2013年04月22日

ネット選挙支援インターネットサービス ネット選挙の無党派層浸透戦力は、「①インターネット先陣+②ホームページ受皿+③組織固め」 で整います。

株式会社プロストサイト   http://www.prostsite.co.jp/
ネット選挙解禁法案の平成25年4月19日国会成立を機に、株式会社 プロストサイト(本店横浜市)はネット選挙支援インターネットサービス受付を開始いたしました。
1990年代からの選挙支援システム開発経験と、5年掛かりで開発の人材系システム技術ドッキングによるインターネット選挙支援パッケージサービスです。ネット選挙時代で必須といわれるパーソナライズメルマガを始めとするデジタル選挙の七つ道具で、ネット選挙をサポートいたします。
 
ネット選挙の無党派層浸透戦力は、「①インターネット先陣+②ホームページ受皿+③組織固め」 で整います。①は、ネット選挙の情報発信の最重要部分として政党と候補者による部分です。その勢いを一過性で終わらせないためには、受皿と票固めの②+③が勝負どころとなります。
②はデジタル選挙戦力としてのネット連動性が不可欠で、24時間受皿の働きと組織固めの中継ぎ役割を求められます。解禁前の旧型ホームページの補修では間に合いません。弊社サービスは、②+③実践戦力の一括ご提供です。
 
国政選挙の資源は事務所の選挙区名簿です。デジタル選挙時代においても、選挙資源が選挙区名簿であることに変わりはありません。変わるのは、その集め方とスピードです。
②では、1日24時間ネット連結のデジタルスピードの名簿生成が行われます。この名簿生成は、非改選の選挙や日常のネット活動を介して年間を通して行われます。重要な点は、①連動の受皿であることです。短期選挙戦では、①での候補者自身による丁寧なつど応答は事実上不可能です。②の受皿を備えないと、ネット選挙が無力化あるいはマイナス作用の懸念すらあります。未経験ネット選挙の大きな落とし穴ですが、②で解決できます。
 
以上に加えて、事務所の 「省力化、コスト削減」 のデジタル選挙改革が抜本的に進みます。ネット選挙解禁の恩恵です。
デジタル選挙戦力の全容は、個別開催の無料セミナにてご紹介させて頂きます。具体的なサービス機能構成は、弊社のデジタル選挙対応型モデルサイトで一式ご覧頂けます。サービス運用は、無料お試し運用による実務ご検証を前提としております。
 
システム戦力が前面に出るネット選挙での優先課題は、ネット連動の戦法学習です。弊社は長年の選挙システム実務経験をもとに選挙の七つ道具を活かした実務戦法について、 「各種テーマ解決誌上実践セミナ」 の形でホームページ掲載しております。この機会に是非ご覧ください。
 
■ネット選挙時代の組織固めのあらまし
 
ネット選挙組織固めの詰めのステップです。パーソナライズ・メルマガ配信がここでも戦力となります。たとえば、地域の学校区演説会告知は学校区検索絞り込みの往復はがき型交信によります。自動応答記録により、今までのはがきや電話を併用するとしても省力化が改革的に進みます。メルマガ配信は、新しいインターネット名簿と後援会名簿の両方が対象です。こうして、組織固めが進み選挙資源が醸成されます。
 
■デジタル選挙対応型ホームページ ※ネット選挙時代の中心戦力
ネット選挙解禁は、デジタル選挙改革です。ネット選挙にフィットする②の役割のホームページが、戦力体制の中心です。弊社は、デジタル選挙対応型モデルサイト(政党ホームページ)を併せてオープンいたしました。②+③一体のネット選挙に求められるバックオフィス戦力機能一式をサポートいたします。
 
1. 26機能メニュー構成: デジタル選挙改革一貫対応
→ 無党派層浸透の新しい組織固め+省力化+改革的経済効果
2. 14セクション構成のオンラインホームページ更新
→ 選挙活動関連全ページのリアルタイム更新と履歴更新 ※サイト対策の最優先マター
3. 7メニュー構成のパーソナライズメルマガ
→ 無党派層浸透後援会組織固めの必須戦力
 
▽ プロストサイト公式ホームページ(ネット選挙支援サービスのご案内
▽ ネット選挙実践誌上セミナ
▽ デジタル選挙対応型モデルサイト(政党ホームページ)
 
<本件に関するお問い合わせ>
株式会社プロストサイト 営業担当 本間 (ホンマ) までお願いいたします。
Tel: 045-252-5840 Fax: 045-252-5879 Email: honma@prostsite.co.jp