2015年07月02日

『インターネットを使った就職活動に関する調査』~連合調べ~ http://www.jtuc-rengo.or.jp/news/chousa/index.html

ネットエイジア株式会社  

※詳細は添付ファイルにございます。

━━━(トピックス)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆現在の就職活動状況 (2015年6月現在)

・現在、内定・内々定を持っている大学4年生は3割半
・そのうち約4割がインターンシップ先からの内定・内々定

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆就職情報サイトの登録状況

・今年の大学4年生の約9割が就職情報サイトに登録
・就職情報サイトの登録時期は「大学3年生の12月」から「大学3年生の6月」にシフト
・約4人に3人が「大学の就職ガイダンス」をきっかけに就職情報サイトに登録
・ネット就活におけるアドバイスは「ネットの情報に頼り過ぎないように」や「エントリー数について」など
・複数の就職情報サイトに登録している学生が約9割、平均登録サイト数は3.2サイト

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆就職情報サイトの利用状況

・大学4年生の就職情報サイトからのエントリー数
 平均プレエントリー数29.0社 平均エントリー数12.8社
・一日のメール受信数は、大学4年生の平均9.1通、社会人1年生の平均は10.4通
・就職情報サイトからのメール
 4人に1人がチェックしたいメールの半分もチェックできず

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆就職情報サイトに公開して欲しい情報

・就職情報サイトに公開して欲しい情報と得られる情報にギャップ
 就活生の半数近くが「過去3年間の離職者数」の情報公開を希望。
 しかし就活生の9割以上がその情報を得られていない

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆“ソー活状況”

・企業の採用SNSをフォローした 今年の大学4年生の4人に1人
・企業の採用SNSの平均フォロー数 大学4年生4.5社、社会人1年生5.8社

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ネット就活における不安と困ること

・ネット就活で困ること
 「必要なメールが埋もれる」「必要な情報の取捨選択が難しい」
・ネット就活における不安
 「興味のある企業がブラック企業では」「エントリー数が少ないのでは」

――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆就活生のネット就活に対する考え

・「就職活動に就職情報サイトは必要」 大学4年生の83%が同意
・「効率よく就活関連の情報が収集できる」 大学4年生では約8割
・「より多くの会社にエントリー・応募したほうが内定を得やすい」
 大学4年生では約6割が「そう思う」と回答しているが、社会人1年生では半数以下
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■組織名 :連合(日本労働組合総連合会)
■代表者名 :会長 古賀 伸明
■発足 :1989年11月
■所在地 :東京都千代田区神田駿河台3-2-11 連合会館
■業務内容 :すべての働く人たちのために、希望と安心の社会をつくる
■ホームページ : http://www.jtuc-rengo.or.jp

≪本件に関する報道関係者のお問い合わせ先≫
■ 連合(日本労働組合総連合会)

■ 非正規労働センター 担当:松野・加藤・藤川
■ TEL:03-5295-0555
■ E-mail:hiseiki@sv.rengo-net.or.jp

■ 総合企画局 企画局 担当:奥田・岩城
■ TEL:03-5295-0510
■ E-mail:jtuc-kikaku@sv.rengo-net.or.jp

■ 調査協力会社:ネットエイジア株式会社