2015年02月18日

現代書林 新刊書籍『ともに歩む認知症医療とケア』を発売

株式会社現代書林   http://www.gendaishorin.co.jp/

専門医ではなく、地域のかかりつけ医が中心となって認知症の治療に取り組む「地域包括ケア」を紹介する

株式会社現代書林[住所:東京都新宿区、代表取締役社長:坂本桂一]は、患者さんと家族が笑顔になれる認知症への取り組みを紹介する『ともに歩む認知症医療とケア』(大場 敏明/高杉 春代:共著)を2015年2月13日に発売しました。

患者さんの懐に飛び込む「地域のかかりつけ医」としての実践、「もの忘れ外来」の開設、認知症の人が「行ってみたくなる介護事業所」の運営、患者さんの「自分史づくり」の試みとサポート等々。

すべては認知症患者が不当に拘束されることなく「その人らしい」人生や生活を送りつつ治療とケアを受けられるための取り組みだったのです。

「地域包括ケア」で認知症の治療にあたる、クリニックふれあい早稲田と医療法人アカシア会の15年の先進的活動を紹介。認知症医療関係者と患者の近親者必読の一冊です。

 

—目次—

はじめに

プロローグ 患者さんの「その人らしい生活と人生」を支えて

第1章 「認知症急増時代」医療の主役は「かかりつけ医」に 大場敏明

第2章 「地域包括ケア時代」かかりつけ医が取り組む認知症医療 大場敏明

第3章 認知症医療の重要なパートナー、認知症ケア 高杉春代

第4章 家族と地域と「ともに歩むケア」が、患者さんを輝かせる

おわりに……高杉春代 おわりに……大場敏明

—著者紹介—
大場 敏明
千葉大学医学部卒業。
千葉大内科研修を経て、地域病院(柳原病院・船橋二和病院・東葛病院・三郷協立病院など)や診療所勤務。
老人病院勤務時代、認知症(当時は痴呆症)医療の現実に疑問を感じ、2000年、埼玉県三郷市にクリニックふれあい早稲田を開業。
「町医者」志向で地域医療を担い、認知症グループホームや通所介護事業所など六つの介護事業所を運営。
医療・介護・地域(家族)の認知症ネットワーク構築を推進し、「認知症医療新時代、かかりつけ医が主役」を提言。
三郷市認知症ネットワーク会議座長・市介護保険運営協議会委員・市介護認定審査会(元)会長・市医師会(元)理事・埼玉県保険医協会理事長。

高杉 春代
保健師・主任介護支援専門員
1971年、岩手県立衛生学院卒業。
1973年、松戸市に入職し母子保健活動を展開。
この間、東京大学医学部母子保健学科に1年間研究生として通学。
1982年、三郷市に入職しモデル介護認定審査会、ケアプランモデル事業等を実施。
2007年、地域包括支援センター所長。
2011年、医療法人アカシア会介護統括・教育部長に就任、現在に至る。
・認知症に関する主な共同研究
「認知症高齢者のケアマネジメントと効果に関する研究」
「認知症高齢者の食生活自立支援を考える」

 

当書籍の商品画像など概要につきましては、弊社ウェブサイトをご覧ください。
http://www.gendaishorin.co.jp/……93152.html

また、弊社の書籍は全国の書店、「amazon」「楽天ブックス」などの通販サイトなどでご購入が可能です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4774515094/
https://www.kinokuniya.co.jp/f……4774515090
http://www.junkudo.co.jp/mj/pr……4774515090
http://www.bookservice.jp/bs/I……4774515090
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/……;Sza_id=GG
http://honto.jp/netstore/pd-bo……48893.html
http://www.7netshopping.jp/boo……774515090/
http://books.rakuten.co.jp/rb/13102334/
http://www.honyaclub.com/shop/……s=16832272

 

<商品概要>
■商品名:ともに歩む認知症医療とケア

■著者名:大場 敏明/高杉 春代

■発売日:2015年2月13日

■定価:本体1300円(税別)

■判型:四六判並製

■ページ数:208ページ

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社現代書林
http://www.gendaishorin.co.jp/
〒162-0053
東京都新宿区原町3-61 桂ビル
TEL:03-3205-8384
FAX:03-3205-8285