2013年03月07日

じゃらん国内線LCC利用実態調査(2013)●直近1年間の飛行機利用者(旅行、帰省)のうち、LCC利用者は7%で、関西居住者の割合が高い。●認知度、満足度ナンバーワンは「ピーチ・アビエーション」。●LCC利用者の今後の意向は96%。非利用者でも63%と高い。

株式会社リクルートライフスタイル   http://www.recruit-lifestyle.co.jp/
株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚優)に設置された観光に関する調査・研究、地域振興機関「じゃらんリサーチセンター(以下JRC)」( http://jrc.jalan.net/  センター長:沢登次彦)は、この度、全国の、国内旅行・帰省で飛行機を利用した方を対象に、国内線LCC(ローコストキャリア=格安航空会社)に関する調査を実施しました。その結果をお知らせいたします。
 
――――――――――――――――――――
・・・主な調査結果・・・
――――――――――――――――――――
【国内線LCC利用実態】---------------------------
利用者出現率は7%、男女とも20代の「若年層」で出現率が1割以上。
最初のLCC就航エリア「関西」、ついで「九州・沖縄」居住者の利用率が高い。
満足度は、認知率がトップで、若者イメージが高めの「ピーチ・アビエーション」が1位。
 
□直近1年間のLCC利用者の出現率は、7%。男女とも20代では1割を超える出現率。
□最初の就航エリアである関西や九州・沖縄居住者の割合が高い。
□LCC各社の評価は、「ピーチ・アビエーション」が満足度9割でトップ。3社中最下位の「エアアジア・ジャパン」も7割で、全体的に満足度は高い。ターゲット層に重なる「若者向けの」イメージは「ピーチ・アビエーション」が36%と最も高い。「ピーチ・アビエーション」は認知率も76%と高く、LCC各社の中では一歩抜きんでた評価。
□LCCのイメージは「全体的に価格が安い」「コストパフォーマンスが良い」など。「マイレージやポイントプログラム」「座席の広さ」「遅延・欠航のリスクが少ない」などは、利用の有無にかかわらず「あてはまらない」と認識されている。
 
【今後のLCC利用意向】-----------------------------
利用者の今後のLCC利用意向は96%に達する。非利用者でも6割を超える。
「男性20代」や今後就航が予定される「東北エリア」で高い傾向。
 
□利用者における今後の利用意向は96%。非利用者でも63%と高い。
□男性20代で利用意向が9割以上。「ピーチ・アビエーション」の就航を控える東北では「積極的に利用したい」が34%、利用意向は86%と他エリアよりも高め。
 
【LCCのマーケットへの影響】----------------------------
LCCは旅行意欲の促進効果あり。
「浮いたお金」のうち、7割が旅行市場(交通費除く)で消費が増加したと推測される
 
□“LCCがなければ利用していた交通機関”は、既存航空会社が7割。
□「今まで飛行機を利用したことがなかったがLCCをきっかけに初めて利用した」人は16%。「今まで飛行機を利用したことがあり、LCCをきっかけに飛行機の利用回数が増えた」(54%)、など促進効果あり。
□LCC利用で“得をした”という意識は高い。浮いたお金は「現地滞在の買い物や食事などで少し贅沢した」が41%。なんらかの形で浮いたお金を使う意向がある人が7割。
 
 
▼リクルートライフスタイルについて
 
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
――――――――――――――――――――