2015年05月13日

ファルコンストア、業界初の水平型SDSデータサービスプラットフォーム 「FreeStor」を国内提供開始 データ量に基づく単一の価格を実現した新しいプラットフォームによって、 シングルインタフェースを通じたストレージの一元管理が可能となり、 単機能ソリューションを多数管理する際の複雑さや互換性の問題を解決

ファルコンストア・ジャパン株式会社   http://falconstor.co.jp/microsite/101841

ファルコンストア・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森本 雅之、以下、ファルコンストア)は本日、真の統合データサービスを実現する、まったく新しい水平型SDS(Software-Defined Storage)プラットフォーム、FreeStorを6月3日に国内提供開始することを発表しました。また、15年におよぶファルコンストアのイノベーションの歴史において重要なマイルストーンとなる今回のFreeStor国内提供開始に先立ち、ファルコンストア本社社長兼CEO、Gary Quinnは、同社の継続的な成長を祝って去る5月6日(現地時間)にNASDAQ株式市場において同日の取引終了の鐘を鳴らす栄誉を受けています。FreeStorは、ファルコンストア、各地域のパートナー、OEMパートナーおよびアライアンスパートナーを通じて、2015年6月3日から日本を含む全世界で提供が開始されます。

FreeStorは、仮想化、データサービスおよびポリシーベースの自動化を可能にするIntelligent Abstractionコアレイヤーを追加し、アプリケーションやデータ、ワークロードを物理ハードウェア、ネットワークおよびプロトコルから切り離します。最先端あるいはレガシー、仮想あるいは物理を問わず、ほぼすべてのストレージ環境を仮想化することが可能で、統合ストレージプールを網羅するデータモビリティ、常時ONのビジネス継続性、データ保護、リカバリ、最適化、プロビジョニングなどの幅広いデータサービスを提供し、Software-defined data centerへの移行を支援します。

ストレージ管理や運用の複雑さや無駄なコストの負担からお客様を開放するためにデザインされたFreeStorは、機種や接続方式、ブランドあるいはスピードを問わずあらゆるストレージリソース(アレイ、サーバ、ハイパーバイザー、データセンター、クラウドなど)を活用できます。また、ポイントソリューションとして配置される各種ストレージ製品の管理による複雑性や非互換性による不都合を排除するための単一管理ビューが提供されます。そして、これら全ての機能はデータ量に基づく単一の価格にて提供されます。FreeStorによって、既存の投資を有効活用してレガシーなストレージをコンバージドインフラストラクチャへと転換し、Flashの導入や、プライベートならびにハイブリッドクラウドへの移行など、最新テクノロジーの活用を可能にします。

「FreeStorは、レガシーな環境をプラットフォームにまったく依存しないSDSアーキテクチャへと最先端化し、業界の経済およびコモディティハードウェア市場を一変する能力を備えた画期的な製品です」と、Gary Quinnは述べています。「創立15周年を迎えるファルコンストアが新たに提供するFreeStorは、ストレージ環境を簡素化するとともに、お客様が新たなテクノロジーをニーズに合わせて選択・統合可能にすることで最大限の価値を創造するという、当社創立以来のビジョンの集大成だといえます。FreeStorの提供を通じて、ファルコンストアはストレージインフラストラクチャの簡素化とROIのさらなる向上が要求されている新しいグローバル市場を切り拓いていきます。」

「コモディティハードウェアを基盤とし、ソフトウェアおよびサービスによる差別化が図られているストレージネットワークへの移行が進む今日、データの管理と保護を簡素化するだけでなく、ベンダー独自のソリューションや制約から企業を開放するFreeStorのようなテクノロジーは極めて効果的です」と、米国マサチューセッツ州マールボロに拠点を置く調査/分析会社、Wikibon社の共同創設者兼CTO、David Floyer氏は語っています。「SDSの発展に寄与するFreeStorを筆頭とするソリューションは、特に自社ソリューションのデザインにおいてさらなる柔軟性を必要としているチャネルやストレージサプライヤーをはじめ、市場から大いに歓迎されるに違いありません。」

FreeStorプラットフォームにはあらゆるデータサービスが含まれており、年間サブスクリプションによるテラバイト単位の価格体系で提供され、24時間365日のサポート、基本インストールおよびソフトウェアアップグレードも付属しています。希望提供価格は、月額約8.3円/GB(年間10万円/TB)からとなります。FreeStorの詳しい情報やお見積をご希望のお客様は、 http://www.falconstor.co.jp/mi……さい。

今回のFreeStor提供開始に際して、次のようなコメントが寄せられています。

Telco/MSP – Sunrise社インフラストラクチャエンジニアリング担当、Sandor Orvan氏
「クラウドストレージ、Flashアレイ、あるいはSDSに顧客を移行させることは意義ある目標ですが、その実践には多くの複雑さが伴います。ファルコンストアがこの困難な課題に取り組み開発したFreeStorによって、互換性や高額なソフトウェアライセンスコスト、あるいはWANマイグレーションの過剰なコストの問題を発生させることなく、新しいテクノロジーの実装やワークロード最適化を実現するソフトウェア定義型のアプローチが当社の顧客に提供されることを大変嬉しく思います。」

