2017年12月14日

木の魅力を再発見し、木の街・新木場の新たな魅力を創生
新木場 海床(UMIDOKO)プロジェクト」を発足
2020年、新木場に木製フローティングヴィレッジを創ります ~木の魅力発掘 第2弾イベント「木の音」2018年2月開催~

新木場UMIDOKO連携協議会   http://umidoko.jp/

NPO国産材や江東区など5団体で構成する新木場UMIDOKO連携協議会では、東京都が実施している地域資源発掘型実証プログラム事業の一つとして、新木場地区の木のある風景や歴史と文化を後年に引き継ぐための「新木場 海床(UMIDOKO)プロジェクト」を2017年8月より開始いたしました。

logo

“木の日”である2017年10月8日(日)から1週間にわたりイベントを開催し、いかだ茶会や新木場の新たな特産品「新木場燻製」の試食会他、様々なアーティストによる木を使ったアート作品の展示などを行いました。次回は「木の音」と題し2018年2月11日(日)から1週間イベントを開催予定です。

【当プロジェクトの背景】
貯木場の役割が木場から新木場へと移った1969年以降、新木場は木材の一大流通基地として多くの丸太が貯木場に浮かび、材木商や製材所も盛んでした。近くを通ると木の心地よい香りが漂うその風景は、後年に伝えたい香りや風景として環境省が選ぶ「かおり風景100選」にも選ばれたほどです。

しかし近年、材木の需要減少や流通の変化により、材木商の数も減り、その風景が様変わりし始めています。このまま時代の流れに押され、新木場の歴史や文脈が損なわれることを防ぐため、公益財団法人東京観光財団の「地域資源発掘型実証プログラム事業」の一環として新木場 海床プロジェクトが発足いたしました。

当プロジェクトでは新木場の新たな魅力を創生するために「木の街・新木場」を再定義し、定期的なイベントを開催する他、特産品の開発やWEBサイト・SNSなどでの情報発信を行い、2020年に向けて新木場の新たなコミュニティスペース「UMIDOKO」のオープンを目指します。

海床(UMIDOKO)プロジェクト: http://umidoko.jp/

B160121S
当時の新木場の貯木場の風景

_X7A0143
10月の木の日の様子「海の上にアート作品が並んだ」

新木場イメージパース
2020年、宿泊・食・娯楽が集う総合空間として、新木場に木の文化を軸とした 新たなフローティングヴィレッジを創ります (写真はイメージです)

 グラフ

第1回オープニングイベント「UMIDOKO 木の日」を2017年10月8〜15日に開催しました

_O2A0448

_O2A0383

_X7A0298

_X7A0101

当プロジェクトでは、2020年に向けて新木場の新たな魅力を創生することを目的として、新木場エリアの貯木場を中心に様々なテーマで「木」の魅力を紹介するイベントを定期的に行っていきます。
“木の日”に開催した第1回イベントでは、水上にいかだを浮かべ「いかだ茶会」を実施した他、新木場の特産品を生み出すプロジェクトとして、オリジナルのカホン型燻製器で作 った燻製を皆さまに振る舞いました。 また日本各地の木を新木場の材木店とアーティストのコラボした作品などをWood Art Weekとして1週間にわたり展示し、木の魅力と可能性を発信してきました。

新木場の新たな特産品「新木場 燻製」を作るためのカホン型燻製器を制作
全国47都道府県の木材(杉、ヒノキ、カシ、サクラなど)を使用し、打楽器のカホンとしても楽しめる多機能タイプや、一人用の晩酌
タイプなどの様々な形の燻製器を制作しました。 イベント当日はカホン型燻製器で、各地域の木から製造したチップを用い全国の食
材を「新木場 燻製」として調理し、来場者に振る舞いました。「新木場 燻製」は新木場の新たな特産品としてPRしてまいります。

第2回イベント開催決定!木材が織りなす音の共演
2/11「木の音(きのね)~umidoko~Woody Sound」

開催日:2018年2月11日(日)~18日(日)
開催場所:江東区新木場3-6-6(+隣接する水面)
開催趣旨:新木場貯木場にある風景を取り戻しつつ、新たな木の街新木場を作り出す

イベント内容(予定)
・イカダの乗り体験
・イカダと木のステージでの音楽ライブ
・木製燻製器作りワークショップ
・燻製づくりワークショップ

※詳細が決まり次第WEBサイトやプレスリリース等で告知いたします

新木場 海床(UMIDOKO)プロジェクト
http://umidoko.jp/

新木場UMIDOKO連携協議会
NPO国産材
株式会社 榎戸材木店
公益財団法人東京観光財団
江東区

協力団体
江東区観光協会
瀧口木材 株式会社
あいはらの木
斎藤木材 株式会社
光風舎一級建築事務所
株式会社 ZNEM

※尚、プレスリリースに掲載されている内容や情報等は発表時点の情報となります。
その後予告なく変更となる場合がございますので、ご了承ください。