2013年01月30日

●iPhone・iPad電子書籍アプリ「人間関係を向上させる5つのステップ」をリリース ●あなたは人から好かれる人ですか??

株式会社オープンアップス   http://openapps.co.jp/
iPhone・iPad電子書籍アプリ「人間関係を向上させる5つのステップ」●「身の丈の魅力」が人を引きつける ●頭のよくない人ほど、よく威張るという法則
 
iPhone・iPad 電子書籍「人間関係を向上させる5つのステップ」
 
~本心で人間関係をよくしたいと思う人だけ本書を読んで欲しい!~ 
 
●「身の丈の魅力」が人を引きつける
●頭のよくない人ほど、よく威張るという法則
●「くつろぎ」と「緊張」のバランスが大切
●「勝ちたい」より「負けたくない」がいい
●見返りが大きいと人は頑張るものか!?
●批判してくれた人に、感謝の意を表す
●部屋が片づかない人は、頭の中も片付かない
●「慣れ」ほど怖いものはない
●「たったこのぐらい」でも、すぐに謝る
●見識のある人は、人を批判しない
 
iPhone・iPad電子書籍アプリ150作品以上の配信と年間150万DL超えの優良電子書籍アプリを配信中!
制作会社:オープンアップス電子書籍一覧ページはこちら!
 
株式会社オープンアップス(東京都渋谷区)は株式会社新講社(東京都千代田区)より刊行された斎藤茂太氏の人気書籍「あなたといると元気が出る」といわれる人のiPhone,iPad向け電子書籍アプリ「人間関係を向上させる5つのステップ」をApp Storeで配信を開始した。
リリースキャンペーンにつき1月30日から2月4日まで85円 89%オフ 書籍定価840円
 
iPhone・iPad電子書籍アプリ「人間関係を向上させる5つのステップ」
 
人とのつきあい方をガラリと変える、誰でもできる5つのステップとは!?『一緒にいる人を元気にさせる人』、『まわりのみんなを元気にさせる人』ってどういう人?ちょっとした気づかいで人は明るい気持ちにさせられ、元気づけられる。人間関係を円滑にする言葉の使い方や気づかいのポイントを伝授。あなたは人から好かれていますか?? 
 
―――――――――――――――――――――― 
人から「気持ちのよい人」といわれる人とは!? 
―――――――――――――――――――――― 
 
自分を元気にできる人は何をやってもうまくいく!元気な人は自分はもちろん、まわりの人まで元気にし、気持ちの切り替えも早く想像力豊か。人間関係を向上させるには何よりも自分自身が元気であることが重要。心の底から元気になれるポジディブ書籍! 
 
~本心で人間関係をよくしたいと思う人だけ本書を読んで欲しい!~ 
 
●「身の丈の魅力」が人を引きつける 
●頭のよくない人ほど、よく威張るという法則 
●「くつろぎ」と「緊張」のバランスが大切 
●「勝ちたい」より「負けたくない」がいい 
●見返りが大きいと人は頑張るものか!? 
●批判してくれた人に、感謝の意を表す 
●部屋が片づかない人は、頭の中も片付かない 
●「慣れ」ほど怖いものはない 
●「たったこのぐらい」でも、すぐに謝る 
●見識のある人は、人を批判しない 
 
~■目次■~ 
★ステップ1 「気持ちのよい人」になる 
 
・人から「気持ちのよい人」といわれる人とは? 
・「気持ちのよい人」は、人をリラックスさせる 
・「くつろぎ」と「緊張」、そのバランスが大切 
・人と人との関係を、花で飾ってみよう 
・「ほほえみ」が、ありのままの気持ちを伝える 
・「もっともっと」に、人生のワナがある 
・がんばっているときこそ、人の助言に耳を傾けよう 
・頭のよくない人ほど、よく威張るという法則 
・ありのままの自分は、意外にアピールしている 
・「身の丈の魅力」が人を引きつける 
・劣等感に苦しんでいるのは、「自分だけ」ではない 
・幸運の女神は、「喜んでいる人」について回る 
・「楽しみながら」が、伸びていくエネルギー 
・「一芸」があれば、声をかけられる 
・「長生き元気」の秘訣は、楽しみたいという気持ち 
・人との出会いで、目からウロコが落ちる 
・生きている自分に、「うまい!」と叫んでみよう 
 
