2014年01月17日

~第59・60回山田養蜂場 文化セミナー~ 倉本聰 作・演出 マロース 富良野GROUP公演 2014冬 『マロース』 3月3日(月) 津山文化センター  3月5日(水) 倉敷市芸文館

株式会社山田養蜂場   http://www.3838.com

 創業以来65年以上はちみつやローヤルゼリーなどミツバチ産品を扱っている 株式会社 山田養蜂場(本社:岡山県苫田郡鏡野町 代表・山田英生)は、2014年3月3日(月)岡山県津山市で、3月5日(水)倉敷市で、倉本聰氏作・演出の舞台公演『マロース』を開催いたします。
 
 当社では1997年より、「健康」「医療」「教育」「環境」「文化」等のテーマで文化セミナーを開催しております。
 これまで倉本氏が行ってきた現代社会に対する様々な問題提起や、自然環境保護に対する活動などが、当社の理念に通じるものがあると感じ、この度岡山県内の2ホールにて、富良野GROUP公演 2014冬『マロース』を、第59・60回目となる当社の文化セミナーの一環として開催いたします。

 『マロース』は2009年制作のラジオドラマを経て、2011年1月に舞台化された倉本聰氏作・演出の舞台演劇です。人間の作った化学薬品、原発による事故、そうした恐怖を知る由もなく生きる自然の中の小さな生き物たち。人間が智恵を絞って築いてきた文明の成果が、そうした邪心なき生き物の生命を脅かし、今、静かに生態系が破壊されゆく現実。その現実はいずれ我々の身に及ぶであろうという、強烈なメッセージがこめられています。

マロース 倉本聰
             作・演出 倉本聰氏
【場所と日程】
◆津山文化センター(住所:岡山県津山市山下68)
 2014年3月3日(月) 開場/18:30 開演/19:00
◆倉敷市芸文館(住所:岡山県倉敷市中央1-18-1)
 2014年3月5日(水) 開場/18:30 開演/19:00

【入場料】
 S指定席(1階席)4,000円(当日券4,500円)
 A自由席(2・3階席)3,500円(当日券4,000円)
※3階席は津山文化センターのみとなります。
※未就学児童のご入場はご遠慮ください。

【チケット販売】
 プレイガイド/チケットぴあ:Pコード 434-286
 ローソンチケット:Lコード 69412
 津山文化センター ほか

【問い合わせ】
 OHK岡山放送事業部 TEL:086-252-3212

【主催】
 株式会社山田養蜂場、津山市文化連盟(津山公演のみ)、 
 倉敷市芸文館(倉敷公演のみ)、OHK岡山放送

 

◇本件に関するお問い合わせ◇
株式会社 山田養蜂場 文化広報室 関、多田
〒708-0393 岡山県苫田郡鏡野町市場194 TEL:0868-54-1906(月~金 9:00~17:30、土日祝除く)
FAX:0868-54-3346  ホームページ: http://www.3838.com

 

『マロース』のあらすじ

 北海道の南部。
 森に覆われたこの一帯の村落で、不審な野鳥の大量死が発見される。 それは何人かの村民への感染まで疑われ、渡り鳥の運んできた鳥インフルエンザと認定される。 付近の鶏にもその影響が出て界隈の養鶏場は閉鎖され、卵の出荷の出来なくなった養鶏業者に自殺者が出る。
 五月、その被害は更に拡大し、音別川上流域にある水鳥たちの越冬地ペンケ沼でもカモの死体が二羽確認され、それ以上の拡大を恐れた町は、ペンケ沼一帯に棲息するマガモ、ハクチョウなどを全て一斉に殺してしまう。
 そんな五月の珍しい猛吹雪の夜、森の奥にあるコーヒー店「ブナの森」に、一人の年老いた遭難者がころがりこむ。老人は記憶を全く失ってしまっている。「ブナの森」の女主人・みどりは、この老人を手厚く介護し何とか一命はとりとめるが、老人は記憶をとり戻さない。
 口さがない店の常連客たちは老人について色々噂するが、心やさしい女主人・みどりは、老人を庇い店に置いてやる。
 周囲の町には春がとっくに訪れているというのに不思議なことにこの一帯だけは冬が完全に居坐ったままである。
 そんな時、一つの噂が流れる。
 鳥たちの死はインフルエンザ=バード・ウイルスの為ではなく、全く別の原因によるものではないのか、という噂。

 マロース

 

<山田養蜂場 文化セミナーの取り組み>
 山田養蜂場では「一人の人の健康を守る」という企業理念の実践として、
 1997年より、「健康」「医療」「教育」「環境」「文化」等のテーマで文化セミナーを開催しております。

過去2回の文化セミナーの内容

山田養蜂場 文化セミナー
第58回文化セミナー(2013年12月15日(日)開催)

「心に響く音楽劇~GIFTをあなたに~」
津山文化センター

「子供たちの夢を応援したい、若者に命を大切にして欲しい」。増え続ける若者の自殺防止を願った、プロデューサーの金 晃生氏制作のミュージカルです。
この公演を山田養蜂場からのクリスマスプレゼントとして、無料で開催いたしました。
おかげさまで約1,000名の方々にご観覧頂き、大盛況のうちに閉幕いたしました。

山田養蜂場 文化セミナー
第57回文化セミナー(2013年10月5日(土)開催)
「健康のヒケツは、“おなか”にあった~大切な腸内コントロール~」
大阪エルシアター

日本人の食生活は、戦後、高度成長期を経て大きく変化し、様々な生活習慣病が問題となっています。
当社では、健康長寿社会の実現を目指し、予防医学の研究を推進しており、その成果を講演会などを通じて皆様にお伝えしています。第57回となる当健康セミナーでは、腸内環境学の専門家である、辨野義己先生のご協力により、腸内環境、腸年齢のアンチエイジングについての講演会を開催いたしました。