2017年09月27日

明光義塾、2020年教育改革を先取り 小中生向け英語新たな学習プログラムを開発 英語学習に関する保護者の不安1位「授業についていけるか心配」

株式会社明光ネットワークジャパン   http://www.meikonet.co.jp/

 個別指導の学習塾「明光義塾」を全国展開する株式会社明光ネットワークジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田上節朗)は、小学生及び中学生向けの英語教育カリキュラムを強化し、小学生向けプログラム「明光みらい英語」及び中学生向けプログラム「明光の中学リスニング」を、2017年10月より一部教室から先行開始いたします。

 2020年度より小学校から順次全面実施される新学習指導要領では、「英語教育」の強化が明記されています。そこで当社ではこれから大きく変わる英語教育を先取りし、コミュニケーションを主体とした本物の英語力が身につく、英語学習プログラムを開発いたしました。
 当社が2017年4月に保護者に行った独自調査でも、保護者の方の英語教育に関する不安の高さが浮き彫りとなり、こうした保護者の方の声にも応えることができる、独自の学習プログラムです。
※明光の英語が新しくなった!Webページはこちらhttps://meikogijuku.jp/english/

 Clipboard01

 

Clipboard01a

 

保護者も2020年の英語教育の変化に不安?(2017年4月実施・独自アンケート調査より)
・英語学習に関する不安1位は「授業についていけるか心配」
・学校の英語授業以外にやっている英語学習1位「学習塾に通っている」

 当社では、全国の小学1年生〜中学3年生の子どもを持つ保護者443名を対象に、子どもの英語学習に関する実態調査を実施しました。
 その結果、お子さまの英語教育に関して保護者が感じている不安として最も多かったのは「学校の授業についていけなくなるか心配(43.3%)」という回答でした。また、学校以外での英語学習状況を聞いたところ、最も多かったのは「学習塾に通っている(22.1%)」という回答でした。

●お子さんの英語学習に関する不安についてお答えください(MA)

 Clipboard01b

●お子さんは学校の授業以外に、どんな学習をしていますか(MA)

 Clipboard02

 

 

小学生対象「明光みらい英語」

 Clipboard03

「明光みらい英語」は小学生を対象とした英語学習プログラムです。
英語によるコミュニケーションを身につけるために必要な「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能を、タブレットとワークブックを使って自ら楽しく学ぶことができる英語学習プログラムです。
タブレットでは「Chants(チャンツ)」「Talk(会話)」「About myself(自己紹介)」「Phonics(フォニックス)」の4つを毎回のレッスンで学ぶことで、「聞く」「話す」を中心に、英語らしい発音を自然と身につけていくことができます。またワークブックでは、タブレットで学んだ内容をふまえて、「読む」「書く」を中心にていねいに学んでいきます。
スタートからゴールまで10級の級立てと120のステップに分かれており、今の自分のレベルを理解しながら、着実に英語の力を身につけることができます。
※1 「チャンツ」とは日常的な話し言葉をリズムに乗せて表現したもので、言語のおもしろさを楽しむきっかけになるだけでなく、子どもたちの柔軟な耳を鍛え、英語の音を聞き分けられる耳を育てることができます。
※2 「フォニックス」とは英語の「発音」と「文字」の関係性を学ぶ学習法であり、知らない単語でも耳で聞いただけでスペリングがわかり、正しく書くことができるようになります。

 Clipboard04

 

Clipboard05

株式会社mpi松香
フォニックス
会長松香洋子

フォニックス指導の第一人者として著名な松香洋子先生が、1979年に創業されたmpi松香フォニックス社のメソッドを取り入れ共同開発した、明光義塾オリジナルの小学生向け英語学習プログラムです。

Clipboard07

 英検4級レベル、英単語1,200語の語彙習得を目指せるプログラムです。

 

 

 

