2015年06月01日

審査委員長に朝井リョウ氏(2013年直木賞受賞)を迎え、開催します! 2015年夏 明光義塾主催 出版社8社協力 第4回 私のおすすめブックコンテスト ~感動を友だちに伝えよう~

株式会社明光ネットワークジャパン   http://www.meikonet.co.jp/

個別指導塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:渡邉 弘毅、東証第一部:4668)は、明光義塾主催「第4 回 私のおすすめブックコンテスト」を2015 年7 月1 日(水)より実施いたします。
コンテスト専用Web サイト: http://www.meiko-book.jp

Clipboard01

当コンテストは、興味を持った本を読んで、感動したことを自分の言葉でまとめ、その本を人にすすめる「おすすめ文」を募集するものです。
第4 回目となる今年は、審査委員長に直木賞受賞作家の朝井リョウ氏を迎え、出版社8 社【朝日出版社 ・ 学研教育出版 ・ KADOKAWA ・ 講談社 ・ 集英社 ・ 小学館 ・ 新潮社 ・ 文藝春秋(五十音順) 】と協力し、推薦図書100 冊を選定しました。応募は推薦図書以外からも受け付け、小中高生であれば誰でも参加できるコンテストです。

Clipboard03
<審査委員長プロフィール/朝井 リョウ(あさい りょう)>
1989 年 岐阜県生まれ。
2009 年『桐島、部活やめるってよ』で第22 回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。
11 年『チア男子!!』で第3 回高校生が選ぶ天竜文学賞受賞。
13 年『何者』で第148 回直木賞受賞。
14 年『世界地図の下書き』で第29 回坪田譲治文学賞受賞。
最新刊は『武道館』(文藝春秋)。

■コンテストの目的
明光義塾では、国語は全教科の学力向上の鍵だと考えています。国語は全ての教科の基礎であり、国語力が弱いと他の教科の問題文を正確に読み解くことも難しくなります。当コンテストの開催により、読書を促進し、国語力を向上させるきっかけになってほしいと考えています。
また、twitter やFacebook などコミュニケーションスタイルも多様化している昨今では、相手に自分の気持ちを伝える力(伝わる表現)がより重要になってきています。当コンテストは読書感想文と異なり、読んだ本について感じたことや意見をまとめるにとどまらず、その面白さを「人にすすめる」という行為を通じて、コミュニケーション力の向上を目的としています。

■第4 回私のおすすめブックコンテスト概要
募 集 期 間    2015 年7 月1 日(水) ~ 2015 年9 月10 日(木)
募 集 内 容    「おすすめ文」大募集
          興味を持った本を読んで、感動したことを自分の言葉でまとめ、その本を人にすすめる文章を投稿。(200 字~800 字)
表 彰        大賞・優秀賞・審査委員長賞・出版社特別賞
応募部門・資格   小学校低学年・小学校高学年・中学生・高校生
応 募 方 法     コンテスト専用Web サイトに投稿または原稿用紙での郵送も可。
           http://www.meiko-book.jp
結 果 発 表     2015 年10 月19 日(月) コンテスト専用Web サイトにて発表
授 賞 式       2015 年11 月15 日(日) 東京都新宿区にて開催予定
審査委員長     朝井リョウ(2013 年直木賞受賞)
協力出版社     朝日出版社 ・ 学研教育出版 ・ KADOKAWA ・ 講談社 ・ 集英社 ・小学館 ・ 新潮社 ・ 文藝春秋 (五十音順)
主 催        明光義塾 http://www.meikogijuku.jp/

■賞・賞品 (優秀作品は表彰し、副賞として賞品を進呈します。)
大賞(各部門1 名・計4 名)     表彰状+選べる「日本の歴史と文化に触れる 感動の旅」
優秀賞 (各部門3 名・計12 名)   表彰状+明光義塾オリジナル文具
※該当人数に満たない場合もあります。
審査委員長賞(1 名)         表彰状+副賞
出版社特別賞(計8 名) 表彰状+出版社おすすめブックセット

■株式会社明光ネットワークジャパン(東証1 部上場) http://www.meikonet.co.jp/
「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発 普及を通じて自己実現を支援する」という 2 つの経営理念を掲げ、「自立学習」「個別指導」 方式による個別指導塾「明光義塾」を直営及びフランチャイズシステムにより全国 2,100 教室以上展開しております。
また、早稲田アカデミー個別進学館(高学力層向け個別指導塾)、明光サッカースクールや明光キッズ(学童保育)など、様々な新規事業にも積極的に着手し、教育・文化事業を核として更なる成長を図り、人づくりのトップカンパニーを目指しております。

< 報道関係者からのお問い合わせ先 >
株式会社明光ネットワークジャパン
プロモーション部 本田
TEL:03-5332-6313 FAX:03-5332-7403
E-MAIL:info@meikonetwork.jp