2012年11月21日

「工場で使える便利な通販」MonotaRO.com ねじ・ボルト関連の取扱いアイテム数を国内最大級の35万点超に拡大 ~プライベートブランド(PB)商品も2.4万点から32.4万点へ一挙に拡充~

株式会社MonotaRO   http://www.monotaro.com/
 工業用間接資材※1通信販売最大手の株式会社 MonotaRO(モノタロウ)(本社:兵庫県尼崎市、代表執行役社長:鈴木雅哉、URL: http://www.monotaro.com/ )は、FA・メカニカル部品モールのねじ・ボルト・釘・ビスカテゴリの取扱いアイテムを35万点超に拡大いたします。
 ねじやボルトは製造業、工事業、自動車整備業など、今日の日本の工業化社会および市民生活を影から支えている重要な機械要素の1つであり、あらゆる産業や業種で取り付けや組み立てに使用され、お客様からの需要の極めて高い製品です。
 そこで今回、ねじ・ボルト関連アイテムの取扱いをさらに強化すべく、30万点超の新規採用を実施し、同カテゴリの取扱いアイテム数を35万点超に拡充いたしました。一般的に、市場には40万以上の規格ねじ・ボルト類が流通していると言われている中で、そのほとんどを取扱い、国内最大級の品揃えを実現することで、膨大に存在するねじ・ボルトの簡単検索やスピーディな注文を可能とし、これまで以上の利便性の向上を追及いたしました。また、ねじの種類だけでなく材質や表面処理のバリエーションを拡大させるとともに、少量パック商品の拡充も実現いたしました。少量パックにて取扱いをすることで、ユーザーが必要以上の在庫を抱えることなく、必要な商品を必要な数量だけご注文いただくことが可能となっております。
さらに、ねじ・ボルト関連の取扱い商品拡大をより多くのユーザーに便利にご利用いただくため、2013年3月に初のねじ・ボルトアイテム専門商品カタログとなる「ねじ・ボルトカタログVol.1(仮称)」の発刊を予定しております。
 また、当社では、ねじ・ボルト関連アイテムの取扱い拡大に関連して、今後さらに展開を進めていくプライベートブランド(PB)商品のアイテム数につきましても、約2.4万点から約32.4万点と大幅な拡大を実現しております。今後も多様なユーザーのニーズにお応えし、PB商品を中心に商品点数の拡充を図ってまいります。
 MonotaROでは今後も、あらゆる業種のあらゆる間接資材をワンストップでご購入いただけるプラットフォームを提供することでユーザーの間接資材購買の効率化サポートに努めてまいります。
 
 
株式会社MonotaROについて
切削工具や研磨材などの工業用資材や自動車関連商品や工事用品、事務用品に至るまで、現場・工場で必要とされる商品200万アイテムを販売しています。2012年11月5日現在の利用ユーザー数は、約85.9万。2006年12月、東証マザーズ上場。2009年12月東証一部上場。2011年度の12月期の売上高は約222億円。2012年度の12月期の売上高予想は約285億円。
 
 
<本件に関するお問合せ>
株式会社 MonotaRO IR・広報室 木原 TEL:06-4869-7190 pr@monotaro.com 
 
 
※1工業用間接資材とは、製造業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの“直接資材”を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたる。
 
 
【参考資料】
MonotaROのプライベートブランド(PB)について
●「MonotaRO」ブランド
2004年7月に、需要の高い商品を国内外のメーカーと提携及び協力し、高品質な商品を一般的な市場価格より2割から5割安い価格帯で提供する初のPBとして開設。2012年11月現在のアイテム数は約6,700。
 
●「大阪魂(おおさかだましい)」ブランド
2010年5月に、「MonotaRO」ブランドよりさらに価格訴求を追求した低価格帯の商品を集めた第2のPBとして開設。2012年11月現在のアイテム数は約317,000。
 
●男前MonotaROブランド
2012年1月に、「MonotaRO」ブランドよりワンランク上の高品質なアイテムを集めた第3のPBとして開設。2012年11月現在のアイテム数は約200。