2012年12月13日

アニメ「ラストエグザイルー銀翼のファムー」が、日本の伝統工芸品とコラボレーション!! 高岡漆器 螺鈿付アイフォンケース、予約販売開始

株式会社NoMark   http://zerogo.jp/
2012年12月15日、新時代の銘品を生み出すプロジェクト「銘品零号」(運営会社 株式会社NoMark/代表取締役社長 玉井晴貴)は、TVアニメ「ラストエグザイルー銀翼のファムー」©2011 GONZO/FAM PARTNERSと日本の伝統工芸品のコラボレーション商品として「ディーオ螺鈿付アイフォンケース」の予約販売を開始しました。
 
【コラボ商品について】
日本の伝統工芸品である富山県の高岡漆器を使用したアイフォンケース。
描かれているキャラクターは、銀翼のファムの登場キャラクター人気投票第1位であるギルドのプリンシパルディーオ・エラクレア。漆の高級感に高岡漆器特有の「螺鈿」でキャラクターが蝶と戯れる様子を職人の手で再現しています。銘品零号でしか手に入らない限定品です。
 
商品名:ディーオ 螺鈿付きアイフォンケース
サイズ:幅6.2cm×高さ11.7cm厚さ1cm(4、4S用)幅5.9cm×高さ12.4cm厚さ0.1mm(5用)
価格(白):5250円(税込み)
 
「銘品零号」とは?
一流のアニメ作品と銘品のコラボレーションを世界中に届けたい。
「人気アニメ・漫画作品」と「全国各地の伝統工芸品、名産品」とのコラボ商品の企画・販売を実現するユーザー参加型のWebサイト。地域の発展、社会貢献を目指し、日本独自の新しい価値の創造を目指します。
●銘品零号公式Webサイト http://zerogo.jp/
 
「武蔵川工房」について
労働大臣認定一級漆器製造(螺鈿作業)技能士第一号の職人による技。
創業明治43年。螺鈿師である武蔵川義則が、武蔵川工房の3代目に就任。
1985年以降、通商産業大臣認定資格、伝統工芸氏にも認定され、数々の賞を獲得。
伝統工芸高岡漆器の青貝加飾の製作を中心に、広く青貝螺鈿加飾の可能性を探り、建築、家具、金属製品への青貝加飾も手掛け創作に励んでいる。
 
「ラストエグザイルー銀翼のファムー」とは?
2003年に放送されたLASTEXILEの2年後を描いた物語である。
GONZO20周年記念として、監督 千明孝一、キャラクターデザイン 村田蓮爾、プロダクションデザイン小林誠などの制作スタッフが再集結し2011年10月より放送開始。
オリジナルの設定、人気のあった脇役はそのままに、主人公と世界観を一新した。
今作では国を背負う一人の王女と、飛行機乗り2人の女の子の成長譚を機軸として、戦争について、命について、友情について、愛についてなど、より深く人間のドラマを描き感動を呼んだ。海外でも同時放送、配信を行い人気を博す。
 
報道関係の方のお問い合せ
株式会社NoMark
担当/玉井
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-8-3TOC 第1ビル8階
Email :haruki.tamai@nomark.jp
Tel & Fax:03-6407-8878