2013年08月01日

講演会からトレンドを伝える講演依頼.comニュースレター Vol. 06 2013.7-8合併月

株式会社ペルソン   http://www.personne.co.jp/

【目次】
インタビュー/コラムPickUP
講演依頼.comをつくる人びと
今月の人
研修トレンド情報
お知らせ
会社概要
お問い合わせ先

講演依頼.comでは、講演会を通して「価値観の伝達をする」の経営理念のもと、講演会という切り口から人や情報のトレンドを定期的にお伝えしていきます。

また講演依頼.comで展開していく新サービスや㈱ぺルソンの活動についてもお伝えしていきます。
よりお役にたてる情報の発信と共に、顔の見えるサービスの提供を目指します。

▼インタビュー/コラムPickUP
講演依頼.comでは、旬な講師の考え方やライフスタイルに迫るインタビューを掲載しています。
また人気講師による寄稿コラムも姉妹サイト講師の心.comで連載。そのインタビューとコラムから特におすすめ記事をPickUPして、ご紹介します。

スペシャルインタビュー

人材育成のスペシャリスト川口雅裕さん
http://www.kouenirai.com/profi……iro_iv.htm

■川口雅裕さんプロフィール
京都大学教育学部卒業後、株式会社リクルートコスモス(現株式会社コスモスイニシア)入社。
人事部にて、採用、労務管理、教育研修、人事制度の設計などに従事。その後、経営企画室へ異動し、広報業務を経て、2003年株式会社マングローブ取締役関西支社長に就任。
関西地区の主として中堅・中小企業を対象として、組織人事コンサルティング(人事制度の改定・構築、組織活性化に関するアドバイスなど)を行うほか、人事分野の講演活動を積極的に展開する。2010年株式会社イニシアチブ・パートナーズ設立代表取締役関西を拠点に、コンサルティング、研修、講演活動を展開し、活躍中。

Clipboard01

『人が育つ組織はここが違う!ー人材育成の考え方と現場のリーダーシップ』

企業の成長に大きく関る<人材育成>の問題。常に課題は山積みで、次から次へと解決すべき問題が持ち上がる。その状況を脱することはできないのか。
『だから社員が育たない~部下育成のためにやめるべきことすべきこと』の著者であり、研修や講演、組織人事のコンサルティングを行う川口雅裕さんに話をうかがいました。

インタビューの中で、川口さんは「学ぶことを人材育成の軸に据える」ことが重要だと提唱されています。組織が成長し続けるためには、新たなものを学びとることが必要であり、社員自らが積極的に学ぶ姿勢を作れるかどうかで、大きくその成長は変わります。

自ら伸び続ける社員を育て、その仕組みを作るために、研修担当者に何ができるのか。そして現場のリーダーは何をすべきなのかを研修講師と人事担当経験者の両方の目線からお話しいただきました。

 

講演依頼.comをつくる人びと

講演依頼.comで働くスタッフのご紹介や講演の現場でのレポートなど、講演と弊社をより身近に感じていただける内容をご紹介していきます。

榎坂伸也(マーケティング&プロモーション部)

みなさまにご利用いただいている講演講師の情報サイト講演依頼.comの制作をしているのが、マーケティング&プロモーション部です。

Clipboard02

今回は、講師の先生方にご登録いただく際窓口や先生のプロフィールの作成、講演依頼.comのコンテンツページの制作を担当しているのが、榎坂です。

普段はあまり講演に同行する機会の少ない部門ですが、主催者様のニーズや聴講者みなさまの反応などを登録時にお伝えしたり、トレンドの情報をキャッチするためにも定期的に、営業社員と一緒に現場に足を運んでいます。

聴講者のみなさまの声を客観的な面だけではなく、自分自身がしっかり体験することで、臨場感のある声をお届けできます。
みてください!この笑顔!楽しむときにはしっかり楽しむ。それがペルソン流です。

この一枚は、クラウンKとして世界中で活躍している大棟耕介さんとの一枚。こうした体験のひとつひとつをノウハウとして蓄積し、よりよい講師ご紹介へつなげています。

 

