2015年04月02日

ピクシスが会計ソフトのラインナップを一新。新製品のダウンロード販売を開始!

株式会社ピクシス   http://www.lan2.jp/

2015年4月1日より消費税簡易課税制度の法令改正にともない、一部業種区分が変更になりました。

業務ソフトを開発・販売する株式会社ピクシス(本社:東京都新宿区、代表取締役 吉井秀元)は、会計ソフトの新製品「わくわく財務会計3」「らんらん財務会計3」「わくわく青色申告3」のダウンロード販売を2015年4月2日より開始しました。

新製品は2015年4月1日施行の消費税簡易課税制度の法令改正に対応します。

会計ソフトの詳細はピクシスのホームページをご覧下さい。
  http://www.lan2.jp/

【主な新機能について】

・消費税の法令改正に対応

簡易課税の主要業種に第6種事業(不動産等)を追加しました。

・税込経理の機能追加

税込経理を選択した場合、外税方式の自動計算機能を選択できる機能を追加しました。

・法人用決算書の機能追加

注記に会計指針の選択を可能にしました。

・財務諸表(部門別財務諸表)の機能を追加しました。

財務諸表の分類表示を見やすくしました。
四半期、月次集計に累計機能を追加しました。
年次比較を12期まで拡大しました。

・伝票画面の表示変更

伝票入力、伝票ブラウザ画面の一部表記を変更しました。

・経営ツールの表示変更

「科目推移表」の名称を「取引モニター」に変更しました。

■会社プロフィール

株式会社ピクシス(以降ピクシス)の代表取締役 吉井秀元は、1980年に株式会社システムハウスミルキーウェイを設立。パーソナルコンピュータは基幹業務にも活用できると確信し、1983年に自ら開発責任者となり財務会計ソフト「大番頭」を開発・発売しました。「大番頭」は、1984年日本経済新聞社「年間優秀製品賞」を受賞し、その後、日経パソコンの「読者が選ぶベストソフト・業務ソフト部門」で10年間金賞を受賞。その実務に即した機能と操作性で、業務ソフトのディファクトスタンダードとなり、パーソナルコンピュータの基幹業務への普及に大きく貢献してきました。
1996年にミルキーウェイが米国インテュイット社に変わった時に退社し、ピクシスを設立しました。パーソナルコンピュータの今後の用途として、顧客を起点とした経営モデル及びIT化に着眼し、CRM/SFAシステム開発を進めました。今回の財務会計ソフトの開発プロジェクトには代表取締役 吉井秀元を初め、会計ソフトの草創期から開発に携わってきた開発スタッフを中心に、実務に精通した税理士も参加しています。会計ソフトのプロ集団が中小企業の経営実務を強力に支援していきます。

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社ピクシス PS事業部
〒160-0004 東京都新宿区四谷1-2 三浜ビル2F
TEL 03-3358-3561 FAX 03-3358-3562
e-Mail psinfo@pyxis.co.jp
URL  http://www.lan2.jp/