2017年07月25日

エーアイの音声合成AITalk®がモノゴコロのAI活用「バーチャルロボットプロジェクト」に採用

株式会社エーアイ   http://www.ai-j.jp

高品質音声合成エンジンAITalk(R)を開発・提供する株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下エーアイ)は、人工知能技術の研究開発をおこなう株式会社モノゴコロ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:船山 聰)の「バーチャルロボットプロジェクト」にAITalkが採用されたことを本日2017年7月25日(火)にお知らせいたします。

AITalk採用のバーチャルロボットプロジェクトは、7月に開催された第1回AI・人工知能EXPOで既に展示されたほか、7月14日(金)よりオープンしたヴィレッジヴァンガード渋谷本店での実証実験が始まる(った)AI店員の「渋谷めぐる」にも活用されます。

■バーチャルロボットプロジェクトへのAITalk採用について
モノゴコロの「バーチャルロボット」は、AIと映像による実写映像、リアルな3D、そしてアニメ風2Dを問わず、様々な姿を持つキャラクター映像の魅力を存分に活かした表現が可能です。
エーアイの「AITalk WebAPI」は、バーチャルロボットの発話音声に採用されています。「AITalk WebAPI」はSaaS型のクラウドサービスなので、ネットワークに接続されたスマートフォンやディスプレイ、テレビなどに登場したバーチャルロボットの音声として、機器に音声合成エンジンを組み込まずに利用可能です。また、「AITalk WebAPI」の感情調整機能により、バーチャルロボットの様々な感情を音声によって伝えることが実現しました。

AITalkWebAPI_logo

モノゴコロ_オレンジlogo

●AITalk WebAPIサービスサイト
http://www.ai-j.jp/cloud/webapi/

●株式会社モノゴコロHP
http://monogocoro.co.jp/

バーチャルロボット
モノゴコロ開発の「バーチャルロボット」

等身大パネル渋谷めぐるH1800_002-2
「バーチャルロボット」を活用したAI店員「渋谷めぐる」

■音声合成AITalk(R)とは
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
(1)豊富な話者と言語
日本語話者は大人から子供まで男女15種類、関西弁にも対応。
言語の種類は36種類以上の豊富な音声ラインナップ。
(2)感情表現も実現
使用するシチュエーションやご用途に合わせた喜怒哀楽の感情表現を実現。
(3)誰の声でも合成データに
芸能人や声優、自分の声でも短時間の収録で音声合成用データに変換。
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。

■株式会社エーアイ 会社概要
ホームページURL: http://www.ai-j.jp
本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10階
設立:2003年4月
事業内容:音声合成エンジン開発
関連するソリューションの提供

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社エーアイ 担当:藤本
Email:pr@ai-j.jp
電話番号:03-6801-8461

※掲載されている会社名・製品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。