2014年12月04日

『真心(メッセージ)を伝えることで感動を生む』人が人にギフトを贈る時に、モノと同時に贈り手の真心(メッセージ)を感動とともに贈る「アイギフトメッセージ」の提供開始 http://igm.tokyo/

株式会社ライトアップ   http://www.writeup.co.jp/

コンテンツの企画・制作をおこなう、株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 白石崇)は、合同会社IGMと共同でギフトと一緒にデジタルメッセージ(音声・静止画・動画など)を贈る「アイギフトメッセージ」のサービス提供を開始しました。

 ◆ 「アイギフトメッセージ」の理念
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   I「私」/愛「LOVE」/IT「情報技術」/EYE「眼」

 「アイギフトメッセージ」の「アイ」はこれらを表しています。

人と人とのコミュニケーションや、感動を体現させる手段として従来から行われている「品物を贈る」、「文章を送る」という形態に加え、近年ではインターネット網を介したバーチャルなメッセージを送る形態が普及し、定着しつつあります。

「アイギフトメッセージ」は、リアルなモノを贈るという行為にバーチャルなメッセージを同時に届けることで、贈り手の真心(メッセージ)を受け手により深く感動をもって伝えることができます。

なお、本サービスからの感動を最も享受しにくいと想定される視覚障がい者の方々への支援の一環として、本事業利益の一定割合を盲導犬育成のために寄付することを予定しています。

 ◆ しくみと特徴
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1)ギフト購入者にメッセージ登録用のID・パスワードを発行

2)ギフト購入者はデジタルメッセージ(音声・静止画・動画)を作成し、「アイギフトメッセージ」サービスにアップロード

3)ギフトの受け手は、ギフトに同封されるメッセージ閲覧用のID・パスワードを使用してデジタルメッセージを閲覧

「アイギフトメッセージ」により、リアルとバーチャルの融合が生む感動、タイムラグにより感動が深まる面白さを提供します。

時間に縛られずにメッセージの閲覧ができることや、受け手のメールアドレスが不明でもメッセージが送信できることも特長です。

 ◆ ユーザーニーズとメリット
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「リアルなメッセージを気軽にギフトと同時に届けたい」個人のニーズ、「ギフトビジネスの付加価値を高め利用者の拡大を図りたい」企業側のニーズを実現し、導入企業様オリジナルのギフトビジネスを確立します。

 ◆ サービス提供体制
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
特許・商標の権利を持つ合同会社IGMより許諾を受けた株式会社ライトアップにて実施します。

システムは24時間365日体制で管理されるサーバー群でサービスを提供、初期設定時に登録者と閲覧者がセットになったファイルを提供します。

ビジネスモデル特許取得済 特許番号 第4314343号
商標登録済 商標登録番号 第5005622号

企業様ごとの活用シーンをご提案します。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

 「アイギフトメッセージ」サイト: http://igm.tokyo/

【企業概要】
  株式会社ライトアップ
  代表者:代表取締役社長 白石 崇
  所在地:東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
  サイト: http://www.writeup.co.jp/

◆ お問い合わせ先
  株式会社ライトアップ iクリエイショングループ
  電話:03-5784-0703 担当:加藤・津島
  お問い合わせ: https://www.writeup.co.jp/igm/contact/