2012年12月06日

TOEIC驚異!! の990点満点35回更新中!! イングリッシュ・モンスター菊池健彦 待望の新刊!! 世界では、日本は「こんな」ふうに言われてますよ!イングリッシュ・モンスター、世界に抗議する

ナラド エンタテインメント株式会社   http://www.narado-ltd.com/
テレビ、新聞、雑誌などで話題のイングリッシュ・モンスター菊池健彦氏が大和書房より新刊 『世界では、日本は「こんな」ふうに言われてますよ!』 を刊行しました。
 
<本書の内容>
●ひきこもり時代に読みあさった一流の英米メディア「エコノミスト」「タイム」「ニューズウィーク」。それらに書かれた日本の記事があまりにも誤解に満ちた内容であることに驚愕した著者・菊池氏。それ以上に驚いたのが、日本人がそのように世界で認識されているということすら知らないということでした。
 
●本書では、1章日本人の国民性、2章日本という社会、3章日本人の恋愛、4章日本人の英語、5章日本の教育、6章日本のカルチャー、7章日本のスポーツ、8章日本の食文化、9章日本の報道、10章日本の政治、11章日本と領土問題、12章東日本大震災、という項目に分類し、日本人が気になる「日本人は世界にどう見られているのか?」について書いています。そして、イングリッシュ・モンスター菊池氏が日本を勝手に代表して、ひとつひとつの記事に反論したり、鋭い指摘にときにはうなずいたりしています。
 
●英米人には奇異に映る日本人の血液型至上主義から、東日本大震災における世界の報道まで、硬軟織り交ぜて「日本人が知らない、日本人の評判」について書いています。
 
●日本のメディアに対しては比較的左翼的思考、しかしながら英米メディアに対しては右翼的思考になる菊池氏。本人自ら「英語右翼」と語ります。
 
●学者や専門家ではない、独自のユニークな視点で反論する菊池氏の説。
 
●ぜひ一読くださいませ。
 
【本書の一部内容】
◎ダルビッシュはアメリカ人が見てもBigらしい
◎オリンパス騒動、世界にさらすニッポンの恥!
◎エコノミストが涙した南三陸町「遠藤さん」の話
◎石原慎太郎は、「大衆受けする右翼の政治家」!?
◎英米メディアが批判する、あるガーナ人の死
などなど。
 
大和書房 46並製 価格1300円+税
 
<菊池健彦 の紹介>
1959年 青森県生まれ。北海道大学文学部を卒業後、一度は就職したものの、約10年で退社。
引きこもりの生活に入る。 何もする事が無いので英語学習を始める。7年間の引きこもり生活で貯金を使い果たし、社会復帰を決意。試しに受けたTOEICテストで、いきなり970点をマーク!その後、英語教師の職を得て、TOEICのスペシャリストとなった。現在も驚異の990点満点を取り続け、その記録を更新中!現在まで留学はおろか、海外渡航の経験は一度も無い。34歳から独学で英語をマスターした日本最強のイングリッシュ・モンスターと呼ばれている。
 
本件に関するお問い合わせ:  
書籍に関する取材や問い合わせ、著者インタビューなど、どしどしお待ちしています。
 
ナラド エンタテインメント株式会社 
担当: 川村   携帯: 050-3690-2212  Fax: 03-3371-3009  
Email: kawamura@narado-ltd.com