★ステップ2 「人を元気にする人」になる 
 
・朝型人間は、「楽しい時間」が長い 
・貧乏くじを引ける人に、人は集まる 
・「物忘れ」をしないために、ムダ話をたくさんする 
・キャンプファイヤー的円陣の組めるリーダーとは? 
・部屋が片づかない人は、頭の中も片づかない 
・批判してくれた人に、感謝の意を表わそう 
・今回は残念だから、次が楽しみになる 
・「トラブル処理」名人は、人の心理を見通している 
・その「決めつけ」が、自分を苦しめる 
・「思い上がる人」ほど、恥ずかしい人はいない 
・効率を求めると、「人と人と」が壊れていく 
・「慣れ」ほど怖いものはない 
・この「ちょっと」で、元気が伝わっていく 
 
★ステップ3 「人が好きな人」になる 
 
・「たったこのぐらい」でも、すぐに謝ってしまおう 
・「善意」をふりかざすと、ケンカが始まる 
・「あなたのために」の、押し売りをしていないか 
・「一笑一若」で、いつも元気になる 
・「サム・マネー」の幸せか、「マッチ・マネー」の幸せか 
・「いいわけ」ひとつで性格分析ができる 
・お金をためるコツは、友人を失うコツと同じ 
・自慢話で好かれる人は、超一流の人である 
・賢い人ほど、「人から学ぶ」ことが多い 
・悪口は「元気の元」だが、人には嫌われる 
・だれかの悪口」が、魔法の呪文になる 
・「幸福か不幸か」を、いちいち考えなさんな! 
・二度の食事の、意外な効用とは? 
 
★ステップ4 「周りがほっとする人」になる 
 
・「いい言葉づかい」は、「いい大人」の証し 
・心が「忙しい」のは、準備をしていないから 
・いい笑顔は、トラブルの抑止力 
・もっと小さな声が、人を引きつける 
・「好きなこと」に、逃げてしまおう 
・自分を笑える人は、ストレスをためない 
・がんばらずに、がんばる人になる 
・出直すチャンスは、だれにでも訪れる 
・職人気質で生きてみないか 
・養生する人ほど、仕事で大成する 
・元気の元は、「楽しむこと」と「感謝すること」 
・「勝ちたい」より、「負けたくない」がいい 
・目的は同じなのに、なぜ方法にこだわるのか 
・「変身」すると、元気になる 
・見返りが大きければ、人はがんばるものなのか 
・「いい上司」というのは、一辺倒にならない 
 
★ステップ5 「自分を楽しむ人」になる 
 
・孤独を感じたとき、会いたくなるのは誰ですか 
・いい職場には、「親切のプロ」がいる 
・値札のついた贈り物が、ありがたい 
・「ひとり仕事」はできても、「からみ仕事」ができない 
・傷つけあってこそ、深い信頼ができる 
・見識のある人は、人を批判しない 
・人を決めつける人ほど、わかっていない 
・「裏切られた」のか、「人を見る目がなかった」のか 
・どんどん失敗すると、どんどん吸収できる 
・覚悟のある上司なら、部下は失敗をしない 
・「勇気のあるモグラ」になってみないか 
・八方塞がりなら、人に頼るのが正しい 
・しっかり真似て、「ちょっとの違い」を活かす 
・「ほめる」と「ごますり」は、どこがどう違う? 
・文句をいいながらも、やっぱり助け合う 
・「女房のムダ話」に終止符を打たせる方法は? 
・「いちおう」「とりあえず」で、ひと休みしよう 
・ぐっすり眠って、明日をしっかり迎えよう 
 
著者 斎藤茂太(さいとうしげた) 
精神神経科・斎藤病院名誉院長として、悩める現代人の「心の安らぎコンサルタント」として、また、日本旅行作家協会会長、日本ペンクラブ名誉会員など多方面で活躍。「人生は悠々と、急がずあせらず」をモットーに著書多数。『この人にまた「会いたい!」と思われる人』『人生に大切なたったこれだけの習慣』『「長男だから」できることできないこと』『なぜか人から「大切にされる人」の共通点』『生きる言葉生かす言葉』『「捨てる」「片づける」で人生が楽になる』などは<心の本>の定番となっている。 
―――――――――――――――――――――― 
発行所:株式会社新講社 
※この電子書籍アプリは「あなたといると元気が出る」といわれる人を底本としてアプリ化したものです。 
 
開発・制作会社:株式会社オープンアップス 
iPhone・iPad150アプリ以上の配信実績と有料総合ランキング1位を獲得した電子書籍アプリを多数配信!! 
 
■当プレスに関するお問い合わせ先
会社名  : 株式会社オープンアップス
URL  : http://openapps.co.jp/
所在地  :〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.Sビル S棟3F
TEL  : 03-6681-4435
M A I L  :press@openapps.co.jp