VAR/MSP – Cheops Technology社マネージングディレクター、Didier Delhoste氏
「サービスとしてのデータ管理の重要なセールスポイントとしては、エンドユーザにとって管理プロセスがシンプルで自動化されており、信頼性が高いことが挙げられます。しかしながら、特定のハードウェアやネットワーク、プロトコルの制約を受ける今日の製品群を利用して、このようなユーザのニーズに応えることは極めて困難です。FreeStorによって、当社は単一のストレージプールとしてすべての顧客のデータを参照し、使用された容量に基づいて課金することが可能になるとともに、必要なレポート機能もすべて提供されるようになります。サービスセットをすべて標準化して提供するためのソリューションとして、これ以上シンプルなものはありません。」

VAR – C>Ways社マネージングディレクター、Nick Jackson氏
「ハイパフォーマンスITシステムおよびソリューションを販売している企業として、当社は今回のFreeStorの発表を大いに歓迎します。2010年以来、C>Waysはファルコンストアとパートナーシップを結び、ストレージパフォーマンスを低下させることのない優れたデータ保護機能の提供を続けています。FreeStorは、当社のお客様に大きなメリットをもたらす比類ない製品です。当社は、ファルコンストアとともにさらなる成長を続けていけることを大いに期待しています。」

VAR – Concat社CEO、Olaf Von Heyer氏
「FreeStorプラットフォームとその革新的なアプローチにより、Concat社は顧客に付加的なソリューションサービスを提供できるようになります。単一のプラットフォームとインタフェースで当社のインフラストラクチャと顧客のデータの両方を管理可能になることで、従来のホステッドソリューションを超越し、オンプレミスおよび顧客の複数のサイトを網羅するハイブリッドソリューションを提供できるようになります。その結果、当社は運用のコストや複雑さを低減すると同時に、新たな収益源を確立可能になることを確信しています。」

VAR – Komposite社CEO、Eric Alimi氏
「根本から新しいインフラストラクチャを構築して顧客に多大な労力とコストの負担を強いるのではなく、既存のハードウェアやシステムを有効活用可能にするFreeStorは、当社にとって理想的な製品です。既存リソースを活かしつつ、このソフトウェアスィートを活用して、事前に想定できる合理的なコストでハイエンドの機能が追加可能となることで、わずか3年前に当社が販売した製品のリプレイスを推奨することに比べて、はるかに大きな信頼をお客様から得ることができます。」

OEM – Synerway社CEO、Yann Rolland氏
「ハードウェアのコモディティ化が進む今日、エンドユーザはさまざまな製品の違いを識別することが困難になっています。優れたイノベーションと価値を顧客に立証するためには、統合的なアプローチとパートナーシップが不可欠です。ファルコンストアは、データセンターのオペレーションに変革を起こす真の画期的な製品ポートフォリオを開発し、企業ユーザが求める確実なデータ保護とリカバリの実現に向けた最先端の統合的アプローチをエンドユーザに提示したのです。」

またファルコンストアは、日本におけるビジネスの急速な発展の功績を称え、ファルコンストア・ジャパン株式会社代表取締役社長、森本 雅之のカントリーマネージャへの昇進、ならびに同日本法人の新オフィスへの移転と体制強化を発表しました。このたびファルコンストア・ジャパンは、経験豊富な営業および技術サポートのエキスパートを増員し、新たなビジネス拠点を東京都千代田区神田3-10ハイセンスビル6階に構えました。Gary Quinnは次のようにコメントしています。「ファルコンストアは、当社のストレージプラットフォームに対する深い知識と優れた指導力に基づいた森本 雅之の手腕に大きな信頼を寄せています。今回有能なスタッフを増員して強力な体制を整えたことで、日本国内の既存のお客様ならびにパートナー様に対してこれまで以上のサポートを提供するとともに、FreeStor製品に対する大きな期待に応えることが可能となったことを大変嬉しく思います。」

■ファルコンストアについて
FalconStor Software, Inc.(NASDAQ: FALC)は、企業データの移動、保管、保護そして最適化に変革をもたらすソリューションを提供しています。2000年の創業以来、データ・マイグレーション、事業継続、ディザスタ・リカバリおよびバックアップと重複排除の最適化を実現するプラットフォームは、高い評価を受けています。ファルコンストアのソリューションは、データの可用性とシステムのアップタイムを最大限に向上することで、中断することのないビジネスの生産性を確保すると同時に、データ管理を容易にすることで運用コストを削減します。ファルコンストアのオープンな統合ソフトウェア・ソリューションによって、ベンダー・ロックインに陥る可能性が低減され、お客様のビジネスに理想的なアプリケーションやハードウェア・コンポーネントを柔軟に選択することが可能になります。ファルコンストアのソリューションは、世界中のOEMベンダー、主要システム・インテグレーターおよび販売代理店を通じて提供されています。米国ニューヨーク州メルヴィルに本社を構えるファルコンストアは、北南米、ヨーロッパ・中東・アフリカおよびアジア太平
NCO0h$G%o!<%k%I%o%$%I$N;v6H$rE83+$7$F$$$^$9!#%U%!%k%3%s%9%H%”$K4X$9$k>\$7$$>\:Y$O!”www.falconstor.com または www.falconstor.co.jp をご覧ください。

Twitter、YouTube、LinkedInの各メディアで、ファルコンストアの最新情報をご確認ください。

■本プレスリリースに関する報道関係者お問い合わせ先:
ファルコンストア・ジャパン株式会社
マーケティング担当 近藤(こんどう)
TEL : 050-3816-5444 / E-mail : pr@falconstor.co.jp

# # #
FalconStorおよびFalconStor Softwareは、米国およびその他の国におけるFalconStor Software, Inc.の商標または登録商標です。記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。