2012年11月21日

現役女子大生が注目企業を独自取材! 『こころざし応援団』 取材社数50社達成 ~独自のビジネスモデルで社会へ貢献する“こころざし“を持った企業をインタビュー~

株式会社パラドックス・クリエイティブ   http://www.prdx.co.jp/
 株式会社パラドックス・クリエイティブが運営する、現役女子大生による企業インタビューサイト「こころざし応援団」( http://www.prdx.co.jp/ouendan/ )では、2012年11月、累計取材社数50社を達成いたしました。
 
 「こころざし応援団」は、起業の想いやビジネスへの情熱など、”こころざしの高い”と思う企業を、現役女子大生が自ら選定し、体当たりで取材、記事として紹介する企業インタービューサイトです。
 経営者がもつ様々な”こころざし“を、同年代の学生たちへ発信することで、こころざしを持つことの大切さや将来の多様な進路の道筋を提示することを目的としたプロジェクトです。
 2012年4月にスタートした「こころざし応援団」には、現在9名の学生が所属。この度11月に累計取材50社を達成いたしました。
 今後はさらに学生主体のプロジェクトとするべく、12月からは日本写真芸術専門学校の生徒と連携し、写真撮影も学生だけで実施いたします。また、将来的には全編集部を学生で運営していく予定です。
 
こころざし応援団: http://www.prdx.co.jp/ouendan/
 
■取材社数50社達成!こころざし応援団からのメッセージ
 
社会の問題に対して「なるほど!そんなアプローチがあったのか!」と思わせてくれるような、いい意味で期待を裏切ってくれる企業を探して取材しています。
たくさんの社長さんにお話を伺って、「働く」ということは自分のためではなく、誰かの役に立つためなんだと改めて実感するようになりました。
こころざし応援団を通して、「働く」ということについて考え、自分からアクションを起こす学生を増やしていきたいと思います。
 (慶應義塾大学 法学部政治学科 高見悠里)
 
 
ビジネスモデルが面白いと感じたり、社長ブログ等を読んで、会ってみたいと思った企業に取材しています。 
取材を通して、企業理念というものが非常に大切であることが分かりました。また、日々小さな目標を持ち、その目標に向けて頑張ることが大切だと気付きました。こころざしは、”持つもの”ではなくて、”実現するもの”だと思います。”想い”を胸に抱くことは簡単ですが、その”想い”を実現するために走り出すことで、”想い”が”こころざし”に変わるんじゃないかな、と思います。
こころざし応援団を通して、目標を持つことの大切さを、他の学生にも伝えていきたいと思います。
 (早稲田大学大学院 創造理工学研究科 建築学専攻 細川芽衣)
 
 
 こころざし応援団では、独自のビジネスモデルで社会に貢献しようとする志を持って、ビジネスに取り組んでいる方を応援し、またそうした方々の志を、同じ学生へ伝えることで、志を持つことの大切さを伝えたい、という想いからスタートしたプロジェクトです。応援団が大切にしたいことは、自分たちの目で耳で、しっかりとその志を理解すること。
 そのため「こころざし応援団」では、取材企業の選定からインタビュー、記事の作成まで全て学生が体当たりで行っています。学生ならではの視点で、自らが感じた“こころざし”を取材しています。
 
 
世の中を良くしようとする熱いビジネスへの想いを体当たりで取材しています。
 
  
これまでの取材企業(一部):株式会社カンバン娘、株式会社エニグモ、株式会社アニバーサリープランニング
 
現在9名の現役女子大生が所属している『こころざし応援団』では応援団も募集しています。
世の中を良くしようと、大きなこころざしを持って、ビジネスやプロジェクトを立ち上げた人たち。
そうした方々を取材し、記事にすることで、真剣に、真摯に生きる経営者やリーダーのみなさんから学ぶことがたくさんあるはず。たくさんのこころざしを応援する中で、応援団の皆様自身の成長の機会にもして頂けたらうれしいです。
 
 
こころざし応援団: http://www.prdx.co.jp/ouendan/
 
【読者/視聴者からのお問い合わせ先】
株式会社パラドックス・クリエイティブ 
TEL:03-5414-5920
 
【当リリース、取材に関してのお問い合わせ先】
株式会社パラドックス・クリエイティブ 
担当:深澤・池戸 
Tel:03-5414-5920  Fax:03-5414-5921
Mail:ouendan@prdx.co.jp