2012年08月06日

~うつ病、命の大切さを考える機会に~ Watari氏のこころの健康を考える講演会プログラム

株式会社ペルソン   http://www.personne.co.jp/
 講演講師の依頼代理業務を行う株式会社ぺルソン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡邊陽一)は、当社が運営する講演会の講師紹介サイト「講演依頼.com」で、かつてテレビ番組の企画で社交ダンス講師として芸能人への指導などで活躍したWatari(当時、亘肇夫として出演)氏の心の健康と命の大切さを考える講演会プログラムを新たにリリースしました。
 
■自治体主催の命の大切さを訴える講演会が増加
 現代人のほとんどが予備軍だと言われる「うつ病」。昨今では、うつ病の認知度、理解度も高まってきているため、うつ病の社員や家族に対しての対応の仕方も広まってきています。しかしながら、まだまだうつ病の重大さを過小評価され、自殺へつながってしまうケースも少なくありません。そんなうつ病で苦しむ方々の少しでも救いとなり、自殺予防を呼びかける場として、自治体を中心に「命の大切さ」をテーマとした講演会の開催が増えています。弊社での受注もうつ病、メンタルヘルスやワークライフバランスが注目された2005年から年間の実施数が約
10倍にも拡大しています。
 
■講演会そのものが癒しと励ましになるプログラム
 うつ病で悩んでいる方の多くは、誰にも相談できない状況にある場合があります。今までの企業や自治体のアプローチは、「うつ病について知ることで、対処法を理解する」というものでした。しかしながら、自分がうつ病だと気付いていない人やうつ病だと認めたくない人がそうした講演会へ足を運ぶことは、なかなかありませんでした。そんな中で次第に増えてきたのが、著名人によるうつ病の体験談を話す講演会です。うつ病と直接関係ないかもしれないが、話は聞いてみたいと会場へ訪れる人が少しでも増えれば、うつ病の潜在患者へのアプローチも可能です。
 講演依頼.comでは、そのアプローチをさらに一歩進め、講演会自体がうつ病を予防する手段でもある、心の健康を保つための時間となるようなプログラムを企画リリースしました。
 
 講師は、日本TV系列のテレビ番組「ウリナリ!芸能人社交ダンス部初代コーチ(金髪先生)」として出演もしたWatari氏(当時は亘肇夫として出演)。Watari氏が語る自らのうつ病との闘病とうつ病が原因で自殺した母とのエピソードなど実体験から命の大切さについて語るだけではなく、ギターの弾き語りでこころの健康を保つための癒しの空間を演出するプログラムとなっています。
 
=Watariの心の健康と命の講演 演奏会プログラム=
振付師で知られているwatari氏が、自身が体験したうつ病について、また10年の闘病の末に心から感じた「命の大切さ」をテーマにお送りする講演と生演奏を組み合わせた特別講演会です。 
独演会のお話だけでなく、その後に音楽が合わさることにより、より特別感を感じられ印象に残るイベント。
 
 
【プログラム詳細】
①Watari氏による講演会「命リセット」
②ギタリストとWatari氏による生演奏「命」
 ※Watari氏弾き語りの場合有。Watari氏自らの思いを込めて創作した曲「命」を演奏。
●プログラム料金:30万円~ (消費税別・2~3名分交通費・宿泊費別) 
 
 
●watari(わたり としお)プロフィール
健康教育学者/心理カウンセラー
芸術療法士(音楽療法・ダンスセラピー・演劇療法)
演出家・振付師 
 

 

東京大学教育学部健康教育学科卒。健康教育学士。学位論文は「ダンスセラピー」。
医学誌「日経メディカル」(日経BP社)記者、教育誌「キャリアガイダンス」(リクルート)記者を経て、演出家・振付師に転身。映画「Shall we ダンス?」では、芸術監督として、
ダンス関係のすべての演出・振付・出演者全員のダンス指導を担当する。
また、日本TV系列のテレビ番組「ウリナリ!芸能人社交ダンス部初代コーチ(金髪先生)」として出演もした。
しかし、母親の突然の自殺から自責の念に駆られ、「うつ病」になり、自ら経営していた会社の倒産、自己破産を経験し、自らも自殺を試みたが、命を取り留め、10年間の闘病生活に入る。
その後、自身のうつ病の経験を綴った闘病記『リセット(健康ジャーナル社・刊:watari著)』を出版し、社会復帰を果たす。現在は、心理カウンセラー・音楽療法士・ダンスセラピストとしての活動を始め、全国各地で「うつ病対策」、「自殺防止対策」、「人権問題」などのテーマで
精力的に講演活動を行っている。
 
 
「講演依頼.com」とは  http://www.kouenirai.com/
2000年6月オープンの、講演者と依頼者をつなぐマッチングサイト。
5,000名以上の講演者が登録しており、経歴や実績、講演テーマなどの詳細情報を
検索・閲覧することができます。ジャンルなどで講演者を選べるだけでなく、 地域や料金といった要素でも講師を探すことができます。
 
<株式会社ペルソン 会社概要>
会社名 株式会社ペルソン
代表者 代表取締役社長 渡邊陽一
設立 1995年12月21日
資本金 2,650万円
住所 〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町7-3  トミー・リージェンシー3F
電話番号 03-5457-1266
FAX番号 03-5457-0231
事業内容 講演依頼.comの運営
文化人やスポーツ選手の講演講師依頼代理業務
企業向け研修業務
文化人やスポーツ選手の広報・PR支援
文化人やスポーツ選手のホームページ制作
 
企業理念は「価値観の伝達」
世の中には様々な価値観が存在しています。人間が成長していく上で大切なのは、どれだけ多くの価値観に出会え、そしてそれらの価値観をどれだけ素直に認められたかにあると考えています。当社では、人から人へと「価値観を伝達」することができる「講演」を通して、様々な価値観を伝達することで、社会に貢献いたします。
 
また、当社では、講演だけでなく人材育成を目的とした研修プログラムの開発、紹介も行っています。
研修事業を通して、「企業(社員)」・「企業のお客様」・「社会」の三者がそれぞれ、発展・成長・満足するという、“三方良し”の近江商人の経営理念に基づき、「三方のグッドサイクル」を実現することを目指しています。
 
【講演依頼に関するお問合せ先】
講演依頼 ご相談窓口
TEL:03-5457-1266
※講演依頼の件でとおっしゃっていただくとスムーズです。
 
【当リリースや取材に関するお問合せ先】
株式会社ペルソン
業務推進部 広報担当 馬場真由香
mayuka@personne.co.jp
電話:03-5457-1266 FAX:03-5457-0231