中学生対象「明光の中学リスニング」

 Clipboard01hhh

「明光の中学リスニング」は90分の英語授業の中でリスニング対策ができるプログラムです。
近年の高校入試におけるリスニングは、音声スピードが速くなり文章量も増加しているため、繰り返し英語を聞いて、英語を日本語を介さずに英語で理解する「英語耳」をつくることがとても大切です。「明光の中学リスニング」では、90分の英語授業の中で約10分間タブレットを使ったリスニング演習を行い、徹底して「英語耳」を鍛えます。
またタブレットを使い、ご家庭で手軽に、継続して演習することで、実践で使える英語力をしっかりと身につけることができます。Clipboard02ggg

「明光の中学リスニング」4つのメリット
メリット1「英語耳」を作るのに十分な約600問の演習問題を用意しています!年間を通して学習し「聞く」力を育成します。
メリット2:明光義塾は個別指導!だから「自分のレベル」に合わせて受講できます。
メリット3:英語授業の中で入試や定期テストに必要な「英語力」を身につけることができます。
メリット4:明光義塾やご家庭で高校入試や定期テストレベルのリスニング対策ができます。

「明光の中学リスニング」を体験した生徒の声を紹介します。
●家庭学習の時間が増えた!(中学3年生)
学校ではリスニングの時間が少なく、苦手意識もあったので家でできるようになってうれしいです。気づくと1時間以上やっていることも多く、勉強時間が増えました。
●自信を持って答えられるようになった!(中学3年生)
前置詞や冠詞がつながっていると聞こえなくなり、今までほとんど勘で解いていましたが、受講後の中間テストでは自信を持って答えることができました。力がついたと思います。

 

明光義塾とは
個別指導による自立学習を通じて、創造力豊かで自立心に富んだ生徒を育てる個別指導塾です。
生徒が自ら進んで学習する、「自立学習」を身につけることこそが、成績を上げ、志望校の合格を目指すための近道です。自立学習を身につけるのに最も適した指導法が、個別指導であり「明光式!自立学習」です。

Clipboard03sss

明光義塾の教育理念
明光義塾では教育理念を「個別指導による自立学習を通じて、創造力豊かで自立心に富んだ21世紀社会の人材を育成する。」と定めています。明光義塾は教育理念の下、個別指導のパイオニアとして、長年にわたり信頼と実績を培ってきました。今では日本全国に2,000教室以上を展開しています。これからも明光義塾は個別指導No.1学習塾として、数多くの生徒の夢の実現、成績向上をサポートし、合格へ導いていきます。

本当の学力が身につく明光の個別指導
明光義塾の個別指導は、生徒に対して必要以上に教え込むことはしません。できるだけ自分で考え、調べ、答えを導き出せるよう指導します。生徒たちが将来、様々な問題にぶつかったとき、どのような手段で問題を解決し、目標を達成していけばよいのか、「考える力」と「実行する力」を勉強を通じて身につけてほしいと考えています。

自立への第一歩「明光式!自立学習」
「明光式!自立学習」は「勉強の仕方」、「勉強の教え方」、「未来教育」の3つからなる、生徒を自立学習に導き、成績を向上させる明光義塾オリジナルの指導法です。

 Clipboard04sss

 

■株式会社明光ネットワークジャパン(東証1 部上場)( http://www.meikonet.co.jp)
「教育・文化事業への貢献を通じて人づくりを目指す」、「フランチャイズノウハウの開発普及を通じて自己実現を支援する」という2つの経営理念を掲げ、「自立学習」「個別指導」方式による個別指導塾「明光義塾」を直営及びフランチャイズシステムにより全国2,000 教室以上を展開しております。

Clipboard06aa

【1ページ目の調査概要に関して】
1、対象:Fastask:全国の子どもを持つ保護者有効回答数443名
2、調査方法:インターネット調査
3、調査期間:2017年4月〜5月
※掲載しているグラフや内容を引用する場合には、「明光義塾調べ」と明記してください。

※プレスリリースに掲載されている内容、仕様、サービス、お問い合わせ先、その他の情報等は発表時点の情報となります。
その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

【本プレスリリースに関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社明光ネットワークジャパン
マーケティング部担当:金(キム)
TEL:03-5332-6313 FAX:03-5332-7403
E-MAIL:meiko-pr@meikonetwork.jp