2015年07月10日

ケイアイスター不動産の子ども視点で考えた住まいづくり『Kid’s5』が第9回キッズデザイン賞受賞

ケイアイスター不動産株式会社   http://www.ki-group.co.jp/

 北関東を中心に不動産の販売を行うケイアイスター不動産株式会社(本社:埼玉県本庄市、代表取締役:塙圭二)が提案する子ども視点で考えた住まいづくり「kid’s5(キッズファイブ)」が、特定非営利活動法人(内閣府認証NPO)キッズデザイン協議会主催の「第9回 キッズデザイン賞」を受賞いたしました。

キッズデザイン賞について

Clipboard01
 子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン、創造性と未来を拓くデザイン、そして子どもを産み育てやすいデザインの顕彰制度です。乳幼児用品や玩具などの子ども向けの製品・サービスに限らず、大人向けでありながら子ども目線を持った、良質な商品や施設、プログラム、調査研究活動なども対象としています。

 

キッズデザイン賞受賞の「Kid’s5」

Clipboard03

 この度、「子どもの身体特性や行動特性、不測の状況が子どもにもたらす影響などに配慮し、技術や素材においてもその応用・活用が優れているデザイン」として、「Kid’s5」 が「第9回 キッズデザイン賞」を受賞いたしました。

Clipboard02

 「Kid’s5」は、スイッチやコンセントの位置や安全性、階段の段差や視認性を考慮した設計など、室内においてのお子様の安全、安心、成長のために開発した5つのアイテムの総称です。子どもの安全確保はもちろんのこと、親の育児ストレスの回避にもつながるアイテムを目指しました。
 当社では、子育て支援が分譲住宅デベロッパーとしての責務であると考えています。そうした姿勢を広く社会に示すことで、子育てを第一とするこれからの住宅のあり方としてのスタンダードを確立してまいります。

 昨年、設立25周年を迎えたケイアイスター不動産では、「デザインのケイアイ」をコンセプトにデザインに特化した方針を打ち出し、その一環として開発チーム「K-STUDIO」を発足しました。
 現在、街並みから、住宅デザイン、プロダクト商品など、ブランド力向上の為の開発を行っております。

 

ケイアイスター不動産が目指す【QSC+L】
ケイアイスター不動産では、“高品質”だけど“低価格”な資産価値向上に繋がる住まいづくりを目指しています。
“ケイアイブランド”と称し、従業員一丸となってQSC+L(クオリティー・サービス・クリンリネス+ロープライス)を徹底して行い、商品の品質向上と改善に努めております。

Clipboard06

▼当社の3つのこだわり
・責任施工一貫体制
仕入、設計、施工、販売、アフターまで全て自社で行います。

・20年保証&30年サポートシステム
安心の長期サポート・長期に渡り点検し、必要な保守修繕提案をいたします。

・国内最高レベルの住宅検査
自社スタッフによる施工管理に加えて、日本住宅検査機構(JIO)による瑕疵保険に対応するための検査を実施しています。

Clipboard07
改善サイクルを重ねて、住まいづくりの全プロセスを進化させています。

■ケイアイスター不動産とは
北関東を中心に地域密着型を掲げる不動産のトータルプロデューサー。
2013年3月期の戸建契約実績では、創業以来初の1,000棟を超えました。25期連続増収中。
国内の人口減少が続く中、戸建分譲でドミナント戦略を展開、エリアシェアを高めながら請負を延ばす戦略をとっており、870万円からのローコスト注文住宅「はなまるハウス」の公式応援サポーターとして博多華丸・大吉を起用するなど、新しい取り組みも積極的に行っています。

【会社概要】
社名    ケイアイスター不動産株式会社
代表    代表取締役 塙 圭二
所在地   〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金   23,830万円
設立    1990年11月
社員数   547名(2015年4月1日現在)
URL     http://www.ki-group.co.jp/
事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、分譲マンション事業、総合不動産流通事業、
      アセット事業、管理事業、宅地造成

【報道関係者からのお問い合わせ先】
ケイアイスター不動産株式会社
担当:戦略開発部 真杉 恵美
TEL:0495-27-2772 FAX:0495-25-7272
E-mail:masugi@ki-group.co.jp