト・新井智(J-gram:MIYAVIマネージメント)

【 プレゼンテーション10 】
アーティストや音楽ファン向けの新しいサービスや新製品が熱く語られます。
◆Spin App Japan◆TEAC株式会社◆株式会社音技の杜◆株式会社シンクパワー◆マーズエンターテインメント合同会社/ミライアプリ株式会社◆株式会社g&h:getstage◆株式会社KDDIウエブコミュニケーションズ◆stageAce(NHKグローバルメディアサービス)◆株式会社ライブスタイル◆株式会社フェイス
(以上順不同 ※内容は予告なしに変更になることがあります。)

※タイムテーブル、詳細につきましては、下記サイトをご覧ください。
<Conference Day official site> http://tokyobootup.jp/conferen……-day-2013/
<TOKYO BOOT UP! 2013 特設サイト> http://hellotbu.wix.com/tbu2013

【主催】TOKYO BOOT UP!実行委員会
【共催】一般社団法人ミュージックコープ
【協賛】tixee 【協力】ILCJ

※本件に関する写真・ロ 等素材のご要 、また本イベントの 材素材のご要 は下記問い合わせ までお気軽にお尋ね下さい。
◆TOKYO BOOT UP! 2013 特設サイト http://hellotbu.wix.com/tbu2013
◆TOKYO BOOT UP! オフィシャルサイト http://tokyobootup.jp/tbu/
◆TOKYO BOOT UP! Facebookページ https://www.facebook.com/tokyobootup

<取材・素材提供等、本件に関するお問い合わせ>
一般社団法人 ミュージック・コープ 「TOKYO BOOT UP!」事務局
150-0002 東京都渋谷区渋谷2-9-13AiiA ANEXビル8F ティン・パン・バレー特区内
広報担当:吉澤 池亜美(よしざわ ちあみ)
TEL:03-6450-5915(11:00~20:00)/Mobile:080-6591-7825/
E-mail:chiami@tokyobootup.jp