2012年04月10日

「シングルサインオンの導入状況」~1,001名以上の大企業では44.1%が導入済み、パスワード所有数は「2~3個」が30.9%~ IT製品情報サイト『キーマンズネット』IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかる「IT担当者300人に聞きました」コーナーにて「シングルサインオンの導入状況」に関するアンケートの結果を発表

株式会社リクルート   http://www.recruit.co.jp/
株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するIT製品情報サイト『キーマンズネット』( http://www.keyman.or.jp/ )は、IT製品の導入状況や製品の選定ポイント、IT担当者の関心事がわかるコーナー「IT担当者300人に聞きました」を公開しています。
今回は企業のIT担当者644人を対象に「シングルサインオンの導入状況」を調査。「導入のきっかけ」や「重視ポイント」、「満足度」などから企業の現状が明らかになりましたので、調査結果の一部をお知らせします。
 
▼「シングルサインオンの導入状況」記事はこちらから
 
――――――――――――――――――――
■1,001名以上の大企業では44.1%が導入済み、パスワード所有数は「2~3個」が30.9%
――――――――――――――――――――
「シングルサインオンの導入状況」について尋ねたところ、「既に導入済みである(追加リプレイスなし)」が20.0%、「既に導入済みである(追加リプレイスあり)」が3.0%、「新規で導入を検討している」が7.5%、「必要性を感じるが導入は検討しない」が43.9%、「必要性を感じない」が25.6%と続き、まとめると全体では23.0%が「導入済み」、10.5%が追加リプレイスも含め「検討中」という結果となった。また、追加リプレイスの有無を合わせて「導入済み」と回答している割合を従業員別に見ると、100名以下の中小企業では6.0%、101~1,000名以下の中堅企業では17.3%、1,001名以上の大企業では44.1%と、従業員規模が大きくなるにつれて「導入済み」の割合が大きくなる傾向にあった。
関連して全体に「パスワード所有数」を尋ねたところ、1位は「2~3個」で30.9%、2位は「4~5個」で28.4%、3位は「11個以上」で17.3%、4位は「6~10個」で16.9%、5位は「0~1個」で6.4%と続く結果となった。
 
▼「シングルサインオンの導入状況」記事はこちらから
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。
 
――――――――――――――――――――
■導入のきっかけは、導入済み、導入予定ともに「ユーザ側の業務効率化」が1位に
――――――――――――――――――――
次に、シングルサインオンを「導入済み」「導入予定」と回答した方に、「導入のきっかけ」について尋ねたところ、導入済みでは1位「ユーザ側の業務効率化」55.2%、2位「ID/パスワードの急増」44.8%、3位「個人属性ごとのアクセス管理が必要になってきたから」34.3%、4位「内部統制対策」32.9%、5位「管理者側の業務負担軽減」32.2%、6位「情報漏洩対策」30.8%と続き、導入予定では、1位「ユーザ側の業務効率化」59.0%、2位「ID/パスワードの急増」50.8%、3位「管理者側の業務負担軽減」44.3%、4位「情報漏洩対策」32.8%、5位「個人属性ごとのアクセス管理が必要になってきたから」31.1%、6位「内部統制対策」24.6%と続く結果となった。
 
上位2項目に変化はなかったが、導入予定では「管理者側の業務負担軽減」が順位を3位に上げるなど、ID/パスワードの急増と比例して増えるユーザ・管理者の手間を削減するために導入検討する企業が多いようだ。
 
▼「シングルサインオンの導入状況」記事はこちらから
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。
 
――――――――――――――――――――
■重視ポイント、導入済みでは「安定性」が、導入予定では「運用コスト」がトップ
――――――――――――――――――――
シングルサインオンを「導入済み」「導入予定」と回答した方に「導入時の重視ポイント」を、「最も重視する」から「3番目に重視する」まで回答してもらった。その結果、導入済みでは1位「安定性」52.9%、2位「運用コスト」50.0%、3位「導入コスト」47.1%、4位「セキュリティ」42.9%、5位「管理のしやすさ」29.3%と続いた。これを「最も重視する」と回答した割合で見ると、1位「セキュリティ」23.7%、2位「導入コスト」22.3%、3位「安定性」20.9%、4位は同率で「運用コスト」「拡張性(アカウント数や対象システムなど)」7.2%となった。
 
システムの操作・管理におけるユーザの利便性向上とセキュリティ強化がシングルサインオンの主な目的であるため、「セキュリティ」はもちろん、ユーザに余計な負担がかからないような「安定性」や「拡張性(アカウント数や対象システムなど)」を重要視しているようだ。また、シングルサインオンは、導入によって直接的に企業の売り上げにつながるITツールではないため、導入や運用にかかる「コスト」を重要視している傾向にもあるようだ。
 
▼「シングルサインオンの導入状況」記事はこちらから
※記事の一部は公開しておりますが、全てご覧頂くには無料の会員登録が必要です。
 
<調査概要>
○調査期間:2012年2月21日~2012年2月28日
○有効回答数:644
○調査対象:キーマンズネット会員
 
――――――――――――――――――――
◆キーマンズネットとは?
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、3,000点以上のIT製品情報を掲載した会員制サイト(無料)です。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。
 
▼「キーマンズネット」はこちらから
 
▼「IT担当者300人に聞きました」オススメ記事はこちらから
 
◆企業におけるIT戦略面での優先事項(2011年)
 
◆企業におけるログの管理状況
 
◆ほかにもまだまだあります!「IT担当者300人に聞きました」記事一覧
 
▼「Facebookページ」はこちらから
 
▼リクルートについて
 
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
――――――――――――――――――――