今月の「人」

講演依頼.comの姉妹サイト「講師の心.com」で紹介している今月の注目講師の動画コンテンツ「今月の『人』」。動画コンテンツの内容や撮影時の裏話など、より講師を知っていただける内容をご紹介します。

今月の「人」:岩田松雄さん(元スターバックスコーヒージャパンCEO)
http://www.kouenirai.com/profi……e/5422.htm

Clipboard03

■岩田松雄さんプロフィール
1982年に日産自動車入社。製造現場、セールスマンから財務に至るまで幅広く経験し、社内留学先のUCLAビジネススクールにて経営理論を学ぶ。帰国後は、外資系コンサルティング会社、日本コカ・コーラ常務を経て、経営者として頭角をあらわし、(株)アトラスの代表取締役として、3期連続赤字企業をターンアラウンド、(株)イオンフォレスト(THE BODY SHOP Japan)の代表取締役社長としての売上倍増、スターバックスコーヒージャパン(株)のCEOとして業績向上等、“専門経営者”として確固たる実績を上げてきた。
講演では、プロの経営者としての経営論から人材育成、キャリア形成まで、幅広いテーマで講話する。

■岩田さんの講演のおもしろポイント!
ゲーム会社のアトラス、BODY SHOP、スターバックスなど誰もが知る企業の社長を務めた岩田さんが、企業にとって重要だと感じたもの。それは「ミッション」。

講演では事例を交えながら、ミッションの大切さやリーダシップのあり方を成長企業の基礎を気づいた松田さんから伺うことができます。

 

研修トレンド情報

今号よりコーナーを増やし、人材育成のヒントや研修に関する情報を発信していきます。講師紹介の会社だからこそできる、「人」の成長についての情報が詰まったページとして、情報をご紹介。

セールスプロモーションと研修のよい関係

■セールスプロモーションは「人」から
弊社では様々な研修をご依頼いただいておりますが、中でも多いのがセールスプロモーションの一環としての研修です。もちろん社内研修に比べると少ないものの、研修実施の目的の中で大きい割合を占めています。

この研修は、メーカー様が主催となり、ある商品の売り上げをより伸ばしたい、あるいは商品の新発売に合わせて行うキャンペーンでの売上確保のために販売代理店の営業やセールス担当者へ商品情報とともに売れる技術を提供するためのものです。

いくら商品が良くても売る人が優秀でなければ、売上にはつながりません。そのために販売代理店だけでは行えないセールスのノウハウを学ぶ研修を提供するのです。

■なぜ、セースルプロモーションに研修なのか
いま、消費者はインターネットでの情報収集が容易になったこともあり、とても商品に詳しくなっています。またサービス慣れもしているため、自分で納得しないと購入しません。ですから、セールスプロモーションでは、パンフレットの制作や販売店への商品説明、マスコミ等へのPR、消費者へのキャンペーンなど商品情報を消費者に適切に伝えるための方法を考えることは、とても重要なことです。

しかし、商品力がいくら強くても高額商品だったり、店舗での販売商品の場合、どうしても商品に興味を持っていただいたお客様に購入という行動を起こしていただくためには、人の力が必要になります。ご不明点を説明したり、商品価値や使用者の声を事例として話すなど、買いたいけれど決心がつかないお客様の背中を押す行為が必要だからです。

いかに納得してご購入をいただけるか。そのためには、この人からなら買っても大丈夫だ、という安心感を醸成する必要があります。それはマニュアルだけでは、得ることのできないノウハウです。

■セールスプロモーションで研修をうまく活用するには
こうした研修の場合、できるだけ具体的に研修を行うことが売上アップという目的達成につながるポイントです。その商品を確実にお客様にセールスできるように訓練・練習する場ですから、そうでなければ意味がありません。

そのため、研修の中で行うロールプレイングの題材には実際の商品を使用し、商品説明の際に使用するパンフレットやツールも用意し、いかにお客様に商品をアピールできるか、どうすれば「買いたい」と言っていただけるのかをトレーニングします。
明日からお店や商談の場面に立って、すぐに実践できるように、です。

より成果の出るプログラムを主催者様と一緒に作り上げるために、弊社では、研修担当講師と研修のプロによるスタッフで、販売店の課題を見つけだすミステリショッパーや販売そのものの流れを見直す販売手法コンサルティング、店舗運営をスムーズに行うための店長研修なども含め、販売戦略と連動し、トータルに「人」へのSPアプローチを行い、人材育成とセールスプロモーションがよい関連を保ちながら、売上向上という目的達成に向かえるようサポートしています。

