2012年08月01日

リクルートの1カ月限定のWEB展覧会 8月度 「ナガバサヨ “2011・1~2012・5”」本日オープン

株式会社リクルート   http://www.recruit.co.jp/
株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営する2つのギャラリー「クリエイションギャラリーG8( http://rcc.recruit.co.jp/ )」「ガーディアン・ガーデン( http://rcc.recruit.co.jp/gg/ )」は、本日1カ月限定のWEB展覧会の8月度をオープンいたします。
 
 
 
▼WEB展覧会はこちらから
 
 
▼ギャラリー情報はこちらから
 
 
 
 
――――――――――――――――――――
 
■「ナガバサヨ “2011・1~2012・5”」概要
 
――――――――――――――――――――
 
「WEB GALLERY」は、ウェブサイトのみで毎月1カ月間限定で公開する展覧会として2011年6月にスタートし、これまでガーディアン・ガーデンと関わりのある作家12名の作品を紹介してきました。8月度は、現代美術家のナガバサヨさんを紹介します。ナガバサヨは、ソファやクッションの中綿を押さえるボタンやピアノの鍵盤をモチーフに描いた作品で、第28回グラフィックアート『ひとつぼ展』に入選し、第1・3回グラフィック「1_WALL」のファイナリストに選出されました。ナガバはそれらをモチーフに、似たような形や色、空間などが同じようなリズムで規則正しく並ぶ姿を繰り返し描き写しています。そして、描き写そうとする時にある法則を見つけることができれば新しい表現になる、それらがどんどん増殖する中に新しい風景が見えてくる、とナガバはいいます。審査の際には、「見ていると不安になる」、「神経を直接触られる感じ」、反対に「軽やかでハッピーになれる」と両極端の反応があり、「言葉で説明できない何かが伝わってくる」とも評されています。今回も同じようなモチーフをチラシの裏面等に描き写し、チラシの表面の情報が透けて写り込んでも、それらを表現に取り込み作品化しています。
 
 
 
<プロフィール>
 
ナガバサヨ Sayo Nagaba
 
1982年福島生まれ。福島在住。
 
東北芸術工科大学美術科洋画コース卒業。
 
2012年5月:ナガバサヨ展「透明空気、浮く/沈む」 ギャラリー・スイフル
 
2010年:第3回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト
 
2009年:第1回グラフィック「1_WALL」ファイナリスト
 
2007年:第28回グラフィックアート『ひとつぼ展』入選
 
 
 
▼WEB展覧会はこちらから
 
 
▼ギャラリー情報はこちらから
 
 
 
 
――――――――――――――――――――
 
■ギャラリーについて
 
――――――――――――――――――――
 
リクルートは、メセナ活動の一環として、東京銀座に「クリエイションギャラリーG8」と「ガーディアン・ガーデン」の2つのギャラリーを運営しています。「クリエイションギャラリーG8」は、グラフィックデザインに焦点を当てたデザインギャラリー。「デザインとコミュニケーション」をテーマに、国内外を代表する作家から、先鋭的な送り手の作品をご紹介しています。展覧会ごとに「クリエイティブサロン」というトークショーを開催するなど、作品だけでなく送り手の発想や行動の背景・過程を分かりやすくお伝えできるスペースを目指しています。1985年に「G7ギャラリー」としてオープンして以来、広告・グラフィックデザイン・アートを通じて、来場者の方々に「コミュニケーション」の原点を考える場として親しんでいただいております。また、「ガーディアン・ガーデン」は若手クリエイターに表現する「機会」と「場所」を提供することを目的に1990年にオープン。グラフィック、写真を中心としたコンペティション・ギャラリーとして、公募展を中心に活動を展開しています。
 
 
 
▼ギャラリー情報はこちらから
 
 
 
 
▼リクルートについて
 
 
 
 
――――――――――――――――――――
 
【本件に関するお問い合わせ先】
 
 
――――――――――――――――――――