2014年01月29日

バラクーダネットワークスがBarracuda Message Archiver バージョン3.5をリリース 無償提供されるCloud Relayサービスで、Office 365、Google Appsのメールを オンプレミス環境にアーカイブ

バラクーダネットワークスジャパン株式会社   http://www.barracuda.co.jp/

2014年1月29日(水)東京発 -セキュリティとストレージソリューションのリーディングプロバイダであるBarracuda Networks Inc.(本社:米国カリフォルニア州キャンベル、NYSE:CUDA)の日本法人である、バラクーダネットワークスジャパン株式会社(東京都品川区、執行役員社長:林田 直樹、以下バラクーダネットワークス)は本日、Barracuda Message Archiverバージョン3.5の販売開始を発表しました。本プラットフォームは、既存の企業メールシステムとシームレスに統合しており、今回さらにExchange 2013、Office 365、Google Apps、そしてCopyとの統合も実現しました。Barracuda Message Archiverバージョン3.5では、シンプルながら強力なプラットフォームを実現しており、メールストレージのオフロード、eディスカバリの効率化、コンプライアンスニーズへの対応を可能にし、メールごとに許可ベースのアクセス権限を設定することができます。アプリケーションもアップデートされ、Outlook 2013、Windows、Mac、iOS、Android$!
B7PM3$G$I$3$+$i$G$b%a!<%k$K%”%/%;%9$9$k$3$H$,2DG=$K$J$C$F$$$^$9!#

ガートナーでは、エンタープライズ・インフォメーション・アーカイビング(EIA)市場は、活況で急成長を遂げていると報告しています。EIAは一般的に利用されるテクノロジとして、高レベルの利用ケースで活用されており、情報ガバナンス、eディスカバリ、データの履歴保全、アプリケーションリタイアメントなどをサポートしています。(1)

Barracuda Message Archiver 3.5の主な特長:
? Exchange 2013をサポート
? 無償提供されるCloud Relayを用いてOffice 365とGoogle Appsをサポート
? Outlook 2013、Windows、Mac、iOS、Android向けにアプリケーションをアップデート
? メールエクスポート向けのCopyファイル同期/共有機能を統合

ロッド・マシューズ(Rod Mathews)のコメント                                                  
(バラクーダネットワークス、ストレージ担当ジェネラルマネージャ)
「各種のプラットフォームからメールにアクセスしたいといったユーザの要望は高まるばかりであり、IT部門はeディスカバリやストレージ管理のニーズへの対応を迫られています。Barracuda Message Archiver 3.5では、強力なeディスカバリやストレージ管理といったIT担当者のニーズに応えつつ、エンドユーザは、どこからでもあらゆる端末からメールに容易にアクセスすることが可能になります。」

Barracuda Message Archiverの、強力かつ包括機能を装備したモバイルアプリを活用することにより、ユーザはアーカイブメールにシームレスにアクセスすることができます。Barracuda Message Archiverのアプリケーションにより、メールサーバからアーカイブストレージに移されたメールを含め、ユーザは従来と比較してメールを容易かつ迅速に検索、復元することが可能となります。

また、ユーザには、同じ検索用語の入力の繰り返しを回避するために、モバイルアプリからの検索用語を保存するといったオプションが用意されています。さらに、モバイルアプリからダイレクトにメールに返事したり、転送したり、メールボックスに戻したりすることもできます。

メールの利用が爆発的に普及するにつれ、メールサーバやストレージ容量の負荷も同じように増えています。Barracuda Message Archiverでは、古いメールと最近の添付ファイルのストレージをオフロードし、アーカイブへの許可ベースのアクセス権限のためのシンプルなインターフェースを提供しており、eディスカバリのリクエストに迅速に応えるための効率化されたプラットフォームも実現しています。バラクーダネットワークスの強力なポリシーエンジンでは、アーカイブ作業と許可のきめ細かい管理を可能にしており、シンプルなGUIによりユーザ自身によるデータリカバリもサポートしています。Barracuda Message Archiverにより、IT担当者はメールストレージを集約して効率化し、コストを削減して基本的なリカバリ作業をユーザにオフロードできる同時に、eディスカバリやコンプライアンスニーズもサポートされていることで、メールサーバインフラの効率利用を促すことができます。

価格と利用
Barracuda Message Archiverバージョン3.5は本日より販売開始しており、現在Barracuda Message Archiverのハードウェア(アプライアンス)をご利用いただいており、エネルギー充填サービスのサブスクリプションが有効なお客様は、無償でご利用いただけます。

関連資料
Barracuda Message Archiverについて
Barracuda Message Archiverは堅牢なメールアーカイブソリューションとして、すべての送受信メールを容易に検索できる包括的なアーカイブを構築します。詳細は以下のページをご覧下さい。
http://www.barracuda.co.jp/pro……s/archiver

(1)「Magic Quadrant for Enterprise Information Archiving」ガートナー、Sheila Childs、 Kenneth Chin、Debra Logan、Alan Dayley共著、2012年12月13年刊

【バラクーダネットワークスについて】
バラクーダネットワークスは、「Simplify IT」を可能にするクラウド対応セキュリティ及びストレージソリューションを提供しています。バラクーダネットワークス製品は、パワフルで、使いやすく、且つリーズナブルな価格により、全世界15万社以上のお客様にご利用頂いており、アプライアンス、仮想化アプライアンス、クラウドなどの形で提供されています。バラクーダネットワークスは、2002年に米国カリフォルニア州シリコンバレーで創業、海外拠点10ヵ国、また80ヵ国以上において正規代理店と提携しています。2004年より日本での販売を開始し、スパムやウイルス、フィッシング、SQLインジェクション対策はもちろん、BCP、クラウド化など、リスク対策だけでなく事業継続と活性化を目指す企業に貢献してきました。スパム対策アプライアンスとしては2005年から7年連続で、導入出荷実績で国内No.1、さらにWebアプリケーションファイアウォールは2007年から6年連続、導入出荷実績で国内No.1を継続しています(富士キメラ総研調べ)。 2013年11月、ニューヨーク証
7t<h0z=j$K>e>l!J%3!<%I!’CUDA)し、更なる成長を目指します。詳細については、 http://www.barracuda.co.jp をご参照ください。

* 本リリースに記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
バラクーダネットワークスジャパン株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田8-3-16 西五反田8丁目ビル5階
Tel:03-5436-6235
Fax:03-5436-5128
担当:木村
Email:jpinfo@barracuda.com
URL: http://www.barracuda.co.jp/