2012年07月11日

『リクナビNEXT Tech総研』の研究レポート 優勝者を直撃!モックプランコンテストの舞台裏とは? ~賞金総額500万円以上、サイバーエージェント内定パス付与も~

株式会社リクルート   http://www.recruit.co.jp/
株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するサイト『リクナビNEXT Tech総研』( http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/ )は、エンジニアの「仕事・職場の実態・気になる給与」「賢い転職ノウハウ」情報を毎日お届けしています。
 
▼『Tech総研』トップページ
 
――――――――――――――――――――
■スマートフォン向けサービスのアイデアをコンテストで募る
優勝者を直撃!モックプランコンテストの舞台裏とは?
――――――――――――――――――――
 
新規サービスのアイデアをモックで提案するサイバーエージェントの「モックプランコンテスト」。
新規事業創出のエンジンとしてコンテストを位置付ける同社の取り組みとともに、第一回の勝者となった堀江氏の奮闘ぶりを『Tech総研』編集部はご紹介します。
 
「ジギョつく」などの新規事業アイデアコンテストで社内の創発性を刺激しながら、新規事業を次々に打ち出すサイバーエージェント。今春企画された「モックプランコンテスト」は、スマートフォン向けのサービスアイデアを、モックアップ(試作品)によって競い合うコンテストです。今回は社外にも公募し、一般向けと学生向けにこの4月から募集を開始し、現在選考中。賞金総額は500万円にもなり、事業化支援やサイバーエージェントに入社を希望する受賞者(エンジニア)には就・転職内定の権利も与えられます。
 
それに先立って3~4月に行われたのが、社内のエンジニア・クリエイター向けの社内モックプランコンテストです。
外部向けと同様に、キックオフイベントがあり、シミュレーターや画面遷移などがわかるエントリーシートでの一次選考を経て、決勝プレゼンでは制作したモックアップを実際に動かしながらアイデアを競いました。
 
その第一回社内モックプランコンテストで優勝したのが、堀江優氏です。そのアイデアは即事業化が決定。
現在はプロジェクトマネージャーとして年内のサービスインを目指しています。
 
堀江氏は優勝したアイデアについてこう述べます。
「スマートフォンのブラウザで楽しむ、男性ユーザー向けのソーシャルゲームです。
求められているのは、魅力的なソーシャルゲームだなと思ったのです。私はソーシャルゲームをつくったことがありませんでしたが、あらためてソーシャルゲームの歴史を振り返り、新しいコンセプトのゲームがプラットフォームを牽引する史実に着目しました。ソーシャルゲームにハマるというのは、人間の本質的な欲求が刺激されるからですよね。仲間と一緒に敵を倒すバトルゲームも、カードゲームも人間の本能を刺激するものでしょう。ただ、ソーシャルゲームにおける刺激というのはひとつだけじゃない。人生で『テンションが上がる瞬間』というのはほかにもあると思ったのです」
 
本レポートでは、堀江氏のそれまでの道のりやコンテストへの戦略性、優勝後のリリースへ向けたプロジェクトの様子についても詳しくレポートしています。
 
▼詳細は下記URLにてご覧ください。
 
▼関連記事はこちら
 
サイバーエージェント、女性エンジニア採用強化の真意
 
今サイバーエージェントに集結する、外国人技術者たち
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
▼『Tech総研』の新着記事をお届け・メルマガ配信登録はこちら
 
▼『Tech総研』Twitterアカウント
 
――――――――――――――――――――
◎『Tech総研』概要
――――――――――――――――――――
 
エンジニアのための『仕事・職場・転職』応援サイト。
エンジニアの『仕事・職場の実態・気になる給与』『賢い転職ノウハウ』『エンジニアだからわかるあるあるネタ』など、エンジニアライフを楽しむ情報満載。
 
 
 
▼リクルートについて
 
――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
――――――――――――――――――――