2014年07月31日

大学生のリアルがわかる「学生×シゴト総研」 「『こうなりたい』と思う社会人はいる?」 ~約4割の学生が身近に「こうなりたい」と思える憧れの社会人がいると回答~

株式会社リクルートキャリア   http://www.recruitcareer.co.jp/

株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:水谷智之)が運営する、いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』( http://journal.rikunabi.com/ )は、大学生の最新情報がわかる連載「学生×シゴト総研」を公開しております。
今回は「『こうなりたい』と思う社会人はいる?」をテーマにアンケートを実施いたしました。

▼「『こうなりたい』と思う社会人はいる?」記事はこちらから
http://journal.rikunabi.com/p/……11630.html
――――――――――――――――――――
■身近に「こうなりたい」と思える憧れの社会人がいると回答した割合は男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生の方が高い結果に
――――――――――――――――――――

大学1年生348人(うち男子学生154人、女子学生194人)を対象にアンケートを実施(調査協力:株式会社クロス・マーケティング、調査期間:7月5日~7月9日)。
身近に「こうなりたい」と思える憧れの社会人がいれば、その考え方や行動をお手本にすることで、自分の社会人観・仕事観もよりクリアになるはず。そこで今回は、身近に「こうなりたい」と思える社会人がいるかどうか、そしてどこで出会えたのかを、大学生・大学院生たちに尋ねてみました。

まず、身近に「こうなりたい」と思う憧れの社会人がいるかどうかを尋ねたところ、「はい」と回答した学生が39.7%、残りの60.3%が「いいえ」と回答しました。属性別では、男子学生よりも女子学生、理系学生よりも文系学生に、「はい」と回答した学生の割合が多く、特に女子学生は、男子学生の31.2%に対して46.4%と、男子学生を大きく引き離す結果となりました。

次に、「その人にはどこで会いましたか?」という問いに対しては、「大学や卒業した小中高などの学校」という回答が55.1%に上り、次いで「家庭(両親や兄弟姉妹・親戚など)」が36.2%で続きました。「その他」では、「習い事先で会った先生」「旅行先で会った人」などの回答が複数寄せられました。

「どんな人に、なぜなりたい?」という問いには、「自分の姉。相談に乗ってくれて、いつも的確なアドバイスをしてくれる。仕事や結婚など、自分のことも大変なはずなのに、いつも私のことを心配してくれている」「大学の部活の先輩。
仕事の休みは土日しかないのに、その土日にほぼ毎週部活を見に来てくれる」「アルバイト先の飲食店の社員。いつも優しいが、必要なときには厳しく接してくれて、仕事もしっかりとできるから」「高校のころの先生。人によってそれぞれ立場が違うことをきちんとわかっていて、その上で接し方を変えたりする姿はとてもかっこよかった。何か相談すると、『先生』としての立場からの一般的な答えではなく、その先生自身の考えを話してくれた」「高校のころ、修学旅行で乗った飛行機で働いていた外国の航空会社のCAの女性。周りが外国人ばかりの中で、堂々と存在感を示していた。僕もその人のように、周囲の環境に適応できる大人になりたい」といった声が寄せられ、身近な社会人の仕事に対する姿勢や人との接し方、時間の使い方などを観察し、見習いたいと考えている学生たちの姿が浮かび上がりました。

▼「『こうなりたい』と思う社会人はいる?」記事はこちらから
http://journal.rikunabi.com/p/……11630.html

▼いつかの社会人デビューのためのサイト『就職ジャーナル』はこちらから
http://journal.rikunabi.com/

▼リクルートキャリアについて
http://www.recruitcareer.co.jp/

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
kouho@waku-2.com
――――――――――――――――――――