2013年02月15日

20年にわたる認知症の妻の介護。その軌跡を綴った『昌枝、俺の人生をおまえにあげる』を発売。

株式会社現代書林   http://www.gendaishorin.co.jp/
株式会社現代書林[住所:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本桂一]は、アルツハイマー型認知症の妻との在宅介護20年を綴った『昌枝、俺の人生をおまえにあげる』(中野 則行著)を2013年2月14日に発売しました。
 
妻や夫が認知症になったらあなたはどうしますか?
すべてを捨てて家族の介護ができますか?
50代で若年性アルツハイマー病に罹った妻。モーレツ営業マンだった夫はすべてを捨てて妻の介護に飛び込んだ。
夫は愛する妻の入院や施設入所を断固拒否、あくまでも在宅にこだわり20年の長きにわたり世話をしてきた。稀有な「老々介護」の事例でもある。
発症時の具体的なエピソードから、アルツハイマー型認知症の終末期(Ⅲ型)に入った現在の状況までを詳述。認知症治療のカリスマである河野和彦医師の解説も入り、家族の介護に直面する人々にとってのお役立ち情報やアドバイスも満載。
 
—目次—
プロローグ 男の認知症介護、私の場合
第1章 イントロダクション・・・・・仕事人間を突然襲った妻の病気
第2章 熱愛編・・・・順風満帆、幸せいっぱいだった家庭生活
第3章 介護のコツ編・・・・・豹変した妻、戸惑いまくる夫
第4章 自分編・・・・・介護する側の心身が健全であること
第5章 昌枝編・・・・・認知症が進んでも心の通い合う夫婦でいられることに感謝
エピローグ 私の生きがいは、昌枝です
 
〈資料編〉介護家族が知っておきたい認知症の基礎知識
 
—著者紹介—
昭和13年、大阪府河内長野市生まれ。
平成3年ごろ妻がアルツハイマー型認知症を発症し、以来20年に渡り、介護と看病にたづさわる。
現在は、認知症の患者家族の現状を広く世の中に伝えるべく、講演や執筆などの活動も行っている。
 
 
当書籍の商品画像など概要につきましては、
などをご覧ください。
また、弊社の書籍は全国の書店、「amazon」「楽天ブックス」などの通販サイトなどでご購入が可能です。
 
<商品概要>
■商品名:昌枝、俺の人生をおまえにあげる
■著者名:中野 則行
■発売日:2013年2月14日
■定価:1470円(税込)
■判型:四六判
■ページ数:176ページ
 
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社現代書林
〒162-0053
東京都新宿区原町3-61 桂ビル
TEL:03-3205-8384
FAX:03-3205-8285