2016年07月07日

熊本地震でも問題となった“ボランティア支援のミスマッチ”を解消 一般社団法人 日本ボランティア支援協会 6月より本格活動を開始 不要品を送るだけ!ボランティア団体の資金調達支援サービスを開始

一般社団法人 日本ボランティア支援協会   http://volunteer-support.com/

 ボランティア活動のミスマッチを解消するため、一般社団法人 日本ボランティア支援協会(本部:埼玉県、代表理事:中村 綾子)では、2016年6月より本格活動を開始しました。今後は、ボランティア団体向け支援「団体向けファンドコネクト」などを中心に、ボランティア団体の資金調達やミスマッチを解消し、ボランティア活動がより潤滑に行える社会を目指してまいります。

■団体設立の背景
 近年国内のボランティアに関する意識も高まり、活動団体も年々増加傾向にあります。東日本大震災や熊本地震などでも、様々なボランティア活動が注目された反面、救援物資が届きすぎて破棄されてしまったケースや、本当に必要なものが被災者に届かないといったミスマッチも発生しました。またボランティア団体の活動資金の不足など、活動を続けていく上でのネックも多いのが現状です。
 そこで、ボランティア団体の資金調達難や活動のミスマッチを解消すべく、当団体を立ち上げました。当面の運営資金は、加盟いただいたリサイクルショップの加盟料で運営してまいります。

■ボランティア団体の資金調達支援「ファンドコネクト」とは
 当団体第一弾の提供サービスとなる「ファンドコネクト」は、ボランティア団体の資金調達を協会に加盟しているリサイクルショップを通じてサポートする新しい試みです。従来、ボランティア団体の募金などによる資金調達は、街頭やインターネットなどで募るのが主な手段でした。この方法はボランティア団体もなかなか積極的に募金活動ができず、また支援者も現金出費の心理的・経済的ハードルが高く、資金が集まりにくいという課題がありました。
 そこで「ファンドコネクト」では、支援者から現金ではなく不要品を集め現金化を代行し、その売買額をボランティア団体へ入金する新しい仕組みを採用することで、支援者の負担が少なく金銭的支援を行えるようになります。不要品を有効活用できるためエコにも繋がります。ボランティア団体の登録料や利用料などは一切無料。また、支援者は不要品の送料のみ負担していただくだけで、気軽に中古品の処理と団体への金銭的支援を行うことができます。リサイクルショップも買取商品を集める手段が広がる仕組みです。
URL: http://volunteer-support.com/f……nnect.html

Clipboard05

■従来
【支援者】

↓ 募金など現金で支援

【ボランティア団体】

・現金は集まりづらい
・支援者も募金は心理的ハードル高
・団体も積極的に募集しずらい

■ファンドコネクト
【ボランティア団体】

↓ (1)協会作成の案内パンフレットを支援者へ送付

【支援者】

↓ (2)支援者が不要品を送付

【日本ボランティア支援協会】

↓ (3)協会がリサイクル店で現金化を代行

↓ (4)売買金額を振込

【ボランティア団体】

・ボランティア団体はパンフレットを支援者に送るだけ
・支援者は不要品を郵送するだけで気軽に支援が可能
・いらないものを捨てずに済むためエコに繋がる

 

Clipboard04

 

ボランティア団体の現状
 ボランティア団体の数は年々右肩上がりで増え続けています。
 一方、全国ボランティア・市民活動振興センターが行った「全国ボランティア活動実態調査」によると、メンバーの高齢化や人員の不足に次いで、4人に1人以上が「活動資金が不足している」と回答。ボランティア団体は資金面でも苦境に立たせれているケースが多いことが分かります。

 当団体では、ボランティア団体のための資金調達支援「ファンドコネクト」の他、ボランティアをしたい人と、ボランティアを必要としている人のマッチングサービス「個人向けカインドコレクト」( http://volunteer-support.com/k……nnect.html
)を展開しております。

Clipboard06
特定非営利活動法人の認定数の推移(内閣府HPより)

Clipboard07
「全国ボランティア活動実態調査」
(全国ボランティア・市民活動振興センター・平成22年7月発行)

Clipboard08
熊本地震では、救援物資のおにぎりが廃棄されていたという報道もあり、被災者と支援者とのミスマッチが課題とされました。

 

一般社団法人
日本ボランティア支援協会
代表理事 中村 綾子

Clipboard09

私が日本及び埼玉県内で事業をさせて頂いて、早いものでもう30年の月日が経過しました。
地域密着で事業を進めてきた中で、これまで多くのボランティア団体の方やNPO団体の方にご協力頂く機会がございました。
そのたびに人の有難さや心の温かさに感激してまいりました。
一方でボランティア団体やNPO団体を運営し続けていくに大変な苦労があることを間近で見ることもございました。

今回ボランティア団体支援を通じて、私が今まで頂いてきたたくさんの親切を、少しでも多くの方にお返しできたらと考えております。 まだまだ未熟で力不足ではございますが、ぜひ我々にお力をお貸しください。

 

<会社概要>
社名     一般社団法人 日本ボランティア支援協会
代表理事   中村 綾子
所在地    〒364-0000 埼玉県北本市中丸9-211
電話番号   048-577-3937
創業・設立  2016年3月3日
WEBサイト   http://volunteer-support.com/

 

Clipboard02

 

【ボランティア団体・一般の方からのお問合せ先】
一般社団法人 日本ボランティア支援協会
TEL: 048-577-3937
受付時間:10:00~20:00

【報道関係者からのお問い合わせ先】
一般社団法人 日本ボランティア支援協会
広報担当:中村 秀夫(080-6858-9616)
TEL:048-577-3937 FAX:048-593-0997
E-mail:nakamura@everyday.co.jp