2012年11月22日

新婚旅行は10年前と比べ「高額」「遠方」「長期」がキーワード。「一生に一度だから」が合言葉。新婚旅行は奮発の傾向に。 ~『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)より~

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ   http://www.recruit-mp.co.jp/
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 鬼頭 秀彰)が運営制作する結婚情報誌『ゼクシィ』では毎号さまざまな特集をしています。
『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)では「みんなの新婚旅行 The Honeymoon News」と題して、新婚旅行の最近の傾向や、先輩花嫁の実態について掲載しています。
その中から一部ご紹介いたします。
 
▼『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)の立ち読みはこちら
 
――――――――――――――――――――
「一生に一度だから」が合言葉。新婚旅行は奮発の傾向に
――――――――――――――――――――
 
【10年前とどう変わった?新婚旅行、何でもデータ比較】
 
■平均旅行日数
 
2002年 7.3日間 → 2012年 7.1日間
 
平均旅行日数は10年前とほぼ同じ。平日5日間休んで、土日をプラスしている人が多いもよう。
 
 
■ふたりの平均旅行費用
 
2002年 48.3万円 → 2012年 56.1万円
 
ふたりの平均旅行費用(お土産代除く)を10年前と比べると7.8万円もアップ。一生に一度の思い出に投資。
 
 
■行き先
 
2002年 
1位 日本国内(23%)
2位 ヨーロッパ(18%)
3位 ハワイ(14%)
4位 オーストラリア・ニュージーランド(13%)
5位 アジア(ビーチ含む)(11%)
2012年
1位 ヨーロッパ(27%)
2位 ハワイ(20%)
3位 日本国内(17%)
4位 南太平洋・インド洋ビーチ(11%)
5位 アジア(ビーチ含む)(6%)
 
2001年に起こったアメリカ同時多発テロ事件の影響もあり、10年前は行き先別に見ると国内が最多。
現在は円高もあり比較的費用の高いヨーロッパが増えている。
 
 
――――――――――――――――――――
ハネムーンで重視したことTOP5
――――――――――――――――――――
 
1位 行き先(428pt)
2位 現地での過ごし方(175pt)
3位 ホテルなど宿泊施設(131pt)
4位 休みやすい時期(113pt)
5位 滞在日数(79pt)
 
※10の選択肢から重視した順に3つ選んでもらい、重視した順に3pt、2pt、1ptを加算し合計ptを算出。
 
 
――――――――――――――――――――
みんなが受けたハネムーン特典、多かった順ランキング(回答数221/複数回答)
――――――――――――――――――――
 
1位 シャンパン、ワインなどのドリンクサービス(72件)
2位 ケーキ、フルーツ、チョコレートなどのフードサービス(52件)
3位 花や写真立てなどの記念品のプレゼント(31件)
4位 部屋のグレードアップ(21件)
5位 リムジンでの送迎など特別な体験のプレゼント(19件)
6位 特別なディナーのプレゼント(15件)
7位 フラワーバスのサービス(12件)
8位 機内食がハネムーン仕様(11件)
9位 特別なベッドメーク(10件)
10位 飛行機で隣同士の座席を確約(9件)
 
ハネムーンプランを選べば、宿泊先がグレードアップされたり、シャンパンやワインのサービスがあったり。
リゾート地では、花びらのかわいいベッドメークなど、行く先々でハネムーナーは祝福される。
 
 
――――――――――――――――――――
ハネムーナーたちのケンカの原因ランキング(回答数74/単一回答)
――――――――――――――――――――
 
1位 疲労(20ケンカ)
2位 意見の違い(11ケンカ)
2位 失敗(11ケンカ)
4位 思いやり不足(9ケンカ)
5位 面倒くささ(5ケンカ)
 
長期にわたって準備してきた結婚式を無事に終えて、心身共に疲れがドッと出る1カ月未満のタイミングに、いざ新婚旅行へ!というカップルは半数以上。
そのため「特に理由はないけれど、お互いにイライラしてしまって・・・」と反省する人が多く、「疲労」がケンカの一大要因。
 
 
その他、先輩花嫁の新婚旅行の実態などの情報は『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)で!
 
▼『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)の立ち読みはこちら
 
 
◆データ出典
・2012年8月に実施した花嫁1000人委員会のメンバー223人が回答したアンケート
・2002年と2012年の比較データ:各年の「ゼクシィ結婚トレンド調査(首都圏版)」
※小数点以下の四捨五入の関係で一部調査データと異なる表記がありますが誤りではございません。
 
▼「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」詳細はこちら 
 
―――――――――――――――――――
◇『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)について
――――――――――――――――――――
 
■今月の編集記事ラインナップ ※版によって異なります
・結婚準備の「予想外!」大解決Special
・自己負担金50万円以下で、“したい結婚式”できました!
・“しっかり準備”で親も喜ぶ。「親あいさつ」「婚約食事会」「結納」ダンドリ
・結婚式の[前日&当日]48時間、大・大・大公開!
・風間ゆみえ監修 レディライクな花嫁になる お色直しSelection
・「私、こうしてもらっちゃいました」先輩花嫁のエンゲージリングSTORY
・花嫁下着を味方につけて Let'sめりはりBodyメイク!
・みんなの新婚旅行 The Honeymoon News
・花嫁になるあなたへ捧ぐ、本と映画。
 
■ゼクシィオリジナル特典付録
・可愛すぎる CD&DVD携帯ケース
・“Amazing Grace”for our Wedding (Boys Ⅱ Men /moumoon)<ゼクシィ限定盤>
 
■綴じ込み付録
・ゲストおもてなしカンペキBOOK
・お花コーディネートBOOK for wedding
・結婚式のスナップ写真そのままオーダーシート
・結婚するふたりのための家計・年金・保険がわかる本
 
 
▼『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)の立ち読みはこちら
 
――――――――――――――――――――
◇「花嫁1000人委員会」・「花婿100人委員会」について
――――――――――――――――――――
 
『ゼクシィ』を一緒に作ってくれる先輩花嫁・花婿の登録メンバーです。
『ゼクシィ』の記事には、たくさんの先輩花嫁・花婿の体験談やアドバイスが紹介されています。
Webアンケートや電話取材への協力、座談会への参加、さらに撮影参加など活動もさまざまです。
 
▼「花嫁1000人委員会」・「花婿100人委員会」について
 
▼「花嫁1000人委員会」へのエントリーはこちらから
 
▼「花婿100人委員会」への登録はこちらから
 
 
――――――――――――――――――――
◎参考 結婚情報誌『ゼクシィ』媒体概要
――――――――――――――――――――
 
ホテルや専門式場、チャペルレストランなど様々なスタイルのウエディング会場をはじめ、ジュエリーやドレス、引出物、二次会会場など、ブライダルに関する情報を掲載しています。
 
誌名:ゼクシィ    
発行開始日:1993年5月24日  
発行エリア:全国 19版  
部数:約30万部
発行サイクル:毎月23日~25日 ※版によって異なる 
定価:300円~500円(税込) ※版によって異なる
※「青森・秋田・岩手版」「宮城・山形版」「福島版」は特別価格210円
シリーズ :『ゼクシィ国内リゾートウエディング完全ガイド』
『ゼクシィ海外ウエディング完全ガイド』『ゼクシィAnhelo』
Webサイト:『ゼクシィnet』(PC)『ケータイゼクシィ』(携帯)
 
▼『ゼクシィnet』はコチラから
 
▼ブライダル総研はこちら
 
▼株式会社リクルートマーケティングパートナーズについて
 
▼株式会社リクルートホールディングスについて
 
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
――――――――――――――――――――