2013年03月19日

立教大学経営学部 4月6日(土)・7日(日)に東京ビックサイトにてウェルカムキャンプを開催。 産学提携を軸に“リーダーシップ”という新しい切り口で構築した「ビジネス・リーダーシップ・プログラム」に組み込まれている「質問会議®」(アクションラーニング)を新入生1年生約400人で一斉に体験!

株式会社ラーニングデザインセンター   http://www.ldcjp.com
立教大学経営学部では、4月6日(土)・7日(日)に2013年度ウェルカムキャンプを開催します。
立教大学経営学部で2006年から実施されている「ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)」。このBLPとは、ビジネス・グローバル社会で活躍できる人材の養成を目的につくられた、経営学部経営学科のコア・カリキュラムです。チームでのプロジェクト実行やスキル強化を通して、ビジネス・リーダーシップを体験的かつ段階的に身に付けていく設計になっています。2008-2010年度に文部科学省の教育GPに選定され(全国939件の申請のうち148件選定。約15%)、その後、2011年に担当教員・学生に対するヒアリングと教育現場・学習環境の視察による現地調査を経て審査を受け、全148取り組みのうちでも「特に優れており波及効果が見込まれる取組」(全国の大学で15件、首都圏の私立大学では唯一)であると認定されています。「学部教育で組織的に行われている例はほかになく、イノベーティブな取組である」との評価を得ました。設立7年目という都内私立大学の中では新しい経営学部ながら、このBLPのプログラムにより偏差値のポイントアップ(60から64へ)や就職率の向上(2011年には学内トップの98.8%)、就職先の幅が広がる、起業する学生の割合が高いなど、様々な効果が表れています。このBLPのカリキュラムの中に組み込まれている手法が「質問会議®」です。この「質問会議®」はアクションラーニングのコンセプトを元に実践手法として会議体に落とし込んだもので、自身の課題解決を行いながら、チームで共有・サポートできる場を形成し、行動と学習を促進します。イギリスで発祥し、アメリカで発展した手法で経営幹部候補や管理職の教育手法として企業に導入されています。
この「質問会議®」を立教大学経営学部では全面的に取り入れ、授業内のグループワークに活用しています。「質問会議®」を活用することで、学生の自発性を引き出すことができるので主体的に学ぶ意識の育成に役立っています。この他にも、学生同士の関係性の向上や学生と教員の関係性の向上など支援的な環境作りにも効果を発揮しています。教育界では、少子化や入試方法の多様化などにより偏差値だけでは大学の善悪が判断できにくくなっています。その中で、産学提携を軸に、“リーダーシップ”という切り口で学ぶ独創的なプログラムは多方面で好評を得ています。
是非、この新しい取り組みを是非ご取材いただけないでしょうか?
ご検討の程、よろしくお願いいたします。
※質問会議は株式会社ラーニングデザインセンターの登録商標です。
 
■開催概要
名 称: 2013年度 立教大学経営学部ウェルカムキャンプ
     ~権限のないリーダーシップ~
日 時:2013年4月6日(土)、7日(日)10:00~
会 場:東京ビッグサイト
    りんかい線 「 国際展示場 」駅下車 徒歩約7分
ゆりかもめ 「 国際展示場正門 」 駅下車 徒歩約3分
主 催:立教大学経営学部
■ウェルカムキャンプ内容
・日本ロレアルによるプロジェクト課題提示
・「採用基準」伊賀泰代さん講演
・グループワーク
・『質問会議®』
・新入生によるプロジェクト課題解決方法のプレゼン
 
■教授プロフィール
日向野 幹也(ひがの みきなり)
立教大学経営学部 教授
同BLP(ビジネス・リーダーシップ・プログラム)主査
立教大学リーダーシップ研究所 所長
東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究博士課程終了。
経済学博士(東京大学)。
東京都立大学経済学部教授を経て、現在、立教大学経営学部教授。
 
■株式会社ラーニングデザインセンターについて
設立 :2003年4月
代表 :代表取締役社長 清宮 普美代(せいみや ふみよ)
NPO法人日本アクションラーニング協会 代表
WIAL公認マスターALコーチ
ODネットワークジャパン 理事
東京女子大学文理学部心理学科卒。毎日コミュニケーションズ(現:マイナビ)にて事業企画や人事調査などに責任者として携わった後、渡米。ジョージワシントン大学大学院人材開発学修士(MA in HRD)取得。マーコード教授の指導のもと、アクションラーニングの調査・研究を重ねる。帰国後、2003年㈱ラーニングデザインセンターを設立。日本国内の企業における人材開発、組織改革を支援。著書に、『質問会議』(PHP研究所)、『「チーム脳」のつくり方』(WAVE出版)、『対話流』(三省堂)、『20代で身につけたい質問力』(中経出版)。
 
■本件の連絡先
所在地 :東京都港区愛宕2-5-1愛宕グリーンヒルズMORIタワー5階
■担当者情報
株式会社ラーニングデザインセンター
広報  :藤田
Tel   03-6680-2698
Fax  03-6854-3737
Mail  sfujita@ldcjp.com
Twitter:ActionLearning_