2014年12月09日

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド 2014 年リーディングホテルズ・アワード受賞加盟ホテルを発表

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド   http://www.LHW.com/

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(本社:米国ニューヨーク州、以下リーディングホテルズ)は、11 月22 日にオーストリアで開催された年次総会において、「2014 年リーディングホテルズ・アワード」を受賞した4 軒の加盟ホテル経営者および加盟ホテルチームを発表しました。リーディングホテルズは、世界中の加盟ホテルが集う総会を毎年開催しており、総会最終日に行われる恒例のリーディングホテルズ・アワードは、優れた顧客サービスと際立った業績を成し遂げた加盟ホテルを祝う式典です。

スイスのチューリッヒで160 年以上続く伝説的な家族経営ホテル「ボー・オー・ラック」の経営者であり、リーディングホテルズ会長を務めるアンドレ・クラークトは、「リーディングホテルズのブランドの強さは、設立以来ずっと、加盟するホテルの類い希な革新性とビジョンにその根源を持っていることです。体験の画一性が多く珍重されている世界において、個性と独自性のスタイルをホスピタリティ産業に吹き込んだ献身的な経営者やホテルチームに対して、誇りを持って祝いたいと思います」と述べています。

メンバー・オブ・ザ・イヤー賞(Member of the Year)
今年から開設された「メンバー・オブ・ザ・イヤー賞」は、リーディングホテルズの組織および各種プログラムへの取り組み、また優れたサポートを実行した経営者の功績を高く評価する賞です。第1 回目の受賞者は、「ザ・リッツ・ロンドン」EAM マーケティング&デベロップメントのルース・ジョーンズ氏が選ばれました。

ハッピー・ゲスト賞(Happy Guest Award)
メンバー・オブ・ザ・イヤー賞と同じく今年開設した「ハッピー・ゲスト賞」は、最も高い顧客満足度を提供することへ最大の献身を示したホテルチームに与えられます。評価の基準となるホテルの品質調査採点と、当社のロイヤルティ・プログラムであるリーダーズクラブ会員からの意見と評価を基に選考され、ドイツのバーデン=バーデンにある「ブレナーズ・パーク・ホテル&スパ」のスタッフ一同が受賞者に選ばれました。

リマーカブリー・アンコモン賞(Remarkably Uncommon Award)
こちらも同様に今年開設した「リマーカブリー・アンコモン賞」は、革新的なゲストサービスや創造性に富んだスタッフ貢献度を通じて現状に挑むホテルチームを表彰する賞として、イタリアの加盟ホテル「ボルゴ・イグナシア」が受賞しました。イタリア半島南部プッリャ州の豊かな伝統に触発されながらも、徹底的にモダンなスタイルを取り入れたこのリゾートは、文字通りこの地に根ざしています。顧客からの予想外の情緒的な反応を引き出すボルゴ・イグナシアの能力の高さがこの賞の獲得に導きました。

リーディング・レジェンド賞(Leading Legend Award)
「リーディング・レジェンド賞」は、家族経営している独立系ホテルを対象に、ラグジュアリーホテルの維持と向上に貢献し、重要な役割を果たしたホテル経営者に与えられる賞です。第5 回目のリーディング・レジェンド賞は、自主性のある高いホスピタリティ術、卓越したリーダーシップ、模範的な貢献度の真価が高く認められ、「ハスラー・ローマ」の社長兼総支配人のロベルト・ヴィルス氏が受賞しました。ヴィルス氏は、リーディングホテルズ加盟ホテルから寄せられた指名に基づき選出されました。ヴィルス氏は家族経営ホテルの5 代目の当主として、バッチャー・ヴィルス家のホテル経営の豊かな伝統を継承し続けていくことを信じています。彼の家族はおよそ200 年の間、ラグジュアリー・ホスピタリティの分野でその指標となるホテル経営を続けています。ヴィルス氏は、彼の家であり家族の遺産であるホテルと、彼の情熱を通してそれを実証していくことでしょう。

各受賞者には、ティファニー(Tiffany)製クリスタルトロフィーと受賞文字が刻まれたブランパン(Blancpain)の時計が贈られました。世界最古の時計ブランドのブランパンは、2005 年以来リーディングホテルズの年次総会に協賛いただき、各賞の受賞者に素晴らしい時計を提供いただいております。

今年の年次総会はオーストリアのウィーンで開催し、200 名に及ぶ世界の名だたる高級ホテルやリゾート&スパのホテル経営者、取締役、支配人、役員などが出席して、今年のテーマ“The Leading Family:Creating Our Future Together(リーディングファミリー – 共に未来を創る)”を議論しました。

年次総会参加者は、クラークト会長とテッド・テン社長兼最高経営責任者に出迎えられ、ウィーンの加盟ホテル「ホテル・ザッハー・ウィーン」と「グランド・ホテル・ウィーン」に宿泊されました。年次総会のプログラムでは、家族経営ホテルのビジネスモデルのユニークな側面について、長期的な価値と競争上の優位性をどのように活用できるかについて分析を行いました。登壇者として、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・ビジネス・インサイト副社長のカースティ・ベイリー氏、“Understanding the rise of China”の著者マーティン・ジャック氏、ルイージ・ボッコーニ商業大学経営管理学教授のアレッサンドロ・ミニチーリ氏、アメニティメーカー「La Bottega dell’Albergo(ラ・ボッテガ)」の最高経営責任者トンマーゾ・パッチーニ氏が参加しました。

当資料は、2014 年12 月4 日に米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。米国で発表されたニュースリリースの内容は以下のウェブサイトをご参照ください。
http://www.LHW.com/press-center

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドについて
ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドは、ラグジュアリーホテルの予約マーケティングを行うホテルグループとして、世界でもっとも高い評価と信頼を得ています。厳しい審査基準を満たした選りすぐりのホテルやリゾート&スパが加盟しており、現在その数は世界80 ヵ国で430 軒以上に及びます。基幹となる活動は、かつての城や宮殿、都会に佇む隠れ家のようなホテル、大自然の中の豪華なテント、広大な敷地に必要なものをすべて完備したリゾートなど、それぞれが個性的で素晴らしい加盟ホテルの運営を多角的に支えていくことです。

ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドの歴史は、見識を備えたヨーロッパのホテル経営者の手により、歴史と伝統を誇る38 軒のホテルから成るホテルグループとして1928 年に設立したことから始まりました。現在においてもこの栄誉ある伝統を引き継ぎ、革新的かつ独自性を持ち、その地域を代表する魅力的なホテルが加盟しています。今日における顧客は、非常に高いサービスの質をホテルブランドに期待しています。また一方では人生を豊かにする真の旅行体験を求めています。ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドに加盟するためには、常に質の高いサービスの規格を厳守し、卓越したホスピタリティの心を備えていなければなりません。ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールドもまた、加盟ホテル同様に個性的で優れたホテルグループとして認識されています。

報道・出版関係者からの問合せ先:
リーディングホテルズ広報担当
有限会社サンク・コミュニケーション
広報担当:小倉通孝(ogura-cinq@pr.email.ne.jp)
近山典子(chikayama-cinq@pr.email.ne.jp)
住所:〒116-0002
東京都荒川区荒川6-12-1
電話: 03-3895-8467

一般からの予約・問合わせ先:
ザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド
フリーダイヤル:0120-086-230
リーディングホテルズ日本語ウェブサイト: http://www.LHW.com/