2013年06月12日

日仏技術開発企業LM3 LABS が、仏大統領の日本公式訪問に同行、代表団に最新技術のプレゼンテーションを行う日仏パートナーシップ強化の一環として、国際交流コミュニティ「東京インタラクションセンター」を再開

LM3LABS株式会社   http://lm3labs.com/

LM3 LABS株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:三崎 由美子、以下、LM3 LABS)の共同創立者およびCOOニコラ・ロイヨは、フランスのオランド大統領の日本公式訪問(6月6日~8日)に際し、政治・経済・文化各界の公式代表団の一員として、仏大統領に同行しました。
LM3 LABSは、渋谷ヒカリエのKDDIショールームにて開催された技術展示会で、ファビウス外相、ペルラン中小企業・イノベーション・デジタル経済担当相らの大臣を伴う大統領の代表団に対し、コンピュータ・ビジョン最新技術を基盤とする画像認識システム「Xloudia (クラウディア)」のプレゼンテーションを行いました。
さらにニコラ・ロイヨは、ルノー名誉会長ルイ・シュバイツァー氏主宰の「成功したパートナーシップ」をテーマとした日仏企業経営者昼食会に参加しました。
席上、ルノー社長カルロス・ゴーン氏、東芝社長佐々木則夫氏の講演の後、オランド大統領は、日仏間の経済協力の重要性、および日仏企業のパートナーシップの相補性を繰り返し強調しました。
10年来、日仏企業として、日本やフランスおよび多くの国々で、最も高い質を求める顧客のために、先端技術を提供してきたLM3 LABSにとって、共感の念を強くするメッセージです。
この日仏パートナーシップ活性化の重要な機会に、研究者、デザイナー、芸術家および起業家など、幅広い分野を対象とする国際交流コミュニティ「東京インタラクションセンター」(以下、TinC)を、2013年6月13日より再開いたします。

LM3LABSについて:
LM3LABSは2003年7月に設立されました。東京、南仏ソフィアアンチポリス、シンガポールに拠点があります。LM3LABSはコンピュータ・ビジョンのパイオニアとして、世界中の最も高い質を求める顧客のために、3DFeelからCatchyoo 、Ubiq’window、Moovaction、AirStrike、Xloudiaまで、先端技術を提供しています。さらにLM3LABSは、インタラクティブ技術に関心を持つ研究者、デザイナー、芸術家および起業家が集う東京インタラクション・センターを創始/主宰しています。

LM3LABS株式会社 ホームページ: http://lm3labs.com/
東京インタラクションセンター ホームページ: http://tokyo-interaction.org/
Xloudia ホームページ : http://xloudia.com

お問い合わせ:
LM3LABS株式会社
〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-43 K’sPlace202
Tel: 03-6228-1553
Fax: 03-4496-4371