2013年08月12日

元ナースが設計したクリニック 「スポーツ・栄養クリニック 代官山」 2013年8月開院 ピラティス×整形外科で治療から予防医学へ

株式会社ドムスデザイン   http://www.domusde.com/

 元ナースが手掛ける設計事務所 株式会社ドムスデザインが設計した整形外科医院「スポーツ・栄養クリニック 代官山」(院長:武田淳也、住所:渋谷区恵比寿西2-21-4、URL http://www.clinicsn.com/ )が、2013年8月5日(月)、代官山にて開院いたしました。

 「スポーツ・栄養クリック」は、ピラティス研究会会長でもあり整形外科医の武田淳也院長が2005年に、ピラティススタジオ「Pilates Lab」と併設した整形外科医院として、福岡に開院したクリニックです。日本では初の試みであったピラティスを治療にいち早く取り入れたクリニックでもあり、整形外科とピラティスを融合したリハビリ施術を施しています。

 2009年には代官山に2店目となるピラティススタジオを開設。そしてこの度、ピラティススタジオと併設する形で「スポーツ・栄養クリニック 代官山」を8月に開院いたしました。当医院の空間デザイン設計を当社で行わせていただきました。 
 当医院の設計コンセプトは、“癒しと洗練のナチュラルモダンクリニック”。院内は「やすらぎ」「優しさ」「健康」をイメージさせるグリーンをアクセントカラーに設定。身体に痛みを抱えた方が多く訪れる整形外科では、受付や内装の設計にもこだわり、カウンターはモノの受け渡しに最適な高さに設定し、杖を置く場所やスタッフとの距離感などにも細かな工夫を凝らしています。また、閉鎖的なイメージがあるレントゲン室の壁には、トリックアートを描くことでx線室に対する恐怖感を取り除き、気持ちが和らぐ空間を目指しました。

 武田院長は、“治療することから予防医療へ、そして抗加齢”を施設のテーマに掲げています。空間デザインの設計を通して、来て頂いた方がより美しく、より元気になって頂けるような空間をめざしデザインさせていただきました。

【ピラティスとは】
第一次世界大戦の負傷兵のリハビリために設計されたエクササイズ。主にインナーマッスルを鍛え、故障しにくいカラダをつくります。有酸素運動と無酸素運動、ストレッチに呼吸法が組み合わせられたエクササイズのため、基礎代謝も高まるため女性からも人気。夏バテ対策にも最適です。

トリックアートを描いたレントゲン室

トリックアートを描いたレントゲン室
閉鎖的で怖いイメージが強いX線室には、イタリアのタオルミーナの絵画で、開放的で楽しい空間にしました。

トリックアートを描いたレントゲン室

使い勝手に拘った受付カウンター
受付カウンターは形状・素材だけでなく、高さや距離感など細かな調整を行いました。ダークな色合いと素材感のある石が空間を引き締めます。

 

武田淳也
スポーツ・栄養クリニック 院長
Pilates lab代官山・福岡 代表
日本ピラティス研究会会長
武田淳也
2013年6月には最新著書『カラダ取説』を上梓。

スポーツ・栄養クリニック代官山( http://www.clinicsn.com/index.html
開院日     2013年8月5日
住所     〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-21-4 代官山パークス3F
診療科目   整形外科、内科、リウマチ科、リハビリテーション科
       ペインクリニック内科、ペインクリニック外科
特別外来   スポーツ整形外科外来、メタボリック・生活習慣病外来、アンチエイジング外来禁煙外来
診療時間   月曜日から金曜日 10:00-14:00 15:00-19:00
       ※水・木・土曜日は訪問診療の為、完全予約制となります。
休診日    日・祝
規模     31.85㎡(クリニックのみ)
内装デザイン 株式会社ドムスデザイン