やはり最後は「人」。それはいつの時代も変わることがないようです。

(講演依頼.com 研修担当:馬場真由香)

 

お知らせ

ビジネスマンの新・必須スキル「財務・会計」特集がオープン
http://www.kouenirai.com/toku/……killup.htm
リーダーシップやコミュニケーションなどに並び、今やビジネスマンの新たな必携スキルとも言われ始めた数字に関するスキル。しかし、身に付けるにはコツがいるもの事実です。
講演依頼.comでは、財務・会計に関する知識を入門編から専門家対象まで幅広くレクチャーいただける先生方をご紹介した「財務・会計特集」をオープンさせました。ぜひ、ご活用ください。

「講演依頼.com」とはhttp://www.kouenirai.com/
2000年6月オープンの、講演者と依頼者をつなぐマッチングサイト。
5,000名以上の講演者が登録しており、経歴や実績、講演テーマなどの詳細情報を検索・閲覧することができます。ジャンルなどで講演者を選べるだけでなく、地域や料金といった要素でも講師を探すことができるほか、専門のスタッフへ相談しながら講師を探すこともできます。

<株式会社ペルソン会社概要>
会社名 株式会社ペルソン
代表者 代表取締役社長 渡邊陽一
設立 1995年12月21日
資本金 2,650万円
住所 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル7F
電話番号 03-6434-9192
FAX番号 03-3478-0272
URL http://www.personne.co.jp/
事業内容 講演依頼.comの運営
文化人やスポーツ選手の講演講師依頼代理業務
企業向け研修業務
文化人やスポーツ選手の広報・PR支援
文化人やスポーツ選手のホームページ制作

講演依頼.com facebook公式ページ
https://www.facebook.com/Koueniraicom

企業理念は「価値観の伝達」
世の中には様々な価値観が存在しています。人間が成長していく上で大切なのは、どれだけ多くの価値観に出会え、そしてそれらの価値観をどれだけ素直に認められたかにあると考えています。当社では、人から人へと「価値観を伝達」することができる「講演」を通して、様々な価値観を伝達することで、社会に貢献いたします。

また、当社では、講演だけでなく人材育成を目的とした研修プログラムの開発、紹介も行っています。
研修事業を通して、「企業(社員)」・「企業のお客様」・「社会」の三者がそれぞれ、発展・成長・満足するという、“三方良し”の近江商人の経営理念に基づき、「三方のグッドサイクル」を実現することを目指しています。

株式会社ペルソン 代表取締役社長 渡邊陽一
1967年、東京都生まれ。明治学院大学卒業後、報知新聞社に入社。2年後退職し、ニート期間を経て知人のベンチャー企業に入社。95年、株式会社ペルソンを設立。新聞広告代理業、スポーツ選手のマネジメント事業などを経て、2000年6月、「講演依頼.com」事業を開始。

Clipboard04

報知新聞社に入社後、広告営業として働くが3年後に独立。
95年、広告会社ペルソン・アンド・ペルソンエンターテイメント(有)を設立。
当時、インターネット普及の波が押し寄せてきたこともあり、業務の一つとして、トライアスロン選手のHP作成を請け負う。HP経由で、選手への講演依頼が入るようになったことから講演に着目。自ら業界を調べていくうちに、どのような人が、どのような講演を行っているのか、費用はいくらか、といったことが不明瞭で、講演者選びも、業者がおすすめする講演者の中からしか選びづらい、という実情に注目。主催者が講師を選ぶ場をもっと増やしたいという思いから、WEB上で講師を紹介することを思いつき、2000年「講演依頼.com」事業を発足。

 

【講演依頼に関するお問合せ先】
講演依頼.com ご相談窓口
電話でのお問合せ:03-6434-9192
http://www.kouenirai.com/entry/sodan.htm

【当リリースや取材に関するお問合せ先】
株式会社ペルソ広報担当馬場真由香
gyosui@personne.co.jp
電話:03-6434-9193 FAX:03-3478-0272