2015年06月15日

日本初、音声からの気分解析技術により気分チェックができるウエブサイト・オープン ~スマートメディカル社独自の音声気分解析を活用~

スマートメディカル株式会社   http://smartmedical.jp/

音声気分解析技術を活用したセルフケアツールを提供するスマートメディカル株式会社(本社:東京都、代表取締役:柴崎 望、以下、スマートメディカル)は、音声から簡単に気分をチェックできるウェブサイト、「声ダケノ感情認識テスト」を2015年6月12日に開設しました( https://smartmedical.jp/lab/ )。

 

 

■本邦初、ウェブサイト上で簡単に気分チェックが可能に
昨今、様々な生体情報を検知するセンサーが積極的に開発されている一方、人間の気分を測定する技術の開発はまだまだ発展途上にあります。今回、スマートメディカルでは、これまで可視化しづらかった気分状態を音声から簡単にチェックできるウェブサイトを開設しました。

Clipboard01

スマートメディカルが提供する音声気分解析技術Empath®(エンパス)は、音声の高低や速度、律動、周波数などの物理的な特徴量から気分の状態を独自のアルゴリズムで判定するプログラムです。数万人の音声データベースをもとに、喜怒哀楽や気分の浮き沈みを判定します。また、Empath®クラウドサーバに接続することで、利用者の増加による精度向上や、利用者の個人差や気分状態に合わせたリアルタイムで正確な画面表示が可能となっています。

Empath®の精度と信頼性を向上させるため、スマートメディカルは東京大学、奈良先端科学技術大学院大学と共同研究を行ってきました。この技術はNTTドコモ復興新生支援室が実施する被災地支援事業において被災者支援員の気分チェックに利用されるなど、実際のメンタルヘルス領域でも活用されています。

今回、スマートメディカルはEmpath®を活用して簡単にウェブ上から気分チェックができるサイトを開設しました。ウェブ上から音声で気分解析のできるシステムの構築は本邦ではじめての試みとなります。現在、スマートメディカルではWindows用、iOS用、Android用のEmpath SDK(開発キット)を提供しており、Empath®を活用した音声気分解析はあらゆるサービスの中に簡単に取り入れることが可能となっています。

<スマートメディカル株式会社概要> ( http://smartmedical.jp/)
スマートメディカルは、からだとこころによりそう医療の実現をめざし、PCC(ポータルケア・クリニック)
事業とICTセルフケア事業を展開しています。PCC事業は、駅ナカや駅前など生活動線上の立地に「かかりつけ医」機能を持つ多診療科クリニックを集積し、病気の予防に貢献することを目的としています。ICTセルフケア事業は、音声から気分状態を可視化するエンジン「Empath®(エンパス)」を利用し、メンタルヘルス対策やマーケティング等に役立つアプリケーションを開発しています。本技術は震災後の仙台市の仮設住宅でのプロジェクトでも採用され、利用者の気分状態を検知し、ストレス対処やスタッフの離職率低減に貢献しています。

・設立     :2010年11月26日
・本社所在地 :東京都千代田区紀尾井町3番8号
・代表者    :代表取締役 柴﨑 望
・資本金    :2億3,620万円(資本準備金を含む) ※2015年1月現在
・事業内容  :PCC(プライマリケア・クリニック)事業
                         ICTセルフケア事業
                         バルケー事業

 

 

■お問い合わせ スマートメディカル株式会社 ICTセルフケア事業本部
担当:下地貴明 Tel03-3230-4010 E-Mail:pr@smartmedical.jp