併設スタジオ「Pilates Lab」はアメリカのピラティス認定団体資格「ピラティスメソッドアライアンス(PMS)」に日本で唯一認定された施設です。

 スポーツ・栄養クリニック代官山  スポーツ・栄養クリニック代官山 

Pilates Lab

武田淳也
武田淳也(たけだ じゅんや)
「スポーツ・栄養クリニック」院長、「Pilates lab代官山・福岡」代表、日本ピラティス研究会会長。
1993年福岡大学医学部卒業。日本整形外科学会認定専門医・スポーツ医・運動器リハビリテーション医・リウマチ医、日本体育協会公認スポーツドクター、日本医師会認定健康スポーツ医・産業医、日本抗加齢医学会認定専門医、日本糖尿病協会療養指導医。
専門は整形外科、スポーツ医学、抗加齢医学。ピラティスとは99年米国にスポーツ留学中、セント・フランシス・メモリアル病院スポーツ医学センターで出会う。05年ポールスターピラティス®(マイアミ)よりピラティスの総合的な(コンプリヘンシブComprehensive)指導者として認定され、国内初となるピラティス治療を取り入れたスポーツ・栄養クリニックを開院。

カラダ取説
『痛めない・疲れない・楽になる! 「身体の使い方」の新常識 カラダ取説 ~エクササイズDVDで実践! 』
(徳間書店)2013年6月28日発売

100歳までボケずに歩ける 「脳トレ」ボール体操
『100歳までボケずに歩ける「脳トレ」ボール体操』
(マキノ出版 )2012/10/15発売

100歳まで寝たきりに ならないエクササイズ
『100歳まで寝たきりにならないエクササイズ』
(マガジンハウス )2012/6/25発売

 

戸倉蓉子
戸倉蓉子(とくらようこ)
株式会社ドムスデザイン代表
一級建築士 イタリア政府認定 インテリアデザイナー
 
看護学校を卒業後、ナースとして慶応義塾大学病院に勤務。
殺風景で無機質な病院環境の中、不運にも命を失くしていく子供たちを前に、西洋医学の限界と自分の無力さを感じていた。
ある日、入院患者の女の子のベッドサイドに一輪の花を飾ったところ、「看護婦さん、ありがとう」と普段見せなかった笑顔を見せてくれた。
その経験をきっかけに、患者さんの本当の回復は心が元気になること。心が前向きで夢や希望を持てれば、人は病気になりにくいのではないか、住環境で人の心を元気にできるのでは、との想いからインテリアの勉強を始める。

23才で病院を退職し、リフォーム会社に転職。
修業しながらインテリアコーディネーターのライセンスを取得。
フルコミッションの中、営業からインテリア計画・現場監理までの基礎を学び、29歳のときに(株)ドムスデザインを設立。
1998年、建築を追及するためミラノに留学。世界的建築家パオロ・ナーバ氏に師事。
2009年、黒沢病院ヘルスパーククリニックのデザインをかわきりに、おもてなしの病院スタイルを確立。 ナース時代に想い描いた「環境で人を健康にしたい」という夢を追い続ける。

 

<書著>

いい家に抱かれなさい
『いい家に抱かれなさい』なりたい自分になれる空間づくり
単行本: 248ページ
出版社: 日経BP企画
ISBN-10: 4861303702
ISBN-13: 978-4861303708
発売日: 2008/12/18

 

恋する空間建築
『恋する空間建築 (建築ジャーナル別冊) 』
ムック: 49ページ
出版社: 建築ジャーナル; 初版
ISBN-10: 4860357353
ISBN-13: 978-4860357351
発売日: 2008/12/20

【会社概要】
社名    株式会社ドムスデザイン (一級建築士事務所)
代表    戸倉蓉子(とくら ようこ)
所在地    [本社]〒107-0062 東京都港区南青山2-22-2 KISビル2F
      [ミラノスタジオ] Via Lomellina 48 20135 Milano
資本金   1,000万円
設立    1991年2月
社員数   6名(スタッフ全員女性です)
URL     http://www.domusde.com/
事業内容  病院・クリニックの設計デザイン
      マンションの設計デザイン
      街・マンション・住宅等のカラーコーディネート
      インテリアデザイン
      デザインコンサルタント
      各種セミナー

【本プレスリリースに関する報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社 ドムスデザイン
担当:戸田 累生(とだ るい)
TEL:03-6406-2525 FAX:03-6406-2526
E-mail : toda@domusde.com