2015年06月08日

ベルフォーカスの案内役に結月ゆかりが就任 ジオネクサスの次世代呼び出しベルにエーアイのAITalk®が採用

株式会社エーアイ   http://www.ai-j.jp

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下エーアイ)は、高品質音声合成エンジンAITalk®が、5月下旬より全国展開中の株式会社ジオネクサス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:武川 陽一、以下ジオネクサス)の次世代呼び出しベル『ベル フォーカス』の案内キャラクターに就任した『結月ゆかり』の音声として採用されましたことをお知らせします。

ベル フォーカスは、ショッピングモールなどのフードコートやカフェでの飲食注文時、お店からお客様に手渡されます。手のひらサイズの端末にディスプレイがついており、注文料理が出来上がるまでの退屈な待ち時間に、様々な映像コンテンツを再生、視聴することができます。呼び出し時には結月ゆかりの動画と音声により、お客様への案内を行います。現在、フードコートなど様々な場所で「呼び出しのみ」の機能しかない端末が、ベルフォーカスにより楽しいものとなっていきます。

●ベル フォーカス詳細ページ(ジオネクサスサイト)
http://www.geonexus.co.jp/

bell_yukari
BellFocusで案内中の結月ゆかり
©VOCALOMAKETS Powered by Bumpy Factory Corporation.

今回案内キャラクターとして採用された結月ゆかりは、VOCALOMAKETS企画のキャラクターとして登場、株式会社AHSより歌うソフトウェアのボーカロイド、喋るソフトウェアのボイスロイドとして販売中です。この度「待ち時間をさらに楽しくしよう!」というコンセプトの元、歌って喋れる結月ゆかりをベル フォーカスに採用いただきました。
ボイスロイドにはエーアイの音声合成AITalk®が採用されており、今回の「ベルフォーカス」の案内音声としても採用されることとなりました。

今回の提携により、呼び出しの動画や音声はもちろん、様々な音声案内も結月ゆかりが担当いたします。呼び出し時の結月ゆかりは文倉十先生による書き下ろしになっており、動画コンテンツも単にPR広告だけではなく、今後様々なコラボレーションを予定しておりますのでご期待下さい。

ベル フォーカスは、既に全国のイオンモールなどのフードコートを中心に試験導入が行われており、リンガーハット(長崎ちゃんぽん)全店に導入が決まっております。5月下旬からは関東イオンモール、イトーヨーカドーなどのフードコート内や、様々なショップにも導入を進めており、2015年中に約1,000店舗の導入が見込まれております。

 

<音声合成AITalk®とは>
AITalk®は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
①人間の声に近い自然な音声
②20分〜5時間程度の録音で、誰の声でもオリジナルの音声辞書を作成することが可能
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成法方をご提案いたします。
③豊富な話者のラインナップ

【株式会社エーアイ 会社概要】
ホームページURL: http://www.ai-j.jp
本社:東京都文京区本郷1-28-10 本郷TKビル5階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジンおよび関連するソリューションの提供

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エーアイ 担当:藤本
Email:info@ai-j.jp 電話番号:03-6801-8461