2015年07月16日

京王電鉄バスがpcAnywhereからの乗り換え先にオーシャンブリッジのリモートコントロールツール「ISL Online」を採用~グループ5社10拠点以上の約200台のPCサポートおよびサーバーメンテナンスに利用~

株式会社オーシャンブリッジ   http://www.oceanbridge.jp/

株式会社オーシャンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:持木隆介、以下オーシャンブリッジ)は、同社のリモートコントロールツール「ISL Online(アイエスエル・オンライン)」が、京王電鉄バス株式会社(本社:東京都府中市、代表取締役社長:川杉範秋、以下京王バス)に採用され、グループ5社10拠点以上の約200台のPCサポートおよびサーバーメンテナンスに利用されていることを発表しました。

京王バスでは、約10年にわたりpcAnywhereを使用していましたが、同ツールの販売終了が決定した際にサポートも終了すると判断し、乗り換え先のリモートコントロールツールを選定し始めました。まず、Windowsの標準アプリケーションやサードパーティー製の無償ツールを検討しましたが、法人が無償で使える製品で、京王バスにおけるリモートサポートやリモートメンテナンスに使える製品は見つかりませんでした。

そこでいくつかの有償ツールを検討し、「双方向での画面共有」「ライセンス体系」「Windows Aero(エアロ)対応」「ログ管理」「安定稼動」といった基準でISL Onlineを採用しました。今後はISL OnlineのWeb会議機能の活用も検討しています。

【京王電鉄バス株式会社 ISL Online導入事例】
URL :  http://www.islonline.jp/case/c……iobus.html

■「ISL Online」について
ISL Onlineは、離れた場所のPC同士で画面共有を行う「ワンタイム接続」、遠隔地にあるサーバーや出先でiPhone/iPadなどから社内のPCに接続可能な「常駐接続」、Web会議機能を1つのライセンスで利用できる簡単・低価格のリモートコントロールツールです。セキュリティポリシーに合わせてオンプレミスライセンス、クラウドライセンスの2つのライセンスを選択することができます。現在、遠隔地のサーバーメンテナンス、お客様への製品サポートといった様々な用途で、大手企業から官公庁まで幅広い分野で国内1,000社以上に利用されています。

■京王電鉄バス株式会社について
京王電鉄バス、京王バス東、京王バス南、京王バス中央、京王バス小金井の5社からなる京王電鉄グループの中核バス会社。京王電鉄沿線地域の一般路線バス、京王線沿線から各方面への高速バス、空港連絡バス、深夜急行バス等を運行する他、貸切バス、バスツアー等の事業も行う。『人にやさしい京王バス』をキャッチコピーに「安全・快適」をはじめとする良質なサービスを提供し、お客様から信頼・満足を得られる企業を目指しています。車両数872両、従業員数1836名(いずれも2015年3月31日時点、子会社含む)。本社東京都府中市。

■オーシャンブリッジについて
オーシャンブリッジは、「つかえるITを、世界から。」をミッションとして、日本でまだ紹介されていない海外製ソフトウェアの発掘と、日本における事業開発・マーケティング・販売・技術サポートを行っています。Web・Facebook・Twitter・電子メール・ブログなどを駆使した先進的・効率的なマーケティング手法を取り入れ、パートナーシップを組んでいる50社超の国内大手ITベンダーを通じ、大手企業を中心とする15,600社の顧客に対して、幅広く事業を展開しています。

主な取り扱い製品:リモートコントロールツール「ISL Online」、高速・多機能ビューア「Brava」、ファイル軽量化ソリューション「NXPowerLite」等。
・Webサイト: http://www.oceanbridge.jp/
・企業Twitterアカウント: http://twitter.com/OceanBridge_Inc
・企業Facebookページ: http://www.facebook.com/oceanbridge

【本件に関する報道関係からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 
マーケティンググループ TEL: 03-6809-0957
Email: mktg@oceanbridge.jp

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
株式会社オーシャンブリッジ 
営業部 TEL: 03-6809-0967
Email : sales@oceanbridge.jp

*本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は一般に各社の商標または登録商標です。