2011年11月08日

海外の女児市場を中心に累計1,200万本に達した特異な日本発の大ヒットゲーム「クッキングママ シリーズ」 遊びで「見る」「知る」楽しみながらお子様が食育に触れられる ゲーム「クッキングママ4」 – 最新作 ニンテンドー3DS「クッキングママ4」12月1日発売 -

株式会社オフィスクリエイト   http://www.ofcr.co.jp/
ゲームソフトの企画・開発・販売を行う株式会社オフィスクリエイト(本社:神奈川県横浜市 代表取締役社長:石谷 義孝/イシタニヨシタカ)は、ニンテンドー3DS専用ソフト「クッキングママ 4」を2011年12月1日に発売いたします。
 
「クッキングママシリーズ」の始まりとなるニンテンドーDS専用ソフト「クッキングママ」が発売されてから、今年で5年目を迎える。「クッキングママ4」は、そのシリーズの中心的なテーマ性を持ったお料理アクションゲームの最新作です。
 
 
 
ゲームという遊びを通して「見る」「知る」。
さらには、お子様の探究心をくすぐり、食育にも触れられるシリーズの最新作「クッキングママ4」
 
▲「おすし」では迫力のマグロをカイタイします。
 
「クッキングママ4」は調理の特徴的な工程を抜出し、それらをミニゲーム化し、そのミニゲームを順番に進めることで、遊びながら自然に目的の料理を完成させられる仕組みです。
 
その工程をたどる間、タッチスクリーンに表示される食材に対しタッチペンで切ったり煮たり、焼いたりしながら調理を行うため、お子様はゲームの中であたかもママゴトをしながら、その料理が何から出来ていて、どうすれば料理になるのかを見て知ることができます。
 
例えばゲームは「おすし」を作る場合は、すしネタとなるマグロやイカ、タコといった食材をさばく下ごしらえから始まります。
イカのわたぬきや魚の鱗落としなど実際の料理工程を順番に進めてゆきます。
 
 昨今、スーパーやコンビニなどには加工食品が数多く並び、食材の原型が分かりにくくなっているのが実情で、実際に食卓に並ぶ料理は、お子様から見ると何からどのように作られているのかわからないものも少なくないと思います。「クッキングママ4」は、遊びを通してお子様の探究心をくすぐり、親子で会話をしながら食べ物の原型、食の大切さを「見て」「知る」ことができます。
 
 
 
▲食材はお料理に至るまで全てリアルに描かれており、お子様にも理解しやすくなっています。
 
 
    
▲エビに串をさしています。▲魚のキスの天ぷらを作るため、キスをおろしています。  

                
  
おすしを作るため、ウニを ▲わさびをおろしている所です。 
割って中身を取り出しています。

 

「おそば」ゲームではそばの実を石で挽くところから収録。食べ物の由来や工程を「知る」ことができます。
 
 
ホタテの貝柱を取り出してみよう。
 
 
 
「梅干」作りでは梅を洗うところからスタートします。味付けをし塩漬けした後、天日干しをして出来上がり!
 
 
 
ニンテンドー3DS「クッキングママ 4」ゲーム概要
タイトル クッキングママ4
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2011年12月1日発売
価格 ¥5,040(税込)
ジャンル おりょうりアクション
プレイ人数 1人(ダウンロードプレイ時2~4人)
コピーライト © 2011 COOKING MAMA LIMITED / Published by OFFICE CREATE

 

※ゲーム写真はすべて開発中の物です。また、ハメコミ画面です。
※「ニンテンドー3DS」の立体映像は本体でしかご覧いただけません。 掲載しているゲーム写真はすべて2D表示のものです。
※ニンテンドー3DSのロゴ・ニンテンドー3DSは任天堂の商標です。
 
■本リリースへのお問合せ
株式会社オフィスクリエイト 広報担当:荒田靖昭
〒227-0062 神奈川県横浜市青葉区青葉台2-10-16 第2鈴木ビル3F 
電話 045-984-1359 FAX 045-983-7842
 
■お客様ご相談窓口■  
電話:045-984-6139  受付時間:月~金 / 午後1時~午後5時(祝日、会社特休日を除く)