2012年12月25日

クラウド型汎用書籍編集・制作サービスCAS-UBにKindle用EPUBの生成などの正式サービス機能を追加

アンテナハウス株式会社   http://www.antenna.co.jp/
アンテナハウス株式会社(本社:東京都中央区、資本金:4,000万円、社長:小林 徳滋)は、クラウド型汎用書籍編集・制作サービス「CAS-UB」をV2.1にバージョンアップ、アマゾンKindle用のEPUB生成などサービスを追加してサービスを開始しました。
 
■CAS-UBは電子書籍の編集・制作を行なうプロ向けのWebサービスです。
 
クラウド上においた書籍の原稿や素材を、Webブラウザから編集し、編集完了した段階でEPUB3やPDFなどの様々な形式の出版物を生成します。
 
データをクラウド上で一元管理し、多ぜいで一つの出版物のデータを分担して編集・制作する作業に最適です。
 
商業出版に使うことのできる高度なレイアウトを指定したPDFやプロフェッショナルなデザインのEPUBを、簡単に作りだすことができます。
 
■新バージョンの機能強化内容
 
新バージョンV2.1では主に次のような機能強化を行いました。
 
○Kindle用に最適化したEPUBを生成する機能
 
アマゾンKindleはEPUB入稿ですが、Kindle用のEPUBは一般のEPUBとは異なる情報設定が必要です。そこでアマゾンKindle用に最適化したEPUBを生成する機能を追加しました。またそのEPUBをKindleの独自形式(mobi形式)に変換する機能をサポートしました。
 
 
○Windowsヘルプ(CHM)形式の生成機能
 
アプリケーションソフトのマニュアル形式に向いた出版物の種類「マニュアル1」をサポートしました。「マニュアル1」を使うと、Windowsアプリケーションのヘルプ形式(CHM)の元ファイルをボタン一つで生成できます。また、アプリケーション・マニュアルに最適化したレイアウトでPDFを出力できます。
 
なお、今秋、バージョンアップしたアンテナハウスの『瞬簡PDF』ファミリーのマニュアルに添付しているPDFおよび製品のCHMヘルプはCAS-UBを使用して制作しています。
 
○メルマガ変換機能の強化
 
メルマガ変換で作成したEPUBを楽天KoboやアマゾンKindleストアに直ちに配信できるようにメタデータ等の設定機能を強化しました。メルマガ変換設定画面から、EPUBのメタ情報やカバー画像などを設定する機能を追加し、楽天KoboやアマゾンKindleなどの電子書店に配信可能なEPUB版メルマガをワンボタンで生成できます。
 
○編集機能の強化
 
出版物を構成する記事毎に過去の履歴(リビジョン)を一覧表示し、その中の指定した新・旧ふたつのリビジョンの差分を表示する機能をサポートしました。これを使って、記事の更新内容を確認したり、過去の記事に遡ることができます。
 
出版物を構成するすべての記事の中の文字列を横断的に検索し、対話的に確認しながら指定した文字列に置換する機能をサポートしました。
 
○EPUB生成機能の強化
 
EPUBの「カバー画像」を自動的に作る機能を追加しました。
 
その他、多数の機能強化を行ないました。
 
 
■詳しい情報について
 
○CAS-UBに関する情報ページ
 
 
○お問い合わせ先
 
会社・部署名
東京都中央区東日本橋二丁目1番6号
東日本橋藤和ビル5Fアンテナハウス株式会社
S7営業グループ
電話番号:03-5829-9021
e-mail :cas-info@antenna.co.jp