2013年07月31日

現代書林 住宅の競売を回避し、任意売却でローン破綻を解決する方法を紹介した新刊を発売

株式会社現代書林   http://www.gendaishorin.co.jp/

住宅ローンが破綻した場合に競売を回避するための唯一の方法である任意売却。その8つのメリットを5つの具体事例を提示しながら紹介します。

—内容紹介—
株式会社現代書林[住所:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本桂一]は、住宅ローンが破綻した場合に競売を回避する唯一の方法である任意売却を紹介する『住宅ローンが払えなくても家族が幸せに暮らせるたった1つの選択肢』(落合 聡志著)を2013年8月6日に発売します。

中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)が2013年の3月末で遂に期限を迎え、住宅ローンが支払えなくなる人が多く出るだろうと予想されています。 そうなると、多くの場合が「競売」にかけられ、安いお金しか戻ってきません。

ですが、任意売却という制度を使えば、

1.売却価格が高くなる場合が多い 
2.残債の処理がし易い 
3.明け渡し時期の猶予が通り易い 
4.プライバシーが守られ易い 
5.慣れ親しんだ土地から出なくても良い場合がある 
6.引っ越し代などの必要経費が手元に残る場合が多い 
7.精神的に前向きになれる 
8.話し合いによる円満解決で債務者再建型 (競売は最終清算型)
とメリットが多くあります。

住宅ローンの滞納の危機にあっても「家族が幸せに暮らせる方法」がありますよ。 という事を伝えています。

—目次—
第1章・「家を失う」ということ
第2章・身に迫る「競売」とはどういうものか? 
第3章・競売を回避する方法。それが任意売却
第4章・任意売却成功のカギは信頼できる業者を選ぶこと

—著者紹介—
1970年生まれ。
システム開発会社のプログラマーを勤めた後、不動産業界に転職。
資金計画システムのプログラムを組み営業に活用した他、営業に結びつく技術や専門知識をがむしゃらに身につけてトップセールスとなる。
その後、埼玉北部及び群馬県エリアナンバーワンの不動産会社へ転職。
営業の最前線で販売活動に励む。グループ会社を任され、グループトップの実績を獲得。
  2007年に独立し、群馬県伊勢崎市にビューハウス株式会社を創業。
2011年「任意売却24hネットワーク」の運営を始める。
現在、ビューハウス株式会社代表取締役、全国不動産流通ネットワーク協会代表理事、任意売却24hネットワーク本部代表。

当書籍の商品画像など概要につきましては、弊社ウェブサイトをご覧ください。
http://www.gendaishorin.co.jp/……15677.html

また、弊社の書籍は全国の書店、「amazon」「楽天ブックス」などの通販サイトなどでご購入が可能です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4774514241
http://books.rakuten.co.jp/rb/……/12386980/
http://www.honyaclub.com/shop/……g15086067/

<商品概要>
■商品名:住宅ローンが払えなくても家族が幸せに暮らせるたった1つの選択肢
■著者名:落合 聡志
■発売日:2013年8月6日
■定価:1365円
■判型:四六並製
■ページ数:192ページ

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社現代書林
http://www.gendaishorin.co.jp/
〒162-0053
東京都新宿区原町3-61 桂ビル
TEL:03-3205-8384
FAX:03-3205-8285